就活で使うリクルートスーツの値段相場はいくら?

就活の準備としてそろえなくてはいけないものは色々とありますが、中でもマストなのがリクルートスーツです。まずはこれがないと、説明会にすら参加できません。そんなリクルートスーツですが、いったいいくらくらいのものを買えばいいのでしょうか。

就活で使うリクルート スーツの値段相場はいくら
目次
  • リクルートスーツの相場
  • ├リクルートスーツは2万円が相場
  • ├高価なリクルートスーツなら内定率は上がるのか
  • └ネクタイやシャツの値段は
  • リクルートスーツの購入
  • ├リクルートスーツは何着必要か
  • ├リクルートスーツはいつ購入すべきか
  • ├リクルートスーツはどこで買うべきか
  • └リクルートスーツのメンテナンス方法とは
  • 最後に

リクルートスーツの相場

まずはリクルートスーツの相場についてご紹介します。

リクルートスーツは2万円が相場

リクルートスーツの値段は、ピンからキリまで。量販店やスーパーの衣類コーナーでは数千円のものも売っていますし、ブランドにこだわれば天井知らずです。そんな中でも、だいたい2万円前後が相場。1万5000円~2万5000円の間のものであれば、大きく外すことはないようです。

高価なリクルートスーツなら内定率は上がるのか

「少しでも内定率を上げるために、できるだけ高いリクルートスーツを買いたい」という大学生がまれにいますが、これはほとんど意味がありません。就活で見られているのは、「高いスーツを着ているかどうか」ではなく、「清潔感のある身だしなみかどうか」です。

また、あからさまにハイブランドのスーツを着ていると嫌みに見えてしまい、むしろ合格率が低くなる可能性さえあります。人事担当者よりもいいものを着ていてもいいことがないので、高くても10万円以下にした方が無難です。

ネクタイやシャツの値段は

リクルートスーツと一緒に購入したいのが、ネクタイとシャツです。こちらはあまりこだわらなくてもOKです。2000円以下のものをいくつかそろえておきましょう。ネクタイもノーブランドのものでOK。ブルーやブラウン、グレーなどの落ち着いた色がおすすめ。ピンクや明るいイエローなど、派手すぎるものはやめておいた方がいいでしょう。

シャツも、ノーブランドで問題ありません。重要なのは、値段ではなく自分の体にフィットしているかです。襟は指一本分余裕があり、まっすぐ腕を降ろしたときにそでが手首の位置にくるものがベスト。また、肩幅や胸囲とあっているかも重要で、パツパツになったり余裕がありすぎてダボっとなっているものはだらしなく見えます。

リクルートスーツの購入

就活に向けて、リクルートスーツを購入しましょう。

リクルートスーツは何着必要か

リクルートスーツは、2着持っておくと安心です。1着を着まわす人もいますが、急に汚れてしまったりしわがめだつようになってしまっても、翌日の朝から必要になったらそのまま着るしかないですよね。

2着持っておけば、1着をクリーニングに出していても問題なく説明会や選考に向かえます。また、長期戦での就活を考えているのであれば、夏用と冬用の両方を持っておくといいでしょう。スーツなんてどの季節に着ても同じと思われがちですが、夏用のものは涼しさを感じやすく、冬用のものは熱を逃がさない作りになっています。

リクルートスーツはいつ購入すべきか

もしインターンに行く予定があるなら、それまでには購入しておきましょう。そうでないなら、説明会が始まる前にそろえておけばいいでしょう。就活の前の時期になると、スーツ店ではリクルートフェアなどが開催され、スーツやシャツなど一式が特別価格で販売されるようになります。まずは必要に応じて1着購入し、2着目はこうしたフェアを狙うと安くそろえることができるでしょう。

リクルートスーツはどこで買うべきか

先に説明した通り、リクルートスーツはハイブランドで買う必要はありません。スーツ専門店に行って、店員の方と相談しながら買うのがおすすめです。「金融志望なら落ち着いたこの色のスーツがいい」「アパレル志望ならこのくらいの遊び心があっても大丈夫」など、こまかく相談にのってもらえます。

デパートのスーツコーナーなどで買うのもいいでしょう。価格帯の幅はありますが、相場である2万円前後のものを選べば大きく外すことはありません。

リクルートスーツのメンテナンス方法とは

就活期間中は高頻度で着るからこそ、リクルートスーツのメンテナンス方法はしっかりと知っておきましょう。家に帰ったらまずポケットの中身を出します。入れっぱなしにしていると、形が崩れてしまうので忘れずに出しましょう。

ジャケットは厚さ4㎝くらいのハンガーにかけ、パンツは専用のハンガーで吊ってください。余裕があれば、その後にブラッシングするのがベストです。ジャケットは肩から下の方に、パンツは吊った状態で足元から腰に向かってかけていきましょう。センタープレスが消えてきたら、自宅でアイロンをすればOKです。 クリーニングは、週1~月2ペースで出しておきましょう。定期的に出すことできれいな形を長期間保てます。せっかく買ったリクルートスーツをダメにしないためにも、多少のコストは気にせず定期クリーニングをしてください。

最後に

今回は、リクルートスーツの値段についてご紹介しました。安すぎず高すぎない、ちょうどいいスーツを購入しましょう。また、一度買ったスーツをダメにしないように、きちんとしたお手入れも心がけてくださいね。



就活での服装・身だしなみの記事一覧
大学生おすすめコンテンツ