就活でのコートの選び方や置き方にもマナーがあった!

寒い冬に就職活動でスーツを着ているとき、コートを羽織りたくなりますよね。
「スーツの上にコートを羽織りたいけど、どんなコートを選べばよいかわからない!」
「面接のときコートってどうすればいいんだろう?」
という就活生の疑問にお答えすべく、就活での適切なコードの選び方、置き方について説明させていただきます。

suit1

就活時に着るおすすめコートについて(種類、色について)

就活でのコートの選び方、扱い方について説明する前に、コートにはどんな種類があるか確認してみます。

代表的なコートの種類にはトレンチコート、キルティングコート、ステンカラーコート、チェスターフィールドコート、モッズコート、ダッフルコート、Pコート、ダウンコートなどがあります。

上記のコートの中で、スーツ着用の際はなるべくトレンチコート、ステンカラーコート、チェスターフィールドコートの3種類の中から選ぶようにしましょう。
ダッフルコート、Pコート、ダウンコート、キルティングコート、モッズコートも就活時に羽織ってもよいのですが、カジュアルなデザインなものが多いため、普段の服装も可となっている時に使う分には問題ありませんが、スーツ着用といわれている場では適切ではない可能性があります。
また、色については黒色、紺色、グレーなどの定番のものを選ぶようにしましょう。

就活時のスーツでのコーディネート

スーツの時にどんな色のどのコートを羽織るか、コートの種類ごとにアドバイスをしていきます。

・トレンチコート
これといって注意することのない万能なコートです。
色はベージュのイメージが強いですが黒や紺色もいいでしょう。
コートのベルトだけはしっかりと閉めましょう。
紺色のスーツにベージュのコートを合わせる、濃紺のスーツに黒のコートを合わせることが一般的なコーディネートです。

・ステンカラーコート
人気が高いコートになっています。また、雨や風に強く高い機能性を持っています。
黒のスーツに黒のコートを合わせることや紺色のスーツにベージュのコートを合わせることが一般的に用いられています。

・チェスターフィールドコート
かつてイギリスの上流階級で着られた格式高いフォーマルなコート、とてもかっこいい見た目です。
最近はおしゃれが目的のものも増えてきているため、就活で使うにはクラシックなデザインを選びましょう。
黒のスーツに黒のコートを合わせることや紺色のスーツに黒のコートを合わせることが一般的です。

私服指定時のコーディネート

就職活動を行っているときに私服で来てくださいと言われたときは、ビジネスカジュアルで行くことをお勧めします。
ビジネスカジュアルとはYシャツとパンツやタイトスカートにジャケットをあわせるファッションが基本形とされています。しかし、明確にこんな服という定義はありません。 ビジネスカジュアルの時に使えるコートはスーツの時にも羽織ることのできるトレンチコート、ステンカラーコート、チェスターフィールドコートの3種類にダッフルコート、Pコートの2種類を選択肢として加えることができます。
色は落ち着いたものを選択しましょう。

コートを持っているときの就活マナー

就活を行っているときにコートを羽織っていることは問題がないのですが、コートの扱いを間違えると面接官にマイナスのイメージを持たれてしまうことがあります。
まずは、面接会場に到着したら、建物に入る前に、必ずコートを脱ぐというのがマナーになっています。
会場を後にする場合も、面接や説明会が終わって部屋の外ですぐにコートを羽織るのではなく建物を出てからコートを羽織るのがマナーになっています。
これが意外と忘れがちなので忘れないようにしましょう。

面接や説明会におけるコートのマナーでもっとも重要だと言われているのは、コートのたたみ方と置き方のマナーです。
上着のたたみ方と置き方は、社会人になったら必須になるビジネスマナーですので、就活をやっていく過程で無意識にできるようになることが理想です。
まずは意識的にできるようにするためにも面接前にたたみ方と置き方を覚えておきましょう。

コートのたたみ方はまず、コートに対して正面に立ちます。
次にコートの両肩の部分に内側から手を入れてください。
それから入れた手を内側に、折りこむようにくるりと返します(この時すでにコートは裏地が外に出ています)。
そしてコートの袖の部分が背中の部分に重ねるようにして細くしてください。
そうしてできたものを腕にかけると正しいコートの持ち方になります。

また、着席するときは就活カバンの上にたたんだコートをさらに4つ折りしてカバンの上に置くことができるサイズにしてください。
退室するためにコートを持つ場合はたたんだコートをほどいて4つ折りする前の状態にして腕にかけましょう。

まとめ

ここまで就活でのコートの選び方から面接や説明会でのマナーについてみてきましたがいかがでしたか?
面接官は学生の所作の細かい部分まで見ています。

マナーなどの本来減点されるべきではない部分で減点されてしまってはもったいないです。
また、ここでの内容は将来にも活かすことができる内容になっています。
ぜひこの機会にマスターしておきましょう!


facebookでシェア twitterでシェア このエントリーをはてなブックマークに追加
大学生おすすめコンテンツ
19卒必見!厳選インターンシップ締切カレンダー2017年版

厳選された人気企業のインターンシップ募集締切日をカレンダーにまとめました。2019卒の大学3年生対象の短期インターンや内定直結の外資系企業サマーインターン、学年不問のおすすめ...

続きを読む
内定者のES(エントリーシート)&選考レポート一覧

内定者のエントリーシートと選考レポートの一覧です! 金融、マスコミ、総合商社、メーカー、外資コンサル、通信やITなど各業界の人気大手企業や急成長中のベンチャー企業など、100社以上の内...

続きを読む
【18卒、19卒】就活イベントまとめ

全国の就活イベントを日付順でまとめました。 全国で色々な就活イベント、合説が行われているけれど、いつどこで何のイベントが行われているのかわからない方、調べるのが面倒という方...

続きを読む
就活エントリー締切カレンダー

人気企業の応募・エントリーシート(ES)提出等の締切日を日付順にまとめています。 4月〜5月は各業界の大企業のエントリー締切が多数! 就活の採用選考への最初のステップには、WEBでの...

続きを読む
インターンシップ体験談一覧

インターンシップに実際に参加した学生の体験談を掲載しています! 参加した理由やきっかけ、参加に向けて準備したことや選考内容、そして実際に体験した内容とそこから得たものなど、気になる情報をま...

続きを読む