リクルートスーツは何色を着るべき? 重要なポイントを紹介

初めての人と会った時、その人の印象は7割が見た目で決まるといわれています。就職活動での印象づくりで重要な要素の1つはスーツです。
インターンや就職活動が始まるとスーツを購入すると思います。リクルートスーツは何色を買うべきなのでしょうか。また、黒のリクルートスーツでなければいけないのでしょうか。何故黒のリクルートスーツが多いのか、スーツを着るうえで重要なことなどを紹介していきます。是非参考にしてみてください。

リクルートスーツは何色を着るべき? 重要なポイントを紹介
目次

最も無難で失敗しないのは無地で黒のスーツ

最も無難なスーツは無地で黒いスーツです。 多くの学生が無地の黒スーツと白いワイシャツを着ているため、変に目立つこともなく選んで失敗することはないでしょう。就活の面接だけでなく、OB・OG訪問やインターシップでも使うことができ1着持っておくととても便利です。

何故黒のスーツが多いのか

多くの就活生は無地の黒いスーツを着ていますが、何故黒いスーツが多いのでしょうか。
特に規定で黒スーツを着ると決められているわけではありません。2000年代初頭に黒の無地スーツが流行ってからその風潮が学生側にも企業側にも残っているためだと考えられます。

黒のスーツ以外がダメなわけではない

黒のスーツが主流とはいえ、黒のスーツ以外を禁止する規定はありません。業界や企業にもよりますが就職活動のスーツはベーシックな色が基本です。一般的に色は黒、紺(ネイビー)、濃いグレーが無難だとされています。スーツの色によって人に与える印象は異なります。どの色を選ぶかはどんな印象にしたいか、受ける業界や企業の雰囲気に合わせる必要があります。

スーツの相手に与える印象

スーツの色によって人に与える印象は変わってきます。もし黒以外のスーツを着るなら、相手にどんな印象を与えたいかでスーツを選ぶ必要があります。

黒のスーツ

黒は相手に落ち着いた印象を与えることができます。 就職活動用のスーツとして最も無難な色で、選んで失敗はしません。スーツ選びが心配な人は黒スーツを選びましょう。

紺のスーツ

紺のスーツは黒のスーツが流行する以前就活用スーツの定番色でした。紺はビジネスシーンで定番の色で、相手に誠実で真面目な印象を与えることができます。青に近い明るい色より濃い暗めの紺色が望ましいとされます。

グレーのスーツ

グレーのスーツもビジネスシーンで定番の色です。相手に知的で落ち着いた印象を与えることができます。明るいグレーだと少しカジュアルすぎる印象があるので、紺のスーツ同様濃く暗めの色のほうが良いでしょう。

重要なのはきちんとスーツを着こなせているか

相手に好印象を与えるために重要なことは「清潔感」があるかです。清潔感があるように見せるためにはきちんとスーツを着こなせることが重要です。
・ジャケットの肩幅は自分の肩幅に合っているか
・ワイシャツはアイロンがけがされていてスーツも同様に皴がないか
・パンツの丈は長すぎず、短すぎず適切な長さであるか
・時計やベルト、バックなど小物はスーツの雰囲気に合っているか
このようなポイントを踏まえ自分の体格に合ったスーツを選び、皴やほこりが付いていないかなど清潔さを保つことが必要です。企業はスーツの色より学生がスーツをきちんと着こなせていているかをみています。

業界によってはスーツの色の捉え方が違う

業界によって黒の無地スーツが望ましいとされている業界と黒のスーツ以外が望ましい業界があります。業界だけでなく企業によっても違う場合があります。自分が受ける企業や業界の特徴を知っておくことは重要です。

金融業界や公務員

金融業界や公務員などの慣習的な雰囲気のある業界は無地の黒スーツで行くほうが望ましいと言われています。真面目さや堅実さが求められるような業界では敢えて個性を出すより、黒スーツを選んだほうが印象アップにつながります。

広告業界やアパレル業界

広告業界やアパレル業界などトレンドに敏感だったり個性を出すことが求められる業界では黒スーツ以外が望ましい場合もあります。特にアパレル業界だとスーツ以外の服装で来るように指定されることもあります。また、化粧品業界もアパレル業界と同様に個性やオシャレさを重視する傾向があり、黒スーツ以外が望ましい場合があります。

まとめ

無難で定番なのは無地の黒スーツです。また重要なのは「清潔感」、自分に合ったスーツが選べていてきちんと着こなせているかです。しかし業界や企業によって学生に求めるものが違うため適切な服装も変わってきます。なので自分の興味のある業界や企業の傾向を知っておくことはとても重要です。例えば、OB・OG訪問などで社員として働いている先輩に聞いてみる方法もあります。またインターシップでは実際に企業を見ることができるので企業・業界研究に最適です。インターシップに参加したときに指定される服装や社員の方の雰囲気からどんな服装が望ましいかを知ることができ、企業の雰囲気だけでなく社会人としてのマナーを学ぶこともできます。
就活が本格的に始まる前にしっかり対策しておきましょう。

インターンシップを探す

facebookでシェアtwitterでシェアこのエントリーをはてなブックマークに追加
大学生おすすめコンテンツ