就活の説明会に「私服」で参加するときのマナーは?「服装自由」「私服指定」の場合どうするか

就活の会社説明会では「私服で構いません」と言われることがありますよね。

靴やカバンはどうすべき?リュックやジーパンはOKなの?私服はスーツよりもおしゃれの幅が広がるため、「どんな服装がいいの?」とあれこれ思い悩んでしまうこともあると思います。

今回は、就活の説明会に私服で参加する時のマナーと「服装自由」「私服指定」の対応についてご紹介します。

説明会私服
目次

企業が「私服」を指定する意図とは?

就活生への配慮

企業が「私服」を指定する1つ目の理由が、就活生への配慮です。普段着慣れないスーツは着ているだけでも気疲れしてしまうもの。だからこそ「就活生に少しでもリラックスして説明会に参加してほしい」と考えている企業が、私服での参加を呼び掛けることがあります。

また、スーツは暑さや寒さに柔軟に対応することができません。そのため、気候に適した服装を選べるように私服を指定する企業もあるのです。

就活生の人柄やセンスを知りたい

企業の中には「就活生の人柄やセンスを実際に確認したい」という意図から、私服を指定するところもあります。

企業によってチェックするポイントは様々ですが、共通するのは「清潔感があること」と「TPOに合った服装を選べること」の2点。これらは就活の選考にも影響することがあるため、「説明会は私服でOKだから」と普段着で参加してしまわないよう注意が必要です。

説明会に参加する時にふさわしい服装は?

「服装自由」「私服OK」の場合はスーツが安心

企業から「服装自由」や「私服で構いません」と伝えられている場合にはスーツでの参加が安心です。スーツは企業の担当者や他の就活生も着用しているため、自分だけ浮いてしまうことはありません。

スーツ姿はビジネスマナーに沿った服装でもあるため、就活の説明会にスーツで参加することはTPOをわきまえた態度を示すこともできます。

もちろん、「服装自由」「私服OK」の場合は私服での参加も可能です。しかし、どれだけ「自由」であると言っても、あくまでオフィシャルな場。派手すぎたり、だらしなかったりと、悪目立ちする服装は避けるようにしましょう。

「私服指定」ならオフィスカジュアル

企業から私服を指定する時には、先ほども挙げたように「清潔感のある服装が出来るか」「TPOをわきまえた服装を選べているか」といった就活生のセンスを確認するなどの意図があります。

「私服指定」の場合にスーツで参加するのは、企業の指示を無視することになってしまうため不適切です。私服を指定された場合には「オフィスカジュアル」や「ビジネスカジュアル」を選ぶようにしましょう。

就活に最適な私服のコーディネートとは?

就活の説明会にふさわしい私服コーディネート【男性編】

男性の場合は、トップスは襟付きのシャツにジャケットを合わせましょう。見る人に「きちんとした人だな」という印象を与えることができます。

男性のボトムスは、チノパンがおすすめです。色は黒やネイビー、ブラウン、グレー系で、カジュアルすぎるデザインのものは避けましょう。

夏はジャケットを着用しなくても構いません。シャツ1枚でもいいですし、ポロシャツを合わせるのもOKです。「暑いから…」と短パンを履くと、ビジネスシーンには不適切な装いになってしまいますので、足首まで長さのあるフルレングスを選びましょう。

就活の説明会にふさわしい私服コーディネート【女性編】

女性の場合は、トップスは襟付きのシャツかブラウスにジャケットを合わせましょう。

女性のボトムスは、シンプルなスカートかパンツがおすすめです。スカートは座った時に膝が出ない丈であるかを確認しておきましょう。また、私服だからと言って素足はタブー。ストッキングを着用するようにしてください。

夏はシャツかブラウスだけでもいいですし、ポロシャツもOKです。カーデガンを羽織るのもいいでしょう。

男性も女性も落ち着いた色味の服装を選ぶこと

就活の説明会などに私服で参加する時には、落ち着いた色味の服装を選ぶのがベストです。スーツによく使われている黒・グレー・ネイビー・ブラウン・ベージュといった色を中心としたコーディネートなら、ビジネスシーンによく合います。目立つ柄の入っているものや赤・黄色など派手すぎる色は避けた方が無難でしょう。

靴やバッグにも気を付けよう

私服スタイルに合わせる靴とカバン【男性編】

靴は装飾や色が派手なものは避け、シンプルなデザインのものを選ぶようにします。男性なら、スーツ着用時に履いている革靴を合わせるのもいいでしょう。

ローファーのように紐のない靴でもオフィスカジュアルにはよく合います。サンダルやスニーカーはNGです。

バッグは配布された書類を入れられるよう、A4サイズが入るものが良いでしょう。就活で使っているバッグでも大丈夫です。最近はスーツにリュックをあわせるスタイルも定着していますが、就活の説明会では避けた方が無難です。

私服スタイルに合わせる靴とカバン【女性編】

女性の靴は、シンプルな色味のパンプスがオフィスカジュアルにはぴったりです。歩き回ることも考え、履き慣れたものを選びましょう。

ヒールが高すぎると、ビジネスシーンに相応しくない印象を与えます。ヒールは5センチ前後のものを選びましょう。

サンダルやミュールはNGです。派手な装飾がある靴は就活の場に相応しくないので、飾りや柄のないシンプルなデザインの靴を選ぶようにします。

バッグは男性と同じように、A4サイズが入るものにしましょう。女性の場合も就活で使っているバッグで大丈夫です。

就活に私服で参加する時の注意点

カジュアルすぎる素材や小物は不適切

就活の説明会に私服で参加する時には、デニムやニットなどカジュアルすぎる印象になる素材は避けましょう。ジーパンや短パンは、カジュアルすぎるのでよくありません。

また、腕時計やアクセサリーなどの小物も目立ちすぎるものはNG。スーツを着用している時につけても問題ない程度のシンプルなデザインのものを選ぶようにしましょう。

露出が高い服装は不向き

露出の多い服装は「TPOに合わせることが出来ていない」と判断されてしまいます。タンクトップ・キャミソール・オフショルダー・ダメージジーンズなど、過度な露出がある服装は避けるようにしましょう。

スーツを着用した時に隠れている部分は、私服を選ぶ時に隠れるようにすると悪い印象を与えないコーディネートが可能です。

清潔感のある服装・髪型を心掛けて

どれだけ良いコーディネートが出来ていても、服が汚れていたり、シワだらけだったりすると台無しです。事前に洗濯やアイロンかけをしておきましょう。

また、髪がぼさぼさなのも印象を悪くする原因の1つ。美容室で整えてもらい、当日は寝ぐせなどがないようしっかり確認しておくことが大切です。

カジュアルダウンしすぎないよう注意

「オフィスカジュアル」や「ビジネスカジュアル」は幅の広いコーディネートであるため、ジャケットの下にTシャツやタートルネックを着用するなど、よりカジュアルに着こなすケースもあります。

しかし、「企業がどのような点を評価するか」が明確でない以上、おしゃれさを求めるあまりに着崩してしまうのは危険。まずはジャケット・襟付きシャツまたはブラウスという基本パターンをしっかり押さえましょう。

最後に

社会人になると接客や営業など、初めて出会うお客様に良い印象を持ってもらうスキルも重要となります。そのため、企業の担当者と初めて出会う説明会で不快感や違和感を与えてしまうと「社会人としてのスキルがない」と捉えられてしまいます。
休日に着る私服と就活で着るべき私服との違いをよく確認し、しっかりと準備を整えて説明会に臨んでくださいね。


facebookでシェアtwitterでシェアこのエントリーをはてなブックマークに追加
大学生おすすめコンテンツ