バイトに寝坊したときにとるべき行動

うっかりバイトに寝坊してしまったら、想像するだけで血の気が引きますよね。今回はもし本当に寝坊してしまったらどんな対応をすればいいのか、具体的な行動をご紹介します。

バイトに寝坊したときにとるべき行動
目次

寝坊してバイトに遅刻してしまう時は

すぐに職場に電話を入れる

まずは一刻も早く職場に電話を入れましょう。アルバイト先では「どうしたのか?」「事故に遭ったのではないか?」など心配しています。

寝坊といったら怒られるかもしれませんが、なぜ遅れているのかわかれば無用な心配をせずに済むので、一秒でも早くかけましょう。

直属の上司や先輩に話す

アルバイト仲間や同僚の方が話しやすいかもしれませんが、遅刻の連絡をすべきはあなたの上司や先輩です。お店の電話にかけて先輩を出してもらい、そこで説明すると良いでしょう。

直通番号が分かる場合は、そちらにかけてもかまいません。店長など責任者がいる場合は、その人にかけてください。

何分後に到着するか伝える

電話をかけてから何分後に到着するかも、しっかり伝えたいポイント。支度する時間や電車の時間も加味して、「〇分後につきます」と明確にしてください。あとどのくらいでくるかがわからないと現場もフォローしにくいので、ここを伝えることが重要です。

初めと終わりに謝罪する

電話をかけたらまず、寝坊したことを謝罪しましょう。言い訳せず「申し訳ございません」とハッキリ伝えた方が、印象はマシですね。その後あとどのくらいで到着するのかを伝えたら、電話を切る間際に「本当にすみません、急いで向かいます」と再度謝罪しましょう。

バイト先に到着したら

まずは急いで身支度を。メイクやヘアセットは最低限にして、とにかく急ぎましょう。必要に応じてタクシーなども使い最短時間で到着したら、いったいどんな行動をすればいのでしょうか?

先輩や上司に謝る

到着したら、まずは店長や上司、先輩に謝りましょう。気まずいからといって小さい声でもごもご話すのではなく、「遅れてしまい、申し訳ございません」とはっきり伝え、頭を下げます。

遅刻した事実は消えませんが、謝罪の仕方一つであなたのその後の印象は大きく変わります。ヘラヘラせずに真剣に謝ることが大切です。

カバーしてもらった人に謝罪とお礼をする

自分が遅れた代わりに、フォローをしてもらった人がいるはずです。その日はシフトに入っていないのに急遽穴を埋めてくれた人や、本当は自分の仕事ではない部分まで代わりにやってくれた人など、自分の遅刻をカバーしてくれた人全員に謝り、またお礼を言いましょう。

後輩や年下に頭を下げるなんてと思う人もいるかもしれませんが、年齢・役職関係なくあなたが迷惑をかけたことは事実なので、素直に謝罪してください。

寝坊の理由は聞かれたら答える

寝坊をしたら、つい言い訳したくなる気持ちはわかります。しかし聞かれてもないうちに話すと、それが言い訳に聞こえてしまうので要注意。あくまでも、聞かれたら答えるというスタンスを守ってください。

寝坊の言い訳はどうする?

たとえ前日に遊んでいたり飲みすぎていたりしていても、それをそのまま話すと「責任感がなさすぎる」と思われてしまいます。「寝坊して遅れてしまいすみませんでした」と謝って、「なぜ寝坊したのか」と聞かれたら、どんな言い訳をするのがいいのでしょうか?

体調不良

一番もっともらしいのは、体調不良ですね。風邪気味で深く寝てしまい、アラームが聞こえなかった。頭痛がひどくて寝られなかったので、睡眠導入剤を飲んだ。そうした理由であれば、まだ「仕方ないか」と思ってもらえます。

こうした言い訳をしたら、しばらくはバイト後に遊んだりバイト先の近くで飲んだりせず、大人しくしておきましょう。

シフトの勘違い

シフト制で働いていると、うっかりシフト表を見間違えることもあるでしょう。それを利用して「シフト表をスケジュールに書き写したときに、今日の分を書きそこね、バイトがないと思っていた」など言うこともできます。

バイトがあると知りながら起きれなかったよりも、そもそも勘違いをしていたという方がまだ心証が悪くならないかもしれません。

夜通しテスト勉強

テスト期間ならではの言い訳が、「テスト勉強を徹夜でしていて、うっかり寝てしまった」というもの。遊んでいて寝坊するより、勉強していて寝坊した方がまだマシですよね。

ただし、同じ大学に通うバイト仲間がいる場合「今はテスト期間じゃないよな……?」と思われてしまうかもしれないので、要注意。また、大学近くのバイト先の場合、そのときには大学生がいなくても、過去に同じ大学の人が働いていたかもしれないので、そこからバレる可能性もあります。そのため、実際にテスト期間中やテスト直前でない場合はこの言い訳はやめましょう。

バイトに寝坊した時にやってはいけないNG行動

メールやLINEで連絡する

遅刻の連絡をする時に、「気まずいからLINEでいいや」と思ってしまうかもしれませんが、これでは非常識だと見なされてしまいます。店や先輩、上司直通の番号にかけて、口頭で説明しましょう。

無断欠勤

バイトに寝坊して遅刻が確定した状況だと、「今から行きたくない」「このまま休んじゃおう」と思うことがあるかもしれません。

連絡もせずにそのままアルバイトを休むのは楽かもしれませんが、無断欠勤はとても非常識な行為です。その後アルバイトにも行きづらくなるので、必ず連絡をするようにしてください。

遅刻した理由で嘘をつく

「寝坊したなんて言えない」「寝坊なんて言ったら怒られそう」と思う人も多いでしょう。「印象が悪くならない言い訳はないかな?」、と考えてしまうかもしれません。

「身内に不幸があった」「電車が事故で遅延していた」などの理由なら許してもらえそうですよね。しかし遅刻の言い訳で嘘をつくのは極力やめましょう。

嘘がバレた時に印象が悪くなるだけでなく、信頼を失うことになるからです。一度信頼を失うと取り戻すのは大変です。職場では嘘をついたりごまかしたりせずに、誠実な振る舞いを心がけるようにしましょう。

寝坊して遅刻したミスをカバーするために

いつも以上に一生懸命働く

遅刻してしまった日は気分が落ち込んで、仕事に身が入らないかもしれませんね。しかしミスを取り返すためにも、気持ちを切り替えていつも以上にしっかりと働きましょう。

寝坊して遅刻したからといって、いつまでも落ち込んでいると周囲の人も気を使います。気持ちを切り替えるのは仕事をする上で大切なことです。

帰り際に再度謝る

遅刻をした日は、アルバイトが終わって帰る前に職場の人に再度謝罪をしましょう。「今日は遅刻してご迷惑をおかけし申し訳ありませんでした」と伝えて反省の意思を示すようにします。できれば同じミスをしないよう対策を考えて、それを話すのもいいですね。

同じミスを繰り返さないために

一度の寝坊なら許されても、二度、三度と繰り返すと許されなくなってしまいます。どうすれば寝坊を回避できるのでしょうか。

寝る前にアラームや目覚まし時計を再確認する

アラームが鳴らなくて起きれなかったというのが、よくあるミス。これを防ぐためには、前日の確認が大切です。アラームがオンになっているか、音量が小さくなっていないか、よく見直してください。

アラームより確実に起きれることが多いので、朝が苦手な方は目覚まし時計がおすすめです。ただし寝ている間に電池が切れると意味がないので、アラームと目覚まし時計の、両方をセットしておくと安心。

翌日のシフト時間を確認する

シフトを手帳に書き写すと、メモする時に書き漏れがあるかもしれません。できればシフト表をスマホで撮影するなどしておくと、手軽に確認出来て間違いもないでしょう。

そして、寝る前に必ず確認する癖をつけておくといいですね。「明日は休み」と勘違いしてうっかり寝坊するというミスを防げます。

前日のお酒や夜遊びはほどほどに

バイトにも慣れてくると、前日でもかまわず飲み会をしたり夜遊びをしたりするもの。ただし、早く寝るに越したことはないのでなるべく控えておいた方が良いでしょう。

最後に

バイトに寝坊したら、一瞬この世の終わりのような気持ちになる人もいるでしょう。しかし店長や社員の人も、今までにバイトの寝坊に対処したことがあります。焦らずまずはすぐに電話して、きちんと謝罪しましょう。



大学生活の過ごし方の記事一覧
大学生おすすめコンテンツ