読まないとヤバい?大学生が新聞を読むべきかどうか

大学生の皆さん、新聞に興味はありますか?大学まで進学すると、両親や先生に「新聞を読みなさい」と言われることも少なくないと思います。

確かに、新聞を読むと社会に詳しくなるので将来のためや就活にも役立ちそうです。果たして、大学生は新聞を読むべきなのでしょうか?

本記事では大学生が新聞を読むべきかどうかについて考察します。

読まないとヤバい?大学生が新聞を読むべきかどうか
目次

新聞を読むことによるメリット

まず、大学生が新聞を読むことによるメリットを整理していきたいと思います。

就活に役立つ

冒頭でも述べましたが、大学生にとって就活で役立つことが新聞を読むことの直接的なメリットとなります。エントリーシートを書くときや面接ではいかに社会情勢を知っているかどうかが大切です。自分の発言に根拠が生まれるためです。

新聞には日々の社会情勢や、大手企業の事業動向などが載っていることも多いです。毎日チェックしている学生とそうでない学生では大きな差がつくことでしょう。採用担当者としても社会情勢を気にしている就活生はポイントが高いです。新聞を読む習慣があるならば積極的にアピールして損はないでしょう。

幅広い分野の知識がつく

新聞には社会情勢だけでなく、芸能ニュースやスポーツニュース、地方ニュースなど多岐にわたる記事が掲載されています。それだけ幅広い分野の知識を身につけることができるので、教養の深い人間になることができるでしょう。

色々な分野の話ができれば友達や初対面の人との話も盛り上げることができます。社会人の方と話すときも会話についていくことができるので社会勉強にも繋がります。話題の引出しを多くするにも新聞は役に立つでしょう。

活字に強くなる

新聞を読むと活字に強くなります。活字に強くなるとあらゆる文章をスムーズに読むことができます。特に卒業研究などでは難しい論文を読むことも多いです。そういった場合に活字慣れしている学生だと論文を苦労せずに読み進めることができます。

漫画や動画の普及で近年の若者はあまり活字に触れていません。若者の活字離れが嘆かれる昨今だからこそ、新聞を読むなどして意識して活字慣れをしておきたいです。同世代の若者と差をつけることができるでしょう。

読解力がつく

新聞の文章を読むことは読解力の向上に繋がります。今の時代はインターネットで情報収集をすることが多いと思いますが、Web上に書かれている情報を抽出するにも読解力は不可欠です。いわゆる「ITリテラシー」の根幹には読解力があるのです。

もちろん、自分で調べ物をする以外にも大学の試験問題や就職活動のWebテストなど、文章問題を解く際にも必ず役に立つでしょう。

時間がある人は新聞で読んだ記事を自分なりに要約するとよいです。ただ読んで終わりというだけではなく、アウトプットすることでより読解力の向上が期待できます。インプットとアウトプットを繰り返しましょう。

新聞のデメリット

同様に新聞のデメリットも整理しておきましょう。

費用がかかる

当然ですが、基本的に新聞は有料です。大体月に4000円ほどかかるのでお金に余裕のない大学生には厳しいかもしれません。月に4000円くらいなら月の飲み会を一回減らせばいい、、、とも考えられますが、忙しい大学生にそもそも新聞を読む時間があるかも分かりません。自分の経済状況や余暇次第でしょう。

持ち運びが不便

新聞はそれなりにかさばります。広げると両手いっぱいにもなり、外で読むのは困難です。新聞は家で読むことになるでしょう。最近ではあまり見なくなった光景ですが、電車内で新聞を広げる行為が迷惑だと度々話題になっていました。

かさばるということは部屋のスペースも圧迫するということです。大学生の一人暮らしの部屋の多くはそこまで広くありません。新聞を置くためのスペースすらもったいないと感じるかもしれません。また、捨てるときも手間です。新聞だけでしばって資源ごみとして捨てる必要があります。

情報が遅い

紙媒体ですので、どうしてもインターネットの情報よりも遅くなってしまいます。新聞には記事の〆切、印刷、配達があるので〆切以降に発表されたニュースには対応できません。目まぐるしく情報が行き交う現在、速報性の乏しさは大きなデメリットになります。インターネットのニュースで補完する必要があります。

新聞でなくてもニュースメディアで十分

以上の新聞のメリット・デメリットから、大学生は新聞でなくともニュースメディア(Smart NewsやNews Picks)を読めば十分とも考えられます。新聞を読むことのメリットはニュースメディアを読むことでもほとんど同じです。ニュースメディアは基本料金は無料ですし、電子媒体なので持ち運びも非常に楽です。

もちろん、新聞の方が費用がかかる分情報の確度は高いです。記者がちゃんと情報の裏を取った上で記事にするためです。しばしばインターネットに載っている情報は何の根拠もないデマであったり、一個人の見解であったりする場合があるので注意が必要です。

新聞を読むならば日経電子版がおすすめ

確度の高い情報が欲しい方は日経電子版がオススメです。日本経済新聞のアプリ版なのでいつでもスマートフォンでアクセスすることができます。

無料でも月に10本までならば全記事を読むことができます。有料版ならば1ヶ月4200円で全記事読むことができます。しばしば大学生向けの学割キャンペーンで安く購読することができるので気になる方は情報をマメにチェックしましょう。

最後に

大学生が新聞を読むべきかどうかについて解説しました。新聞でなくニュースサイトでも十分な情報は得ることができます。ただし、情報の確度を考えると新聞を読むに越したことはないでしょう。自分が欲しい情報に合わせて媒体を選べるとgoodです。


facebookでシェア twitterでシェア このエントリーをはてなブックマークに追加
大学生おすすめコンテンツ