合同説明会の服装自由は私服で行っていいのか。合説の持ち物やマナーについて解説!

合同説明会は、企業がやっているものではないからかなり気楽……そう思っていつもよりも気を抜いてしまっていませんか?特に服装に関しては、「服装自由」と記載されていることがあれば、「じゃあいつもの格好で……」と考えてしまいがちです。しかし、本当に合同説明会の服装自由は私服で行ってもいいのでしょうか。合同説明会での持ち物やマナーについて解説します。

合同説明会の服装自由は私服で行っていいのか。合説の持ち物やマナーについて解説!
目次

合同説明会の服装は……?

合同説明会の案内には多くの場合、「服装自由」と書いてあります。実際、合同説明会に来場している学生を見ても、全員がスーツというわけではないこともあり、「私服でも問題ないのではないか」と思いますよね。実際のところはどこまでOKなのでしょうか。

基本は企業単体の説明会同様スーツが望ましい

まず、「服装自由」と書いてある通り、基本的には私服でも問題ありません。しかし、企業への印象ややる気を表現するという意味では、企業単体の説明会同様、スーツで参加するのが望ましいといえます。私服だからといって必ずやる気がないわけではないじゃないか!と考えるかもしれませんが、「何かのついでに来場したのではなく、今日は説明会に参加するために来た」ということを見た目からアピールすることは、就職活動では必要なことです。

私服でも問題ないが、オフィスカジュアルで

とはいえ、毎日就職活動でスーツを着用していると、「服装自由の時くらいスーツは着たくない」と思う日もありますよね。そんな時は、私服の中でもオフィスカジュアルを選ぶようにしましょう。男性であれば襟のあるシャツにチノパンを着用します。女性の場合はカットソーかワイシャツに色味を抑えたボトムスを選ぶようにしましょう。男女共にシルエットがだらしなく見えるものは避け、可能であればジャケットを着用しましょう。

合同説明会でNGな私服ってあるの?

いくら「服装自由」と書かれていても、本当に何でも良いわけではありませんよね。しかし、どこまでがOKで、どこからがNGなのかの線引きはとても難しいものです。受け取る企業の担当者によっても意見が分かれるでしょうし、年齢によってもその許容範囲は異なります。ここでは、一般的な「合同説明会でのNGな服装」をご紹介します。

派手すぎる私服、露出の高い私服

男女共に、派手すぎる私服は避けた方が良いでしょう。原色を使っている・色の数が多い・柄が派手すぎるようなものは避け、全身で3色程度に抑えると落ち着いて見えます。また、特に女性の場合は露出の高い服は相手の印象を悪くします。自分では露出の高いつもりでなくとも、お辞儀をした時に胸元が見えすぎてしまうこともあります。どのような姿勢でも露出が多すぎないかは確認をしておくか、家族などにチェックしてもらうようにしましょう。

ジーパンはNGの会社はまだ多い

IT企業などでは通勤時に着用しても良いとされつつあるジーパンですが、まだまだ「ビジネスには不向きだ」と考える日本企業は多くあります。そのため、就職活動中に着用する私服でもジーンズは避けた方が良いでしょう。もちろん、上着のジャケットがジーンズ素材のものも避けた方が無難です。

アクセサリー・靴などにも気を配って

さらに、私服の場合アクセサリーや靴などにも気を配る必要があります。基本的には靴は黒かベージュか茶色などの落ち着いた色で、女性の場合はヒールが高すぎないものを選びましょう。アクセサリーも基本的には着用しないのがベターです。

合同説明会の持ち物とマナー

最後に、合同説明会で持っていると便利な持ち物と、マナーについて解説します。

筆記用具、クリアファイル、折り畳み傘はマスト!

合同説明会に参加する際は、筆記用具とクリアファイルは必ず持参しましょう。筆記用具は説明会の内容をメモするためですが、その場でエントリーシートなどを記入することもありますので、消えるペンだけでなくボールペンも必ず持参しましょう。もらった資料を入れるためのクリアファイルもマストアイテムです。さらに、急な雨が降った場合でももらった資料が濡れてしまうことの無いように折り畳み傘を持っていると便利です。
ほかにも、面接や個別の説明会に参加できるかどうか確認するためのスケジュール帳や、イスに座れない環境でも立ったままメモが取れるようにバインダーなどを持参しておけばストレスなく過ごすことができます。

人事担当者は就活生の様子を見ている!

続いては合同説明会でのマナーについてです。企業の個別の説明会ではない合同説明会でも、人事担当社は就活生の挨拶をする様子や話を聞く姿勢をチェックしています。そのため、あまりにも非常識な服装をしていたり、筆記用具を忘れてしまったからといってスマートフォンにメモをしていれば、その後面接に進むことができても人事担当者の記憶には残っていることもあります。

最後に

「服装自由」の合同説明会であっても、普段の個別の説明会同様、決して気を抜かないことをおすすめします。もしどうしても私服で参加したい場合には、あくまでビジネスの場であることを意識した服装で参加しましょう。


facebookでシェアtwitterでシェアこのエントリーをはてなブックマークに追加
大学生おすすめコンテンツ