内々定って?内定との違いを解説

就活をしていると、「内定」と「内々定」という言葉を聞くと思います。このふたつの言葉の違い、きちんと理解できているでしょうか?

「内々定」は「内定」と同じだと思っている人も多いのではないでしょうか?「内々定」と「内定」、似ていますが厳密には違うものです。この違いを理解しておかないと、トラブルになったり、就職活動を満足いく形で終えられなくなってしまう可能性もあるんですよ。


ここでは、「内定」と「内々定」の違いや、辞退の方法などについて解説します。「内定」と「内々定」の違いをしっかりと理解して、就活をスムーズに進めていきましょう。

内々定って?内定との違いを解説
目次

内々定とは

「内々定」は内定を出すことの確約

「内々定」とは「内定」の前段階で、労働契約には至っていない状態のことです。「採用予定」の通知とも言えます。

「内々定」は「内定」と違い、電話やメールなどで伝えられることが多いのが特徴です。企業側からも学生側からも辞退や取り消しをする事が可能な、「口約束」であると捉えておくといいでしょう。

「内々定」を受けても就活を継続することは可能

「内々定」と言われたからといって、就職活動をやめてその会社に行かなければならないということはありません。

近年は複数の企業から「内々定」をもらい、その中から正式に「内定」を受ける企業を決めるという人も多くいます。

内々定と内定の違い

「内々定」と「内定」の一番の違いは、双方合意の上で労働契約を結んでいるかどうかです。

「内定」は、労働契約が成立している状態のことを言います。企業から「採用通知」という書面を受け取り、学生が「入社承諾書」にサインをして企業に提出すると、労働契約が成立します。 「内々定」の段階では、書類の提出や契約書を交わすというやり取りは行われません。そのため、労働契約は成立していない状態です。 


なぜわざわざ内々定を出すの?

10月1日以前に「内定」を出すことはできない

なぜ採用を決めたにも関わらず、「内定」ではなく「内々定」なのでしょうか。それは、経団連による「採用選考に関する指針」において、「正式な内定日は、卒業・修了年度の10月1日以降とする」と定められているからです。

そのため多くの企業は10月に「内定式」を実施します。その際に、いつから働き始めるかといった条件や内定を取り消す場合の取消事由などが書かれた内定通知を受け取り、学生がその内容をふまえて入社を承諾する書類を提出したところで「内定」となるわけです。この段階で正式に労働契約が成立します。

つまり企業は「内定」を出したくても、10月1日より前に「内定」を出すことができないのです。そのため「内々定」という言葉を使い、「10月1日になったら内定を出しますよ」という約束をします。

なるべく早く優秀な学生を確保したい

そこまでして早く「内々定」を出す理由は、優秀な学生を早期に囲い込むためです。「今決めてもらえれば内定を出すよ」といえば、早く就活を終えてやりたいことのある就活生はその会社への入社を決意する確率が高くなります。

その企業を断った場合、選考途中の企業に就職出来るという保証はありません。 そのような不安を煽ることで入社を確定させ、優秀な学生を確保するのです。

つまり、内定を出すのが早ければ早いほど自社に入社してもらえる確率が高まります。企業が「内々定」を出すのは、「就職活動を終えて自分の会社に来て欲しい」という意思表示でもあるのです。

「内定」「内々定」の辞退や取り消しはできるの?

「内々定」の辞退・取り消し

「内々定」の段階ではまだ正式な契約が行われていないため、辞退をすることが可能です。労働契約が成立している状態ではないため、手続きなどもとくに必要ありません。

学生が辞退をできるということは、企業側からも取り消しができるということでもあります。「内々定」と言われたけれど会社から取り消されるのではないか、と心配になる人もいるかもしれません。もちろん法的拘束力はないので企業側からの取り消しも可能ではあります。

とはいえ正当な理由のない一方的な取り消しは、企業のイメージを損なうことにつながります。通常は「内々定だから」といって、企業が簡単に「内々定」を取り消すことはありません。そういった意味では学生が就職活動を行うにあたっては非常に有利なシステムと言えるでしょう。

「内定」の辞退・取り消し

「内定」は労働契約が成立している状態ですが、辞退ができないわけではありません。企業に内定の辞退を申し出れば、労働契約を解除することは可能です。

学生が内定を辞退することは可能ですが、企業は内定を取り消すことはできません。企業側は、労働契約成立後に一方的に労働契約を破棄することができないようになっているからです。

しかし、学歴詐称や犯罪歴の発覚など合理的な理由がある場合は、企業が内定を取り消すことができます。留年して卒業ができなかった場合も内定取り消しになることがあるので、内定をもらったからといって気を抜かないようにしましょう。

内定・内々定を辞退するには

辞退の連絡は迅速に

内定・内々定辞退は、企業に多少なりとも迷惑をかけることになります。今後の採用活動にも変更が生じるかもしれません。辞退を決意した時点で、なるべく早く連絡をしましょう。

辞退の連絡は電話で

内定・内々定辞退の連絡をメールだけで済ませるのは、よくありません。言いづらいとは思いますが、担当者に電話をして伝えるのがマナーです。

誠意のある対応をする

理由を聞かれた場合は、「第一志望の企業から内定をいただいたので」と素直に答えて問題ありません。嘘をついたり、いい加減な返答をすると印象が悪くなります。

就職にはいたらずとも、これまで貴重な時間をさいてもらったことや、内定・内々定をもらったことに対して感謝の気持ちを忘れないようにしましょう。

まとめ

「内々定」をもらえるのは非常に嬉しいことです。しかし「内々定」をもらえたからと就職活動を終えてしまい、志望度の低い企業に就職してしまっては後々後悔することにもなりかねません。

「内々定」という言葉を聞くと就職活動を終えなければいけないような気持ちになり、焦ってしまう学生も多いですがそれは間違いです。就職活動は、今後長い時間を過ごすことになる企業を選ぶ活動です。焦ることなく、自分の納得できる就職活動になるようにしましょう。



就活情報全般の記事一覧
大学生おすすめコンテンツ