就活で面接の後にお礼状やお礼メールは送るべき?書き方やマナーも併せて解説!

人に何かしてもらったらお礼の手紙を書きなさい、と教えられてきた方は多いかもしれません。実際に手紙を書いたことがなくても、お礼の気持ちは相手に伝えたほうが印象が良いんだろうなぁというイメージはありますよね。就職活動では、そういった社会のマナーを選考の過程で重視されています。ということは、面接のあとにはお礼のメールを送った方が、人事担当者からの印象が良くなり、内定に近づくのでしょうか?今回は就職活動でお礼のメールを送るべきかを解説します。

就活で面接の後にお礼状やお礼メールは送るべき?書き方やマナーも併せて解説!
目次

お礼メールは送るべき?送らないべき?

お礼のメールを送ることで、マナーをアピールしたり、他の学生に差をつけることができたりするかも、と考えがちですが、逆に人事担当者に手間をかけることになってしまい、迷惑なのではと不安にもなります。お礼メールは送るべきなのでしょうか、あるいは迷惑になるので送らない方が印象が良いのでしょうか。

メールアドレスなどの連絡先を知っているなら送ってもOK

もし、選考の過程で人事担当者のメールアドレスを教えてもらった場合や、名刺をもらった場合など、人事担当者に直接届くメールアドレスが開示されている場合は、お礼メールを送っても問題ありません。しかし、メールアドレスがわからないのに、「お礼メールを絶対に送りたい」と無理やり人事担当者から聞きだしたり、ホームページに記載されている代表メールに送るのは避けた方が良いでしょう。ホームページに記載の代表メールは人事担当者に届くまでに、社内の様々な人の手を煩わせてしまいます。では、手紙を郵送すればいいのかと思ってしまいますが、手紙は相手も読むのに手間もかかるのでこちらも避けた方が良いでしょう。

お礼メールを送れば好印象とは限らない

メールアドレスを知っているなら、お礼メールを送らなければいけないということではありません。人事担当者に負担にならないようであればお礼メールを送ることは問題ありませんが、必ずしも送れば好印象を与えることができるとは限りません。もちろん、お礼メールの内容に問題があるなどでない限り、あなたにとってマイナスになることはありませんが、「お礼メールを送ったからポイントを稼げた!」とはならないことは留意しておきましょう。あくまで自己満足の範疇です。

お礼メールを送る際のマナーとは

それでも、念のためお礼のメールを送りたい!という場合にはどのようなマナーに配慮すべきなのでしょうか。見ていきましょう。

件名に配慮し、本文は簡潔に

まずは、メールの件名から配慮をすることが必要です。件名には「ありがとうございました」などではなく、「【面接のお礼】●●大学●●学部(フルネーム)」というように、「面接のお礼でメールをしているんだな」ということが件名ですぐにわかるようにします。大学名や名前も記載することで、中身を開く前からどのようなメールか予測できることがポイントです。
さらに、本文は簡潔にしましょう。お礼の言葉や、面接での嬉しかったこと、改めて志望動機やその会社への想いをつい長々と語りたくなってしまうかもしれませんが、あまりにも長い文章は相手にとっても負担となってしまいますし、最悪の場合は読まれないこともあります。メールを開いたときにスクロールしないで読める程度の分量を意識しましょう。

相手の会社名や名前を間違えない

お礼メールを送ることで逆にイメージが悪くなってしまうこともあります。それは会社名や人事担当者の名前を間違えてしまった場合です。お礼メールを送る際には、漢字を間違えていないか最低2回はチェックしましょう。企業名は正式名称で記載し、「(株)」などと省略せずに「株式会社」と記載します。また、人事担当者の名前は、名刺などを確認しながら間違いのないようにしましょう。

面接のお礼とプラスアルファのアピール

内容は簡潔にというものの、面接のお礼と、プラスアルファのアピールをさらっとできると良いでしょう。「●●様のお話を聞いてますます御社を魅力に感じました」というように、1~2行程度で改めて志望度があがったことを伝えます。

ビジネスライクは崩さない

また、たとえ面接で話が盛り上がり、人事担当者や面接官の方と仲良くなった気がしていても、お礼メールではビジネスライクな姿勢と言葉遣いを崩さないようにしましょう。あまりにもなれなれしく、非常識な言葉遣いだとかえってイメージが悪くなってしまいます。

返事はないものと思う

最後に、人事担当者は就活の時期は特に忙しいので、送ったお礼メールには返事はないものと考えましょう。返事がないからといって「不採用なのでは……」「なんで返事がこないんだろう……」と気にしてしまっては、就活に支障をきたします。お礼メールへの返信はなくて当たり前、くらいに考えるようにしましょう。

最後に

就活でのお礼メールについて解説しました。送っても問題はないけれど、送ったからといって必ずしも好印象を与えることができるわけではないということがわかりましたね。それでも送りたい場合には、相手への配慮を忘れずに返事を期待しないようにしましょう。


facebookでシェアtwitterでシェアこのエントリーをはてなブックマークに追加
大学生おすすめコンテンツ