三井住友カードのインターンシップ体験談

三井住友カードのサマーインターン、短期インターンシップ体験談です。
サマーインターン、短期インターンシップへの参加を検討している学生は、ぜひ参考にしてみてください!

三井住友カード
目次
  • 三井住友カードのインターンシップ体験談
  • ├インターン、学生情報
  • ├インターンシップに参加した理由、きっかけ
  • ├インターンシップ参加のための選考や参加に向けて準備したこと
  • ├インターンシップで体験した仕事内容
  • ├インターンシップで得たものや成長できた点
  • ├インターンシップ参加後の現在興味のあるor就職予定の仕事、その理由について
  • └インターンシップに関する後輩へのアドバイス等

三井住友カードのインターンシップ体験談

インターン、学生情報

企業名 三井住友カード
インターンシップ名 プレミアムインターンシップ
参加期間 5日間
参加時期 大学3年生の8月
大学名、学部名 関西大学商学部
卒業予定年 2018年

インターンシップに参加した理由、きっかけ

私の大学の先輩がこの会社に働いていらっしゃり、先輩からの勧めもあってこの会社に興味を持ちました。 そしてクレジットカード会社がどのような仕事を行っており、その中でも三井住友カードにはどのような社員さんが働いていらっしゃるのかについて知りたかったため参加を決意しました。 また、ほかの大学の学生達がもう就職活動を進めているのか、どのぐらい進んでいるのかについて知りたかったことも参加した理由の1つです。

インターンシップ参加のための選考や参加に向けて準備したこと

グループディスカッションが選考過程で出てくると聞いていたので、インターネットで検索をして、グループディスカッション講座といった民間企業が行っている講座に参加しました。 その講座でグループディスカッションの進め方や役割決め、定義づけの大切さなど1から教えて下さったお蔭で、本番でも焦ることなく進行することができました。 また最初にESの提出があったので、内定をもらってる先輩に自分のESを見てもらって添削をしてもらい、そこからまた自己分析に励みました。

インターンシップで体験した仕事内容

インターンシップでは5日間かけて10年後に成功するような新規事業立案でした。 1チーム6~8人で6チーム程に分けられておりました。 1日目は簡単なグループワークによるアイスブレークをした後、カード会社の現状や三井住友カードの歴史等カード会社の働き方について学びました。また10年後に起きるであろう世界の情報を、PEST分析を用いて各々で分析するといったワークを行って残りの4日間に備えました。 2日目~4日目はひたすら事業の案を固めていく作業でした。各チームごとに作業を進めていき、同時にパワーポイントを用いて発表資料作成も行います。3日目には社員を前にして中間発表を行い、そこからフィードバックを頂いて改善を繰り返しました。 最終日の5日目は集合したらすぐ部長クラスの方を前にしての最終発表を行い、社員さんから簡単なフィードバックを頂いた後、1~3位までの順位発表がありました。そしてそのあと部長からもそれぞれのチームにしっかりとしたフィードバックを頂き、社員さんから総括をして頂き最終日も終了です。

会員登録してインターンシップ体験談を見よう!
これより先をお読みになる場合には会員登録/ログインが必要です。

facebookでシェア twitterでシェア このエントリーをはてなブックマークに追加
このコラムを読んだ人はこんなコラムも読んでいます
就活生必読!面接官がグッとくるお勧め書籍3選

ビジネス用語解説、時事問題集、プレゼンの本・・・就職活動に役立ちそうな本は巷にあふれかえっています。 ご自身が伸ばしたい能力に合わせて本を選ぶと良いのですが、本日は、面接の中でPRできる、...

続きを読む
【サイバーエージェント最終面接②−4】女子大生の逆質問!?マニアックな質問に藤田社長は!?

プロデューサーにBLについて質問をする学生。 1作品ではなく、BLというコンテンツがビジネスにどう関わるのか。 マニアックな話で、分からない学生もいらっしゃると思います&...

続きを読む
インターンシップは就活に有利?

インターンシップは一般に大学生が学生の内から企業内で働きながら学ぶ機会を得るという目的の下で実施されている活動です。 学生時代にこの様な実際の仕事の現場を見ることが出来る機会というのは非常...

続きを読む