キリンのインターンシップ体験談

ビールやその他飲料のメーカーとして有名なキリン株式会社の短期インターンシップ体験談です。
短期インターンシップへの参加を検討している学生は、ぜひ参考にしてみてください!

キリンインターンシップ体験談
目次
  • キリンのインターンシップ(2016卒,2月)体験談
  • ├インターン、学生情報
  • ├インターンシップに参加した理由、きっかけ
  • ├インターンシップ参加のための選考や参加に向けて準備したこと
  • ├ES、面接の内容
  • ├インターンシップで体験した仕事内容
  • ├インターンシップで得たものや成長できた点
  • ├インターンシップの報酬
  • ├インターンシップ参加後の現在興味のあるor就職予定の仕事、その理由について
  • ├このインターンはどんな学生にオススメ?
  • └インターンシップに関する後輩へのアドバイス等
  • キリンのインターンシップ体験談1
  • ├インターン、学生情報
  • ├インターンシップに参加した理由、きっかけ
  • ├インターンシップ参加のための選考や参加に向けて準備したこと
  • ├インターンシップで体験した仕事内容
  • ├インターンシップで得たものや成長できた点
  • └インターンシップに関する後輩へのアドバイス等
  • キリンのインターンシップ体験談2
  • ├インターン、学生情報
  • ├インターンシップに参加した理由、きっかけ
  • ├インターンシップ参加のための選考や参加に向けて準備したこと
  • ├インターンシップで体験した仕事内容
  • ├インターンシップで得たものや成長できた点
  • ├インターンシップ参加後の現在興味のあるor就職予定の仕事、その理由について
  • └インターンシップに関する後輩へのアドバイス等

キリンのインターンシップ(2016卒,2月)体験談

インターン、学生情報

企業名 KIRIN株式会社
参加期間 3日間
参加時期 大学院1年生の2月
大学名、学部名 早稲田大学大学院・先進理工
卒業予定年 2016年

インターンシップに参加した理由、きっかけ

これまで研究職に限定して企業を探したり企業研究を進めていましたが、本当にそれでいいのか不安になり、学生のうちに少しでも社会経験をしたいと考えこちらのインターンに参加しました。また、私の周りの理系の友人も幅広い職種のインターンに複数参加していたこともあり、周りがそうするならという想いも強かったと思います。また、キリン自体にも以前から興味があり、企業研究の一環として参加するという意味合いもありました。

インターンシップ参加のための選考や参加に向けて準備したこと

インターンの内容を把握していなかったのですが、キリンについての最低限の企業研究はしました。キリン創業の歴史やこれまでの変遷などについて書籍や雑誌から情報を収集し、自分なりに考えたりました。

ES、面接の内容

キリンのインターンに参加する理由を記入する欄が一番大きかったです。次にたくさん記入することがあった欄は「今回のインターンでどのようなことを学びたいか」という欄でした。志望動機に繋がるように記入しました。

インターンシップで体験した仕事内容

一番印象に残っているのがグループワークです。かなり本格的なグループワークで、「お酒の消費量が減り続けている現代で、どのような商品がヒットするのか」という議題を基にディスカッションをし、グループごとにまとめた案を発表し合いました。大きな用紙に、みな思い思いにアイディアを書き込み、最終的にプレゼンテーションができるようにまとめ上げました。チーム数は私の都市は10チームほどあったのですが、例年は8チームほどだそうです。チーム編成は1チーム6人ほどで、大学が同じにならないように配慮されていました。最後には参加したインターン生自身による投票が行われ、私たちのチームが選ばれることはありませんでshhチアが、選ばれた優秀なチームにはキリンの限定グッズのようなものが贈呈されました。
インターンの全体的な流れといたしましては、一日目にキリンのこれまでについて概要説明がありました。こちらはインターネットを駆使して企業研究するよりも正確で生々しい情報を手に入るので、キリンを志望企業に入れている就活生であれば絶対に参加しておいた方がいいインターシップだと思います。また、現場で働いているキリンの社員の方の話を聞く機会もたくさんありました。

インターンシップで得たものや成長できた点

やはり、インターシップに参加しなければ知ることができない生々しい現場の話や正確な情報がたくさん手に入ったことは非常にためになりましたし、一番ためになったと感じているのは、飲料業界の中でもキリンの立ち位置などを把握できたことです。また、飲料業界の歴史についても幅広く知ることができたので、キリンのインターンシップでの体験はほかの企業にも絶対に活きてくると感じました。そして、実際にほかの飲料会社の面接でも活きてきました。

インターンシップの報酬

記念品

インターンシップ参加後の現在興味のあるor就職予定の仕事、その理由について

これまで研究職ばかり探していたのですが、文系の方が多い総合職の職種も非常にやりがいのある仕事であると確信しました。また、これまでまったく調べていなかった営業の仕事にも興味が湧いてきたのも非常に有意義なことでした。

このインターンはどんな学生にオススメ?

職種の段階で悩んでいる就活生は特に得るものが多いインターンシップだと思います。また、もっと幅広い視野で仕事を探したいと思っている方にもぴったりだと思います。得るものが多いキリンのインターンシップです。

インターンシップに関する後輩へのアドバイス等

3日間とそれほど飲料メーカーのインターンシップとしては長くないので、自分から学ぼうとする姿勢がないとすぐ終わってしまいます。なので最低限のことは調べてから参加した方が効率的ですし、そうした方が時間を無駄にすることがないと思います。また、何を主に学びたいかについても自分なりに絞って考えておくことをおすすめします。学ぶことが多すぎるのもキリンのインターンシップの特徴なのですべては無理なので、これも必要なことだと思います。

キリンのインターンシップ体験談1

インターン、学生情報

企業名 キリン株式会社
参加期間 3日間
参加時期 大学3年生の2月
職種 総合職
大学名、学部名 京都大学 経済学部
卒業予定年 2018年

インターンシップに参加した理由、きっかけ

夏にコンサル・事業会社・ベンチャー、冬にテレビ局のインターンに参加する中で志望業界はある程度絞れてきていたが、これまで全く触れてこなかった日系メーカーについて知りたいと思った。その中で自分自身にとって身近なビールがどのように作られているのか、以前より関心があった商品開発の部分をよく知ることができると思い参加した。きっかけはリクナビで見たことによるもので、そこまでこの企業にこだわっているというようなことはなかった。

インターンシップ参加のための選考や参加に向けて準備したこと

面接に対する対策は特に行わなかったが、夏頃から他社インターンの選考などで何度も面接を受けていたのでその経験が生きたのではないかと思う。また、面接と同時に行われるクレペリン検査はネット上で自由に対策できるサイトがあるので、それを利用して対策した。選考当日に初めて検査を受けた場合と比べると練習の効果は絶大であり、またクレペリン検査の結果も意外と重視されるという話を聞いたこともあるので、対策しておいて損はないと思われる。

インターンシップで体験した仕事内容

〇グループワークに関して
テーマは酒類の新商品を提案せよというもの
アウトプットは手書きでプレゼン資料を作成
チーム編成は5,6名の班が5つ
最終発表後に商品開発室部長から各班にフィードバックがある
学生の投票で優勝チームが決められ、優勝チームにはKIRINグッズが送られる。

〇全体の流れ
1日目:全体自己紹介→KIRINマーケティング部社員による講義→懇親会
2日目:KIRIN商品開発室社員による講義→商品開発グループワーク
3日目:商品開発グループワーク→最終発表→懇親会

明るい学生が多く、議論中以外にも学生同士の交流がさかんに行われた。特別優秀な学生はいなかったが、みんなが楽しみながら議論を行っていた印象がある。また、グループワーク中に商品開発室の社員さんが常に各班を巡回し、疑問に感じたことはすぐに質問できる環境を作ってくれた。インターン担当以外の社員さんとは接する機会はなかったが、2度の懇親会などを通して社員さんと話す機会がたくさんあり親交を深められた。

インターンシップで得たものや成長できた点

日系メーカーの大手であるKIRINがどのように市場や顧客を分析してマーケティングを行っているのか、どのようなことを意識しながら商品を開発しているのかを講義やグループワークを通して学ぶことができた。マーケティング部社員がここまで情報を伝えていいものかと話すような内容まで知れたことは非常に良かった。また、KIRINのインターンはまったく学歴フィルターがかかっていないため、様々なバックグラウンドを持つ学生に出会うことができる。そのような学生とグループワークを行う中で、自分の考えを相手に伝えることの難しさや自分の感性が当たり前ではないことに気づくことができ、その後の他社本選考などで生かすことができた。

インターンシップに関する後輩へのアドバイス等

3日間という短い時間で日系メーカーのイメージが少し変わるいい機会になると思います。倍率が非常に高いという話も聞いたことがありますが、講義やグループワーク以外にもまだ発売されていない新商品を試飲できたり、楽しい要素も多いので是非挑戦してほしいなと思います。エントリーシートが手書きだったりとハードルもあるかとは思いますが頑張ってください。具体的な選考のアドバイスとしては、事前に自分のESについて深く理解し、それを改めて人に説明できるようにしておくといいかと思います。

キリンのインターンシップ体験談2

インターン、学生情報

企業名 キリン
参加期間 前後合わせて3日
参加時期 大学3年生2月
卒業予定年 2018年

インターンシップに参加した理由、きっかけ

飲料業界に興味を持ちました。どうすれば会社の内容や社員の方とお話をすることが出来るかなと考えた時にインターンシップに産することが一番適しているのではないかと思い、ここのインターンシップを受けました。飲料業業界の中でもお客様にどうやったら商品を知っていただいた後に購入していただけるかをプロモーション等で上手に衆知しているというイメージがあったのでインターンシップにチャレンジしてみました。また飲料を通して多くの人の生活を豊かにできる事や新たな生活の常識を生み出してきた実績にも魅力を感じました。

インターンシップ参加のための選考や参加に向けて準備したこと

エントリーシートで落とされることがあってはならないと思い、自己分析、他己分析、この会社でなぜ働きたいと思ったのか、どんな仕事をやってみたいかなど基本的なことですが本番の選考さながら準備していきました。

インターンシップで体験した仕事内容

グループワークと懇親会に参加させていただきました。グループワークでは詳しい話をすると守秘義務にかかわるのでお話しすることはできませんが、どのようにすれば売上を改善することが出来るか、会社の売り上げを向上させるという最終的な目標に向かってどのようなことをすれば多くの人の生活を豊かにできるのか、その地域地域の課題を解決することが出来るのかをじっくりと考えることに取り組みました。内容自体は非常に難しいものですが、グループワークなので学生同士で何度もディスカッションを繰り返すことと何回か行われる社員の方への発表をすることで自分たちのグループの足りないところやもっと伸ばしていきたいところを見つけてその都度その都度改善させていきました。グループワークがメインの内容ですが、その他にも社員の方とお話をしたり、質問をすることが出来て、会社に入った後のイメージ、キャリアの歩み方についてイメージを浮かべることが出来ました。

会員登録してインターンシップ体験談を見よう!
これより先をお読みになる場合には会員登録/ログインが必要です。
ログインbox背景

facebookでシェア twitterでシェア このエントリーをはてなブックマークに追加
大学生おすすめコンテンツ