一条工務店のインターンシップ体験談

一条工務店の1dayインターンシップ体験談です。
1dayインターンシップ、短期インターンシップへの参加を検討している学生は、ぜひ参考にしてみてください!

一条工務店のインターン体験談

一条工務店の1dayインターンシップ体験談(2018卒,12月)

インターン、学生情報

企業名一条工務店
参加期間1日
参加時期大学3年の12月
大学名、学部名東京電機大学情報環境学部
卒業予定年2018年

インターンシップに参加した理由、きっかけ

住宅業界に興味があり、一条工務店がどうして業界1位に追いつく勢いのある企業なのか知りたいと思い、参加しました。また私はよく住宅展示場にいくのですが、そこでみた一条工務店の住宅に魅力を感じ、設計へのこだわりについても知りたいと思ったのもきっかけです。インターンシップに参加したことによって選考で有利なことがあると大学の先輩にうかがったいたのでそのこともインターンシップに参加させていただいたきっかけのひとつです。

インターンシップ参加のための選考や参加に向けて準備したこと

インターンシップのための選考は特にありませんでした。1DAYインターンシップでしたので特に準備もしませんでした。ただ私服での参加を推奨していのでオフィスカジュアルの服装を準備するのに苦労しました。普段はスニーカーにジーパンというカジュアルな格好をすることが多いのでオフィスカジュアルな服装をインターネットで調べたり、先輩に話を聞いたりして、ジャケットやスラックスのパンツ、ヒールの靴の用意をしました。

インターンシップで体験した仕事内容

インターンシップでは簡単な業界説明、企業説明、企業、業界の将来性についての話をした後に架空の工務店を成長させていくという内容のロールプレイングゲームをチームで行いました。どうしたら企業が成長していくかをチームで考えながら進めていくおもしろいゲームでした。最後にこのゲームは一条工務店の成長の仕方を示したゲームであることが報告され、その通りにゲームを進めていったチームが1位になるようになっているゲームになっていました。一条工務店が大切にしている考え方が理解できる内容でとても良い印象を受けました。また、チームも三人一組になっていて他のインターンシップよりメンバーと親しくなれた気がします。このロールプレイングゲームのあとに自己分析や学生時代に力を注いだことなどのエントリーシートのお決まりの設問に対して、内定者の方からアドバイスをいただく時間がありました。自分がどのような人間なのか、改めて知れるとても良い機会になりました。

会員登録してインターンシップ体験談を見よう!
これより先をお読みになる場合には会員登録/ログインが必要です。
ログイン会員登録
ログインbox背景

facebookでシェアtwitterでシェアこのエントリーをはてなブックマークに追加
大学生おすすめコンテンツ