博報堂のインターンシップ体験談

博報堂/博報堂DYメディアパートナーズのサマーインターン、短期インターンシップ体験談です。
サマーインターン、短期インターンシップへの参加を検討している学生は、ぜひ参考にしてみてください!

博報堂インターンシップ体験談
目次
  • 博報堂の「生活者発想合宿」体験談
  • ├インターン、学生情報
  • ├インターンシップに参加した理由、きっかけ
  • ├インターンシップ参加のための選考や参加に向けて準備したこと
  • ├インターンシップで体験した仕事内容
  • ├インターンシップで得たものや成長できた点
  • ├インターンシップ参加後の現在興味がある(決まっている場合は就職予定の)業界、その理由について
  • └インターンシップに関する後輩へのアドバイス等

博報堂の「生活者発想合宿」体験談

インターン、学生情報

企業名博報堂/博報堂DYメディアパートナーズ
インターン名生活者発想合宿
参加期間6日間
参加時期大学3年8月(サマーインターン)
職種総合職
大学名、学部名一橋大学社会学部
卒業予定年2018年

インターンシップに参加した理由、きっかけ

もともと電通や博報堂と言った大手広告代理店、クリエイティブエージェンシーなどに関心を持っており、広告キャンペーンのクリエイティブがどのような仕事を経て作られるのかを知りたいと考えていた。その中でも生活者のインサイト把握や未来洞察といったより上流工程に触れてみたいという思いから今回エントリーをした。本社での座学にてじっくりと広告キャンペーンに関して学べる点と、軽井沢での合宿というやや非日常的な要素にも正直憧れていた。

インターンシップ参加のための選考や参加に向けて準備したこと

第一に、選考での面接時間が非常に短いため、「自分はこういう人間です」というテーマを一貫して持たせ、


facebookでシェアtwitterでシェアこのエントリーをはてなブックマークに追加
大学生おすすめコンテンツ