インターンシップの面接の対策方法はこうだ!

インターンシップに参加するにあたって、企業の担当者との面接を通過しなければなりません。
就職活動の本選考をまだ経験していなければ、面接なんてほとんど受けたことがないという大学生がほとんどだと思います。今回はそんな大学生の皆さんに、面接を受ける際のポイントやよくある質問と例について解説していきたいと思います。

interview

目次

インターンシップの面接のポイント

インターンシップの面接で企業の採用担当者が知りたがっていることは、本採用の面接でのそれとはやや異なります。
本選考では企業への志望度や企業の業績にどう貢献できそうかということが測られますが、インターンシップの面接では学生の意欲や興味に関する質問が多めになる傾向があります。
もちろん、本採用かインターンシップかを問わずどんな面接でも大事なポイントもあります。インターンシップの面接を経験しておくと、後に控える就活の面接に余裕を持って臨むことができます。
インターンシップの面接を受けるにあたっては、特に以下のようなポイントを意識しましょう。
・インターンシップを通じて何を学びたいかについて明確に話せるようにする
・その企業、業界、職種に興味を持った理由を話せるようにする
・自分なりの考え方を持って就職活動に前向きに取り組もうとする姿勢を見せる

本採用とは異なり、学生に仕事を体験させてどんな仕事かを知ってもらうのがインターンシップの主な目的の1つなので、インターンシップを通じて積極的に何かを学びたいという姿勢や就職活動への前向きな考え方を見せることが大事です。

インターンシップの面接でよく聞かれる質問集

インターンシップの面接でよくある質問例をご紹介したいと思います。

これらは本選考で質問されるものと重複するものもあるのでしっかりと対策しておくことが将来の自分のためにもなります。

どうして弊社のインターンシップに参加しようと思ったのですか?

志望理由について聞かれています。
この場合は就活の本選考のように御社が第一志望だからです!という答え方をする必要はなく、その企業や業界に興味を持った理由やインターンシップを通じて積極的に学ぼうとする姿勢を伝えることができれば好印象です。

他にはどのような企業のインターンシップに参加しようと思っています(しました)か?

企業側は学生の動きを把握して採用活動に活かすために質問している側面もあり、また学生の就職活動への考え方を見ようとしている側面もあります。
基本的には、正直に答えたほうがいいでしょう。ただし、企業の選び方の基準がぶれていたりすると「本当は志望度が低いんじゃないか」「よく考えずに企業を選んでいるのではないか」と悪い印象になってしまうこともあります。他に参加している企業があってもなくても、その理由について聞かれたときに答えられるように準備しておきましょう。

あなたの尊敬する人を教えてください

その学生の価値観を知るためです。会社の考え方に合った人間が欲しい場合に聞かれることが多いようです
この質問は誰を尊敬しているかというより、その理由を納得感のある説明で伝えられるかが大事です。自分がどんな理由でその人を尊敬しているのかをわかりやすく伝えるようにしましょう。
しかし、両親や祖父などの肉親を挙げるのは避けたほうがいいでしょう。 両親を尊敬しているのは基本的には当たり前のことであり、自分の価値観を面接官にうまく伝えることができない可能性があるためです。

今までの学生生活はどんな感じでしたか?

こちらはインターンシップ、本選考問わず対策必須の質問項目となっています。質問の意図は学生の話すエピソードを通じて学生の人柄、今後の可能性を知るためです。
答える際は活動の中で自分が改善した点や学んだ点、アピールできる内容を中心に話していきましょう。
詳しい内容につきましてはコチラを参照してください
【学生時代に頑張ったことがない人も頑張ったことをESに書いてみよう!】

高校の時の生活はどんな感じでしたか?

大学生時代に頑張った話はみんな用意してきますが高校時代に頑張ったことは用意していない場合が多いです。そのため、話を盛っている人を見抜くためや大学生時代にがんばったことの再現性を確認するために聞かれることがあります。
大学生時代のエピソードに込められていた自分の行動原理や長所と矛盾しないように一貫性のある伝え方ができるとポイントアップです。
ただし、多くの学生が同じように頑張った経験である「大学受験」について語る際は、差別化のために自分なりの工夫の内容を加えてアレンジするなどの工夫をしたほうが良いでしょう。

自己紹介をお願いします

自分のことをわかりやすく端的にアピールすることができるかを測る質問です。
長さや内容を指定されていなければ、自分の氏名や大学名という基本的な情報に加えて長所や学生時代に頑張っていたことなどのアピールポイントを一言、二言くらいで端的に話すのが基本です。
詳しくはこちらを参照してください。
【就活の面接での自己紹介、何を話す?】

意外とよくある逆質問

面接の後半で
「何かご不明な点はありますか?」や「質問は何かありますか?」
といったいわゆる逆質問の時間になることがあります。

もちろん自分の知りたいことを質問すれば良いのですが、面接官は逆質問で学生の意欲を測ろうとしている場合もあるので、意欲がないと思われないように気をつける必要があります。具体的には、
・質問が無い、または少な過ぎる
・公式サイトなどで少し調べたらわかるような質問をする
ということがないように、事前に質問内容を準備をしましょう。

逆質問をする際の質問例としては
・インターンシップに参加する学生に求めること、期待しているものにはどんなものがありますか?
・サマーインターンに挑戦するにあたって、どのような資質が必要であるといえますか?
・今まで御社のインターンシップに参加されてきた学生はどのような学生が多いですか?
などを挙げることができます。

インターンシップ選考の面接時の服装

インターンシップ選考の面接を受ける際の服装については、指定がなければスーツで行きましょう。
私服を指定された場合はオフィスカジュアルと呼ばれるジャケットにパンツを合わせた格好が基本とされています。
詳細についてはこちらを参照ください
【就活の面接やインターンに私服で来るように言われたら何を着る?】

まとめ

今回はインターンシップに参加するための関門の1つである面接について解説してきました。
以下、今回のまとめです。
・インターンシップの面接では、「学びたいこと」、「意欲や興味」、「就活への姿勢」が重視される
・逆質問で意欲をみられている場合もあるので事前に質問したいことを考えておくと良い
・服装は指定されなかったらスーツで、私服を指定された場合はオフィスカジュアルな格好をする
ばっちりと対策してインターンシップに参加する権利を獲得しましょう。


facebookでシェア twitterでシェア このエントリーをはてなブックマークに追加
このコラムを読んだ人はこんなコラムも読んでいます
インターンシップ参加までの流れを解説!

インターンシップに興味があるけど「どうやって探したら良いかわからない」、「参加までの具体的な流れがイメージできない」という学生のために、インターンシップ参加までの流れを解説します! ...

続きを読む
インフラ業界の就職活動〜鉄道・電力・道路・水道〜

インフラ業界と言えば、どのような業界を連想するでしょうか? 生活に必要なライフラインと定義すれば、その範囲は広大なものとなります。鉄道・電力・道路・水道と多岐に渡るこの業界も中々その実態...

続きを読む
就活の業界研究の方法まとめ

就職活動において、業界研究は自分にとって合う企業を探すためには避けては通れないものでしょう。しかし、「業界研究と言われても数多くの業界を分析するのにそんなに時間を掛けていられない。」や「何か...

続きを読む