インターンシップのエントリーシート(ES)の書き方

インターンシップに参加するにあたって、エントリーシートや面接、筆記試験などの選考があります。
これからインターンシップに参加するのは、就職活動の本選考をまだ経験していないという大学生がほとんどだと思いますので、エントリーシートを作成した経験もないでしょう。 今回はそんな大学生向けに、インターンシップに参加する際のエントリーシートの書き方のポイントやよくある質問について解説します。

困った人
目次

エントリーシートとは?

エントリーシートとは新卒採用やインターンシップに参加するために提出する願書のことで、省略して「ES」とも呼ばれます。
氏名や大学名などの他に自分で考えて書く必要のある設問があり、企業によってはエントリーシートで学生を選考し絞り込むこともあります。そのため、選考を通過するためにはエントリーシートの書き方のポイントを押さえることが重要となります。
提出方法にはWeb提出と面接等の会場で手渡しで提出、郵送提出があります。

エントリーシート書き方のポイント

エントリーシートを提出するときの、基本項目の書き方について詳しく紹介します。

学歴・職歴

履歴書を書くことになったときに、必ず書くことになる項目です。社会人として働いたことのない学生の場合は、学歴のみの記入になります。一般的には、中学校の卒業から記入します。「高等学校」と書くなど、学校名は正式名称で書くようにしましょう。また、卒業見込みの大学については、その旨がわかるように記入しなくてはいけません。
アルバイト経験やインターンで働いた経験があるかもしれませんが、職歴は正社員として働いた会社だけ書くようにします。

免許・資格

学歴の場合と同じく、それぞれの資格は正式名称で書くようにしてください。また取得している資格は取得した順に時系列で書くようにしましょう。

写真

服装はスーツが好ましいです。写真はスピード写真機や写真屋で撮ることができます。最近では、スマートフォンアプリなどから写真を撮るサービスもあります。

紙面のエントリーシートを提出する際に気を付けたいこと

紙面のエントリーシートに手書きで記入して提出する際には以下のことに気をつけましょう。

事前にコピーを取っておく

エントリーシートを複数枚手に入れることができないことがあります。書き損じをしたときのために、事前にコピーをとっておくようにします。

ボールペンを使う

エントリーシートをはじめ、重要な書類はボールペンで書くようにしましょう。鉛筆や消えるボールペンのような、自分以外の誰かが勝手に消したり、書き換えたりできるような状況は好ましくありません。修正液を使うことも避けましょう。

丁寧に書く

きれいな文字を書けるかどうかよりも、丁寧に書くことを意識しましょう。

写真を貼るときの注意

顔写真の裏には、学校名と氏名を書くようにしておくと、万が一剥がれてしまっても、誰の写真かわかります。また、写真を貼ってから書き損じがあると、写真が無駄になってしまうので、写真は最後に貼るようにしましょう。

クリアファイルに入れて持ち運ぶ・提出する

持ち運ぶときにクリアファイルに入れておくとカバンの中で端折れしにくくなりますし、きれいな状態で提出することができます。

郵送提出の場合は封筒の作成は必須になることが多いです。
封筒にエントリーシートを入れて郵送する場合は雨が降って濡れても大丈夫なよう、新品のクリアファイルにエントリーシートを入れた状態で封筒に入れて提出しましょう。

インターンシップのエントリーシートでよく聞かれる質問

ここからはインターンシップのエントリーシートにおいてよく聞かれる質問について解説していきたいと思います。

インターンシップのエントリーシートの設問は
・志望動機
・自己PR
・インターンシップを通じて学びたいことは何か?
の3つのタイプが代表的な質問になります。これらの質問に答えるときに、文字制限がある場合には、文字制限の8割は書くようにしましょう。この章では、代表的な質問について詳しく紹介します。

志望動機

・志望動機を教えてください
・この業界に興味を持った理由を教えてください
・この業界以外に興味を持っている業界を教えてください
などの質問です。

これらの質問を通して、企業は学生のインターンシップへの志望度や考え方を見ています。 インターンシップの志望動機を書く際は、自分なりの考え方や判断基準があることが読んでいて伝わるような内容にしましょう。

また、「他社のインターンシップではだめなのか」「どうして自社のインターンシップを学生は志望しているのか」がはっきりとわかるようにしましょう。そのためには、会社について深く理解している必要があります。

自分なりの考え方や判断基準、志望動機を裏付ける事実や具体的なエピソードをあわせて書くと説得力が上がります。

自己PR

・自己PRをしてください
・長所と短所を教えてください
・今までの人生の中で最も○○したことは何ですか?
・あなたの一番、大切にしていることを教えてください
・学生時代頑張ったことを教えてください
といった質問です。

これらの質問を通して企業は、学生がどんな人間か、企業の利益に貢献することができる人間かどうかを判断します。
自己PRを書くときには、まず質問の答えを最所に持ってくるようにしましょう。質問の答えを最所に持ってきたら、その次に結論を裏付ける経験を具体的に書きます。

長所や、短所をただ書いただけだと、「本当にそうなのか」人事の人は知ることができません。そのため、エントリーシートを読む人が納得できるように、結論と具体的な行動や事実をセットで書くようにします。

インターンシップを通じて学びたいことは何か?

この項目を通じて企業は学生の熱意をみています。
企業は優秀な学生を欲していますが、それと同じくらい明確に目的意識を持った学生を好みます。

書き方は
インターンを通じて学びたいこととその理由
を書くことが基本になります。

文章構成の例を挙げると
私は貴社のインターンシップを通じて○○というものを学びたいと考えています。 私は○○というものに興味があります。
なぜ○○について興味があるかというと××というきっかけがあったためです。
そのため、私は貴社のインターンシップに参加させていただきたいと思います。

といった流れとなります。

わかりやすい文章の書き方

また、文章の読みやすさも大切です。以下の5点を気をつけるようにしましょう。

◇ひとつひとつの文は、できるだけ短くする
日本語は、話し言葉の場合、1文が長くなる傾向にあります。ふだん話している感覚で、文章を書くと、文が長くなり読みにくくなってしまいます。40文字から50文字くらいを目安に書くと読みやすくなります。

◇改行をきちんと行う
伝えたい内容が変わったタイミングでは、改行するようにしましょう。ひとつの段落で扱っている内容が、ひとつに収まるようにしましょう。

◇文体の統一
「ですます」調もしくは、「である」調で、文体を統一するようにしましょう。話し言葉や若者言葉、専門用語などは使わず、平易な言葉を用いましょう。

◇質問の答えをはじめに簡潔に書く
ひと目見たときに、伝えたい内容がなにかわかるようにすると、文章が読みやすくなります。質問に対する答えを先に述べてから、理由やエピソードなどを書いていくようにしましょう。

◇具体的な数字を使って説明する
わかりやすい文章は、誰が読んでも認識のズレが生じにくい文章です。できるだけ、具体的な数字を取り入れて、客観的な視点に立った文章にしましょう。

まとめ

今回はインターンシップに参加するための関門のうちエントリーシートについて解説しました。
インターンシップでエントリーシートの書き方に慣れておくと、就活の本選考もスムーズに進めることができます。自分の書いたエントリーシートに自信がなかったら友人や先輩に添削してもらうなどして、自信を持って提出できるエントリーシートを作成しましょう!


facebookでシェア twitterでシェア このエントリーをはてなブックマークに追加
大学生おすすめコンテンツ