SMBC信託銀行のインターンシップ体験談

株式会社SMBC信託銀行の短期インターンシップ体験談です。
短期インターンシップへの参加を検討している学生は、ぜひ参考にしてみてください!

インターンシップ体験談一覧

株式会社SMBC信託銀行のインターン体験談
目次
  • SMBC信託銀行のインターンシップ(2022卒,6月)体験談
  • ├インターン、学生情報
  • ├インターンシップに参加した理由、きっかけ
  • ├インターンシップ参加のための選考や参加に向けて準備したこと
  • ├ES、面接の内容
  • ├インターンシップで体験した仕事内容
  • ├インターンシップで得たものや成長できた点
  • ├インターンシップの報酬
  • ├インターンシップ参加後の現在興味のあるor就職予定の仕事、その理由について
  • ├このインターンはどんな学生にオススメ?
  • └インターンシップに関する後輩へのアドバイス等

SMBC信託銀行のインターンシップ(2022卒,6月)体験談

インターン、学生情報

企業名株式会社SMBC信託銀行
インターンシップ名Internship Passport 3rd Visit
参加期間1日
参加時期大学3年生の6月
職種
卒業予定年2022年

インターンシップに参加した理由、きっかけ

金融業界を幅広く見ていたので、その一つとして応募しました。また同時に、転勤がない職種という基準で企業選びをしており、エリア職があるSMBC信託銀行にも興味がありました。金融業界を幅広く見たいと思っていたのであまり深く考えず、SMBCグループの企業の中で目に付いたところで応募しました。また、早期選考など本選考への優遇がありそうなインターンを就活会議で調べて受けていました。ESのみの選考など、参加のハードルが低いものもなるべく多く受けることで企業研究をしようと考えていました。

インターンシップ参加のための選考や参加に向けて準備したこと

エントリーシートを人に添削してもらい、誰から見ても読みやすい文章を作りました。また、自己分析を徹底的に行いました。

ES、面接の内容

エントリーシートの設問は

以下の通りです。

1.自分にとって高い目標を掲げ、やりとげた経験はなんですか?その経験を通じて学んだ事、もしくは現在も心がけている事を教えてください。(400文字以下)
2.自分の性格上の特徴とそれに起因する行動について教えてください。(400文字以下)

面接はありませんでした。

インターンシップで体験した仕事内容

全てオンラインの形式で行いました。
インターンシップのテーマは、外貨業務の理解を深めることで、お客様の運用ポートフォリオを作成するグループワークに取り組みました。
業務、ワーク説明→グループワーク→発表とフィードバック→ワーク解説、という流れです。

架空のお客様に対する資産の運用ポートフォリオを作成するグループワークでした。6人程度のグループに分かれ、あらかじめ提示された情報をもとに議論をし、解答シートにグループの結論を記入しました。保険やファンドなど投資商品を選ぶワークのため、基礎理解がある方がワークに取り組みやすいと感じました。その後は簡単なプレゼンの時間があり、なぜその結論に至ったかを発表しました。
社員の方とは、講義の時間に話を聞く以外での関わりはあまりありませんでしたが、ワークの成果を発表した後にフィードバックをしてもらえました。
最後の解説では、分散投資の考え方やリテール営業におけるヒアリングの重要性について学びました。

インターンシップで得たものや成長できた点

ヒアリングの重要性や分散投資の考え方など、実務レベルで大事なことを学ぶことができた点では非常にためになったと思います。業務の細かい内容まで説明があり、外貨業務への理解は大きく深まったと感じました。SMBC信託銀行の志望動機を作成する材料にもできたので、参加してよかったと思います。
保険やファンドなど投資商品への理解が浅かったので、ワーク内容は難しいと感じ、理解するのに苦労しました。他の信託銀行のインターンシップに参加したときに学んだことがかなり役立ちましたが、理解しきれない部分もありました。

インターンシップの報酬

なし

インターンシップ参加後の現在興味のあるor就職予定の仕事、その理由について

SIerにシステムエンジニアとして就職予定です。
主な理由は、ITへの興味がもともと強かったことに加え、専門性を身に着けて市場価値の高い人材になりたいという思いがあるからです。また、SIerの場合はほとんど転勤がない点にも魅力を感じました。

このインターンはどんな学生にオススメ?

信託銀行について理解を深めたい学生、英語を使った仕事がしたい学生

インターンシップに関する後輩へのアドバイス等

このインターンシップは専門知識が必要なわけではありませんが、投資信託の基本的な理解があった方が確実に議論をスムーズに進められると思いました。ファンドや分散投資について事前に調べておくと良いと思います。
エントリーシートのみの選考のため、他人からの添削の準備をしておくとよいと思います。多くの人から第三者視点で見てもらい、自分が必要だと思うアドバイスを取り入れると、より内容をブラッシュアップできると思います。


facebookでシェアtwitterでシェアこのエントリーをはてなブックマークに追加


金融業界のインターン体験談の記事一覧
大学生おすすめコンテンツ