新生銀行のインターンシップ体験談

新生銀行の短期インターンシップ体験談です。
短期インターンシップへの参加を検討している学生は、ぜひ参考にしてみてください!

インターンシップ体験談一覧

新生銀行のインターン体験談
目次
  • 新生銀行のインターンシップ(2021卒,12月)体験談
  • ├インターン、学生情報
  • ├インターンシップに参加した理由、きっかけ
  • ├インターンシップ参加のための選考や参加に向けて準備したこと
  • ├ES、面接の内容
  • ├インターンシップで体験した仕事内容
  • ├インターンシップで得たものや成長できた点
  • ├インターンシップの報酬
  • ├インターンシップ参加後の現在興味のあるor就職予定の仕事、その理由について
  • ├このインターンはどんな学生にオススメ?
  • └インターンシップに関する後輩へのアドバイス等

新生銀行のインターンシップ(2021卒,12月)体験談

インターン、学生情報

企業名新生銀行
インターンシップ名2daysインターンシップ
参加期間2日
参加時期大学3年生の12月
職種
大学名、学部名学習院大学法学部法学科
卒業予定年2021年

インターンシップに参加した理由、きっかけ

マイナビに私の所属大学に通っている学生向けのメッセージが来た。就職活動を始めたての夏、業界も特に決まっておらずどこのインターンシップに応募すれば良いか分からなくなっていた。そんな時にそのメッセージを見て、私の大学からも毎年何名か入行しているらしく、わざわざメッセージが来ると言うことは受かりやすいのではと考えた。
その他には、金融、銀行の業界研究がしたかったこと、選考に面接があるため本選考に向けた練習になると考えた。

インターンシップ参加のための選考や参加に向けて準備したこと

HPを見るくらい

ES、面接の内容

ESは普通に志望動機などであったが、

面接は4:1の集団面接で、志望動機以外に2人1組のペアになって自己紹介し合いペアの相手について1分間で面接官に説明したり、気になるニュースと他の学生が話した気になるニュースについての意見などを聞かれた。順番は一番手が挙手制でそれ以降は隣に順番に当てられる形だった。少し予想外の質問もあったが、面接官の雰囲気はすごく優しかった。

インターンシップで体験した仕事内容

1日目。午前は銀行業界と新生銀行についての説明。午後は、まず「ソーシャルスタイル分析」という自己分析で性格を4つの分類に分け、それぞれ同じ分類になった人で集まって自分達の苦手な状況、得意な状況などの特徴について話す。その後全体で共有してそれぞれの性格の違いの理解を深め、お客様として来た時に分類毎にどういった対応をすれば良いか話し合う。
次に「資産運用コンサルティングワーク」ケーススタディと商品知識の資料を元にグループで対応を話し合う。
最後に、2日目の最後にグループ毎に行う新生銀行と他業界のコラボのプレゼンの準備をして1日目は終了。
2日目。午前は法人営業のグループワーク。付箋やホワイトボードを用いて様々な要素から売り上げを伸ばすためにどのような提案ができるか話し合う。
午後は新生銀行のITシステム部署についての説明後、グループ毎に新生銀行コラボのプレゼン。
最後に若手社員との座談会とインターンシップの振り返りを行い終了。

インターンシップで得たものや成長できた点

ほとんど知識がないまま参加したため、初めの業界、企業研究やグループワークで新しい知識を沢山付けることができた。特に新生銀行についてはネットではわからない話を聞くことができ、インターンに参加することで魅力を知ることができた。
ただ、私に知識がないだけかも知れないが、グループワークでは進め方や単語がわからないまま進んでしまいついていけない部分もあった。
全体的には、他の学生との交流であったり、行員の方のお話であったり、学びが多く良い物であった。

インターンシップの報酬

なし

インターンシップ参加後の現在興味のあるor就職予定の仕事、その理由について

金融、銀行です。元々大学から金融に行っている方が多く興味があり、インターンや業界研究を通じて、すでにある物を売るよりも無形商材である金融の方が自分の力を発揮できると考えた。また、部活動で会計を担当していた経験から、お金で人を支えたいという思いがあった。

このインターンはどんな学生にオススメ?

新生銀行についてだけでなく、自己分析や銀行業界についても教えてくれるので、そういったところに不安がある方にもオススメです。また、インターン参加者は本選考に早く参加できます。
他には、珍しく昼食がお弁当ではなくレストランに連れて行ってもらえるところが良かった。

インターンシップに関する後輩へのアドバイス等

グループワークへ向けて具体的な知識は少し付けていく必要があるかも知れない。例えば資産運用コンサルティングについては、抽象的な内容だけ把握していくのではなく、具体的にコンサルティングする上でどのような要素を考えどこように提案するのか、というのを知っていくとやりやすいと思う。
新生銀行についてはインターンシップで教えてもらえるので、企業についてというより銀行の業務内容について予習していくと良いと思う。


facebookでシェアtwitterでシェアこのエントリーをはてなブックマークに追加


金融業界のインターン体験談の記事一覧
大学生おすすめコンテンツ