関西アーバン銀行のインターンシップ体験談

関西アーバン銀行の短期インターンシップ体験談です。
短期インターンシップへの参加を検討している学生は、ぜひ参考にしてみてください!
インターンシップ体験談一覧

関西アーバン銀行
目次
  • 関西アーバン銀行のインターンシップ体験談
  • ├インターン、学生情報
  • ├インターンシップに参加した理由、きっかけ
  • ├インターンシップ参加のための選考や参加に向けて準備したこと
  • ├ES、面接の内容
  • ├インターンシップで体験した仕事内容
  • ├インターンシップで得たものや成長できた点
  • ├インターンシップの報酬
  • ├インターンシップ参加後の現在興味のあるor就職予定の仕事、その理由について
  • ├このインターンはどんな学生にオススメ?
  • └インターンシップに関する後輩へのアドバイス等

関西アーバン銀行のインターンシップ体験談

インターン、学生情報

企業名 株式会社関西アーバン銀行
インターンシップ名 5daysインターンシップ
参加期間 5日間
参加時期 大学3年生の2月
職種 総合職
大学名、学部名 太成学院大学人間学部
卒業予定年 2018年

インターンシップに参加した理由、きっかけ

元々銀行に就職したいと思っていたのがきっかけです。部活をしていたこともあり、実家がある鹿児島県の銀行のインターンシップに参加するのは費用的にも時期的にも厳しいと感じたので大学から近くにある関西アーバン銀行のインターンシップに参加し、銀行業務について詳しく理解できるようになろうと思いました。実際に、一般的には知られていない銀行業務について詳しく理解することもできましたし、自分が入校したらこういった銀行員になりたいと言う目標もできたので参加して良かったです。

インターンシップ参加のための選考や参加に向けて準備したこと

名刺作成

ES、面接の内容

面接の時に聞かれたのは、なぜ金融という職種に就きたいのか、どういったところに興味があるのかと言った面接内容でした。印象的なのは投資信託などの自社の商品を扱ったことがありますか。と言った質問でした。私は扱っておらず少しヒヤッとしたのを覚えてます。

インターンシップで体験した仕事内容

投資信託ゲームが印象的でした。投資信託ゲームとはまず、年表が配られます。その年表にはどの年代にどの様な経済変動があったかと海外債権、国内債権、海外株式、国内株式の株価が書かれています。例えば2008年リーマンショックにより株価大暴落。海外債権何%といったものです。グループで1000万円を何パーセントどれにかけるか決めて、全体の前で発表します。その後スクリーンにクジで引かれた年が何パーセントだったかと言うのを計算して1番得た金額が多かったチームに景品をプレゼントすると言った企画でした。
この投資信託ゲームをすることで投資信託はどの様な仕組みであるかとか、身をもって知ることが出来ました。
もう1つ印象に残っているのが滋賀県を復興するための企画をグループで考えて発表すると言った企画でした。グループで多かったのが忍者の里、伊賀があるという事で漫画、NARUTOの作者を滋賀県に招き滋賀県をモチーフにしたマンガをかいてもらったりイベントを企画したらどうかという案でした。この企画で利益を銀行に得ることが出来つつ滋賀県を復興させるといったウィンウィンの関係を考えることが出来るようになりました。

会員登録してインターンシップ体験談を見よう!
これより先をお読みになる場合には会員登録/ログインが必要です。
ログインbox背景

facebookでシェア twitterでシェア このエントリーをはてなブックマークに追加
大学生おすすめコンテンツ