住友電気工業のインターンシップ体験談

住友電気工業の短期インターンシップ体験談です。
短期インターンシップへの参加を検討している学生は、ぜひ参考にしてみてください!

インターンシップ体験談一覧

住友電気工業のインターン体験談
目次
  • 住友電気工業のインターンシップ(2022卒,12月)体験談
  • ├インターン、学生情報
  • ├インターンシップに参加した理由、きっかけ
  • ├インターンシップ参加のための選考や参加に向けて準備したこと
  • ├ES、面接の内容
  • ├インターンシップで体験した仕事内容
  • ├インターンシップで得たものや成長できた点
  • ├インターンシップの報酬
  • ├インターンシップ参加後の現在興味のあるor就職予定の仕事、その理由について
  • ├このインターンはどんな学生にオススメ?
  • └インターンシップに関する後輩へのアドバイス等
  • 住友電気工業のインターンシップ(2022卒,10月①)体験談
  • ├インターン、学生情報
  • ├インターンシップに参加した理由、きっかけ
  • ├インターンシップ参加のための選考や参加に向けて準備したこと
  • ├ES、面接の内容
  • ├インターンシップで体験した仕事内容
  • ├インターンシップで得たものや成長できた点
  • ├インターンシップの報酬
  • ├インターンシップ参加後の現在興味のあるor就職予定の仕事、その理由について
  • ├このインターンはどんな学生にオススメ?
  • └インターンシップに関する後輩へのアドバイス等
  • 住友電気工業のインターンシップ(2022卒,10月②)体験談
  • ├インターン、学生情報
  • ├インターンシップに参加した理由、きっかけ
  • ├インターンシップ参加のための選考や参加に向けて準備したこと
  • ├ES、面接の内容
  • ├インターンシップで体験した仕事内容
  • ├インターンシップで得たものや成長できた点
  • ├インターンシップの報酬
  • ├インターンシップ参加後の現在興味のあるor就職予定の仕事、その理由について
  • ├このインターンはどんな学生にオススメ?
  • └インターンシップに関する後輩へのアドバイス等
  • 住友電気工業のインターンシップ(2022卒,1月)体験談
  • ├インターン、学生情報
  • ├インターンシップに参加した理由、きっかけ
  • ├インターンシップ参加のための選考や参加に向けて準備したこと
  • ├ES、面接の内容
  • ├インターンシップで体験した仕事内容
  • ├インターンシップで得たものや成長できた点
  • ├インターンシップの報酬
  • ├インターンシップ参加後の現在興味のあるor就職予定の仕事、その理由について
  • ├このインターンはどんな学生にオススメ?
  • └インターンシップに関する後輩へのアドバイス等
  • 住友電気工業のインターンシップ(2021卒,8月)体験談
  • ├インターン、学生情報
  • ├インターンシップに参加した理由、きっかけ
  • ├インターンシップ参加のための選考や参加に向けて準備したこと
  • ├ES、面接の内容
  • ├インターンシップで体験した仕事内容
  • ├インターンシップで得たものや成長できた点
  • ├インターンシップの報酬
  • ├インターンシップ参加後の現在興味のあるor就職予定の仕事、その理由について
  • ├このインターンはどんな学生にオススメ?
  • └インターンシップに関する後輩へのアドバイス等
  • 住友電気工業のインターンシップ(2021卒,1月)体験談
  • ├インターン、学生情報
  • ├インターンシップに参加した理由、きっかけ
  • ├インターンシップ参加のための選考や参加に向けて準備したこと
  • ├ES、面接の内容
  • ├インターンシップで体験した仕事内容
  • ├インターンシップで得たものや成長できた点
  • ├インターンシップの報酬
  • ├インターンシップ参加後の現在興味のあるor就職予定の仕事、その理由について
  • ├このインターンはどんな学生にオススメ?
  • └インターンシップに関する後輩へのアドバイス等

住友電気工業のインターンシップ(2022卒,12月)体験談

インターン、学生情報

企業名住友電気工業株式会社
インターンシップ名
参加期間1日
参加時期大学3年生の12月
職種
大学名立命館大学
卒業予定年2022年

インターンシップに参加した理由、きっかけ

企業理解と業界理解が中心です。大学3年生の夏はまだ何もわからず、かつ自分がどの業界に行きたいのか、どんな仕事をしたいのか、あるいは何が自分に向いているのか技全くわからない状態でした。ただ、本社が大阪にあると言うことは絶対上限として持っていたので、大阪に本社のある大手を中心に受けて行きました。その過程で住友電工に応募したと言うきっかけがあります。また、自身は文系のため、恐らく総合職、その他かでも営業として働く確率が高いと考えていました。その点で、B2B業界でシェアトップの商品をいくつも持つ住友電工の社員の働き方を参加して深くまで知ろうと思いました。

インターンシップ参加のための選考や参加に向けて準備したこと

基本的には、その企業のアニュアルレポート等を読み、どのようなことをしているのかを事前に予習しました。

ES、面接の内容

内容はエントリーシートとwebテストのみでした。
エントリーシートの設問は、

①インターンシップに期待すること200文字、②学生生活で最も力を入れていることが200文字、③簡単に自己PRが200文字でした。 WEBテストはWEBテスティングでした。

インターンシップで体験した仕事内容

インターンシップで体験した内容は大きく分けて、①企業説明、②グループワークと発表、③社員座談会でした。
①について、住友電工がいかに社会に貢献しているのか、グローバルに展開しているのかを高シェア商品と絡めての講義でした。その規模の大きさや製品が使用されている分野の幅広さがとてもよくわかる講義でした。軽く質疑応答もありました。
②について、グループワークはこれまで住友電工が行ってきた海外での大規模プロジェクトに貢献した営業職の社員の体験を追体験すると言う形のワークでした。具体的には、プロジェクトに関わっていくにあたり、その時々にどのような意思決定を行なってきたのか、なぜその行動を取ったのかについてグループで議論し、全体で発表、話何度か繰り返しプロジェクト全体を理解すると言うものでした。住友電工は企業ホームページでこれまでのプロジェクトに関するidという紹介ページを設けており、その中にあるプロジェクトの一つでしたので、目を通しておくと良いです。
③について、ここでは国内の営業、人事、流通に関わる若手から中堅の方々との座談会でした。ざっくばらんになんでも答えてくれました。

インターンシップで得たものや成長できた点

住友電工がこれまで行ってきた世界規模でのプロジェクトについて、一社員の体験を追体験していくと言う形式はとても画期的であっただけで無く、それを文系、理系の学生が混じり合ったグループで議論できたことは、ことなく考え方や価値観を吸収できたためとてもいい経験でした。
総合職の中でも、特に営業として持つべき考え方やスキルだけで無く、世界で活躍するために人として持つべきことを一通り学べるインターンシップであったと感じています。

インターンシップの報酬

なし

インターンシップ参加後の現在興味のあるor就職予定の仕事、その理由について

この企業は自身のグローバルに活躍したいと言う考えにマッチする企業でしたので、その後の本選考にも参加しています。
最終内定企業ではありませんが、グローバルに活躍できるかどうかと言う点は同じく重視しており、それが叶う企業に就職予定です。

このインターンはどんな学生にオススメ?

グローバルに働きたい方、大きなプロジェクトに関わりたい方

インターンシップに関する後輩へのアドバイス等

参加するまでどのような内容かわかりませんので、アニュアルレポートや企業ホームページで大まかにどのようなことをしているのかだけは把握しておけば十分であると考えます。その上で、企業の全てを知ってやると言う気持ちで全力で楽しめばいいと思います。せっかく社会人がいて、専門分野の違う学生たちが集うインターンシップで自身の考えや意見を主張しないのはもったいないと思いますしとてもいい機会でもあると思いますので積極的にいくことをおすすめします。

住友電気工業のインターンシップ(2022卒,10月①)体験談

インターン、学生情報

企業名住友電気工業株式会社
インターンシップ名技術系3Daysインターンシップ
参加期間2日間
参加時期大学院1年生の10月
職種技術職
大学名、学部名三重大学、工学部
卒業予定年2022年

インターンシップに参加した理由、きっかけ

自動車業界に興味があり、自動車業界においてグループ企業ではなく、多種多様な完成車メーカーと取引を行うこの企業のものづくりに魅力を感じて、インターンシップに参加したいと考えました。また、このインターンシップ内容は新規事業立案型グループワークであり、このような形式の2日間のインターンシップに参加したことがなかったため、新規事業立案型グループワークにおける自分の新たな強みや特性を見つけたいと考えました。

インターンシップ参加のための選考や参加に向けて準備したこと

インターンシップでの選考がエントリーシートと適性検査だけであったため、エントリーシートの内容が重要であると考え、エントリーシートの内容を何度も添削してもらい、納得のいく形になるように仕上げました。インターンシップ当日までには、資料の配布があったため、資料に一通り目を通すようにしました。

ES、面接の内容

①あなたがインターンシップに期待することは何ですか。(100文字以上200文字以下)
②学生生活の中で

もっとも力を入れていることは何ですか。(100文字以上200文字以下)
③研究テーマのタイトルとその内容をご記載ください。(200文字以下)
④簡単に自己PRをしてください。(100文字以上200文字以下)
どの項目も文字数制限が少なめなので、簡潔にまとめることが重要であると感じました。

インターンシップで体験した仕事内容

インターンシップの形式としては、新規事業立案型グループワークでした。事前に資料を配布いただいており、そこにある選択肢をグループで話し合って選択していき、その課題に対して、グループなりのアイデアを用いて事業提案を行うような進め方でした。しかし、大まかな時間配分や進め方については、企業の方がスケジューリングしてくれており、そのスケージュールに沿って進めていけば問題はありませんでした。また、この企業の事業については、インターンシップのはじめに説明していただけるので、事前に準備する必要はありませんでした。しかし、製品については、自分たちで調査していく必要があったので、調べておくと良いと感じました。そして、インターンシップの最後にグループでの新規事業提案プレゼンテーションを行いました。プレゼンテーションでは、執行役員の方々から講評をいただき、優勝グループを決定します。そのため、グループワークだけでなく、資料作りにおいてもグループで注力する必要があるように思います。

インターンシップで得たものや成長できた点

インターンシップを通して、グループワークにおける自分の新たな強みを知ることができました。そして、自分の力をグループのために活かすことができるようになったと感じました。しかし、インターンシップを通して、企業の方々に質問できる機会がなかったため、この企業についてはあまり学べなかったと感じました。インターンシップのはじめに会社説明があり、そこで事業についてや大枠については知ることができましたが、技術職の方の仕事内容や雰囲気についてはもっと知りたかったと感じました。

インターンシップの報酬

なし

インターンシップ参加後の現在興味のあるor就職予定の仕事、その理由について

インターンシップ参加前から、就職活動の志望業界を自動車業界に絞っていたため、インターンシップ参加後も変化なく、自動車業界に絞って就職活動を進めていました。したがって、インターンシップに参加したことであまり変化は生じないと思います。

このインターンはどんな学生にオススメ?

日程が幾つかあったため、夏以外でもインターンシップに参加したいと考えている学生に合っているのではないかと思います。

インターンシップに関する後輩へのアドバイス等

このインターンシップはオンラインでの開催であったため、グループワーク中は、ブレークアウトルームを利用していたため、グループメンバーしか様子が見えません。しかし、かなりの頻度で企業の人事の方が様子を見に来てくれるため、グループワークでの積極性が評価されているように思いました。さらに、グループでの検討時間が少ないように感じたため、グループで役割分担をしっかりと行い、全員が積極的に意見を出すことが重要であると思いました。

住友電気工業のインターンシップ(2022卒,10月②)体験談

インターン、学生情報

企業名住友電気工業株式会社
インターンシップ名
参加期間1day
参加時期大学3年生の11月
職種事務系総合職
大学名、学部名関西学院大学、商学部
卒業予定年2022年

インターンシップに参加した理由、きっかけ

関西出身ということもあり、普段から「住友電工」という社名は耳にする機会が多かった。また、BtoBの企業を就職活動の中であまり重要視してこなかったので、toCにはない業務や働き方について理解を深める良い機会だと思い、インターンシップへの参加を希望した。また、会社として「選択と集中をしない」というモットーを掲げ、幅広い事業を展開しているので各事業についてもインターンシップを通じて理解を深めたいと考えた。

インターンシップ参加のための選考や参加に向けて準備したこと

インターネット等で情報収集、先輩にエントリーシートを添削してもらった

ES、面接の内容

エントリーシートの設問

・志望動機  200文字
・学生時代

力を入れて取り組んだこと  200文字
・自己PR  200文字

エントリーシートに加え、webテスト(SPI)も実施された。比較的オーソドックスな選考内容だったと思う。

インターンシップで体験した仕事内容

序盤は紹介や企業の説明がメインに行われていた。その後グループワークのテーマが発表され、そのテーマに基づいて各グループで議論を重ねた。今回のインターンシップで体験したワークは実際に起こった事例を元に作られたものだったので、非常にリアリティのあるワークだと感じた。そして、自分たちの発表が終わったのちに、社員の方から実際に当時の担当者がとった行動を紹介して頂き、業務に向き合う姿勢や視点について学びを深めることができた。その後は学生と社員との座談会が設けられた。仕事のやりがいやワークライフバランス、一日のスケジュールについて詳細に社員の方から教えて頂いた。社員の方との交流の中で住友電工の事業規模の大きさを理解することができ、BtoB事業ならではの社会貢献度の高さを認識することができた。世界シェア1位のワイヤーハーネスの重要性を認識し、社会貢献度と責任感を日々感じながら働くことのできる点に非常に魅力を感じた。また、文系の職種に関しても幅広い入口があり、自分の適性に合った職種を選択できる点もミスマッチを防ぐ有効な手段であると感じた。

インターンシップで得たものや成長できた点

企業の考え方や具体的な業務、キャリアについて理解を深めることができた。これまでの就職活動においては、比較的BtoCの企業を見ていることが多かったので、BtoBの企業で働くことの意義や魅力というものをこのインターンシップを通じて感じとることができた。また、世界シェア1位を獲得するほどの技術や海外展開の重要視など、会社全体の方向性や考え方についても学ぶことができたので、その点はとても貴重な経験になったと感じた。

インターンシップの報酬

なし

インターンシップ参加後の現在興味のあるor就職予定の仕事、その理由について

インターンシップ参加前は食品や日用品をはじめとしたBtoCのメーカーを中心に見ていたが、住友電工のインターンシップを経てBtoBの企業にも興味を抱くようになった。そのおかげで、就職活動の視野が広がったと感じている。

このインターンはどんな学生にオススメ?

BtoBの企業で働きたいと感じている学生

インターンシップに関する後輩へのアドバイス等

まずは、インターンシップに参加する前に企業が展開している様々な事業に関して理解を深めることが重要であると考える。今回のインターンシップに参加したからと言って目に見える形での優遇は存在していなかったが、その他のイベントにも積極的に参加しておくことが選考の際に有利になることは間違いないと考える。企業に対する志望度をとても重要視している会社なので、イベント・インターンシップは積極的に参加することをお勧めする。

住友電気工業のインターンシップ(2022卒,1月)体験談

インターン、学生情報

企業名住友電気工業株式会社
インターンシップ名
参加期間1日
参加時期大学3年の1月
職種総合職
大学名、学部名名古屋市立大学人文社会学部
卒業予定年2022年

インターンシップに参加した理由、きっかけ

以前、大学主催の合同企業説明会が開催されており、その時に住友電気工業について知りました。会社説明を聞いてみて、事業内容が自分自身のやりたいことと合致していることやグローバルに働くことが出来る点などに興味を抱きました。そのため、より具体的に業務内容や職種、働き方、会社のvisionや方向性など詳細なことを学ぶことで自身のキャリアビジョンを明確にしてみたいと感じ、インターンシップへの参加を決めました。

インターンシップ参加のための選考や参加に向けて準備したこと

企業研究はしっかりとしておきました。同社の営業スタイルをエントリシートに記載したところインターンシップへの参加に繋がったので、企業研究は大切だと思います。

ES、面接の内容

エントリシートの設問は以下の3点です。
①あなたがインターンシップに

期待することはなんですか。(100~200字)
②学生生活の中でもっとも力を入れていることはなんですか。(100~200字)
③簡単に自己PRをしてください。(100~200字)

インターンシップで体験した仕事内容

海外事業における営業職としてのあり方や価値観・どういった対応を取るべきかを学ぶワークが実施される。インターンシップの前半でグループワークの説明が行われた後、海外プロジェクトについての資料を各自で読み込む(この資料はインターンシップが開催される数日前に参加者にURLで送付されており、事前に目を通しておく必要がある)。各自で読み込んだ後、資料に記載されている内容や感じたこと・考えをチームで共有し、自分達だったらどういう対応をするべきかチームで考える。1グループ5~6人。
ワークは2回実施される。それぞれシチュエーションが異なるため、各フェーズの状況をチームで整理した上で最善策の対応策を考えることが求められる。
各ワーク後に各グループ発表をするが、特に優劣をつけることはない。発表が終わった後に社員から正解(実際に社員が取った行動)を提示され、なぜその行動をしたのか、そこに込められている企業としての想いなどを学んでいく。

インターンシップで得たものや成長できた点

ビッグプロジェクトに携わるためには、課題発見力・前に踏み出す力・異文化への対応力・突破力・チームワークと統率力を兼ね備えたリーダーシップを挙げていて、勇気を持って前へ進む人が会社の社風である「気骨のある異端児」だと感じた。住友電工は海外勤務や海外と関わる機会が多いからこそ、異文化理解や郷に入れば郷に従う精神が重要である。また、自発的に課題を発見して解決に向けて尽力する姿勢が若手には大切で、課題をいかにして解決できるかが重視されていると感じた。

インターンシップの報酬

なし

インターンシップ参加後の現在興味のあるor就職予定の仕事、その理由について

素材メーカーに興味を抱いています。
幅広い業界や企業に影響を及ぼすことが出来る社会的影響力の大きさ、海外でも活躍するチャンスがある点、社会基盤の源流となっている点に魅力を感じているため、興味を抱いています。

このインターンはどんな学生にオススメ?

グローバル志向のある学生

インターンシップに関する後輩へのアドバイス等

ワークを通して、住友電工で働く人の特徴やどんな風に成長してほしいのかを実践的に学ぶことが出来た。事業内容はもちろん、働き方をより重点的に知ることが出来たため、具体的な就職イメージや自身のキャリアビジョンをつかむことが出来た。
また堅い企業なのかなと思っていたが、人事の方を始め、先輩社員の方々はみなフランクに接してくださっていたので、質問などは積極的にしていくとより企業への理解度が深まると思います。

住友電気工業のインターンシップ(2021卒,8月)体験談

インターン、学生情報

企業名住友電気工業
インターンシップ名
参加期間3days
参加時期大学院1年の8月
職種総合職技術系
卒業予定年2021年

インターンシップに参加した理由、きっかけ

インターンシップを選ぶ軸としては、社会貢献というものがありました。社会貢献の中でも、日本だけでなく、世界に影響を与えられるような仕事をしたいと考えていたので、海外にも進出している自動車業界に注目していました。住友電気工業は自動車部品の中でもワイヤーハーネスに強みを持っていたので、自動車業界を知るうえで非常に参考になると思い、応募しました。また、完成車メーカーやほかの自動車部品メーカーのインターンシップも参加予定であったので、比較できるいい機会だと思っていました。

インターンシップ参加のための選考や参加に向けて準備したこと

ESがあったので論理的な文章を心掛けました。また、ウェブテストがあったので筆記試験対策しました。

ES、面接の内容

エントリーシートの質問の内容は

4つありました。
・あなたがインターンシップに期待することは何ですか?(200)
・学生生活の中でもっとも力を入れていることは何ですか?(200)
・技術系の方)研究テーマとその内容について教えてください。(200)
・簡単な自己アピールをしてください。(200)

インターンシップで体験した仕事内容

インターンシップの内容としては、グループワークで新規事業立案を考えました。
5-6人のグループでチームを組み、3日弱で新規事業立案をし、最終日の午後に発表という形です。ここで3日間のスケジュールを記載します。
初日:午前は班のメンバーと顔合わせして自己紹介をし合いました。午後から新規事業立案に向けてのグループワークを行い、夕方に人事と就職会社(リンクアンドモチベーション)の社員の前で中間発表を行いました。
2日目:終始グループワークをしました。タイムスケジュール等は完全に自由で、休憩時間等も特に指定はありませんでした。午前、午後に技術系社員3人に15分ずつ質疑応答の時間が設けられて、質問や事業案へのフィードバックをもらいます。
3日目:午前で最後の発表準備を行い、午後には部長級社員2人と人事の前でグループワークの課題をプレゼンします。これが終わった後に会社概要説明が行われて、最後に社員食堂で懇親会があります。

インターンシップで得たものや成長できた点

このインターンシップが同じメンバーで3日間新規事業立案するというものであったので、チームワークの大切さが必要であると感じました。そのため、グループ内のインターンシップ生と積極的に交流を図りました。インターンシップ初日の午前こそお互いに緊張し、ぎこちない感じでしたが、自己紹介など終えて盛り上がるとすぐに打ち解け、午後にはお互いに遠慮することなく、全員で議論を進めることができました。初日の夜にはグループのメンバーで居酒屋にも行きました。今回のグループワークのインターンシップを通して、円滑なコミュニケーションがグループワークをする上で欠かせないことを学びました。また、人生初の懇親会参加ということで、緊張しましたが積極的に社員の方と話せて、勉強になりました。

インターンシップの報酬

なし

インターンシップ参加後の現在興味のあるor就職予定の仕事、その理由について

就活の軸が、「世界への社会貢献」であったので興味がある業界としては、かなり幅広いです。その中でも特に、自動車業界やプラントエンジニアリング業界に興味がありました。自動車業界では、完成車メーカー・部品メーカーどちらもインターンシップ等に参加しました

このインターンはどんな学生にオススメ?

大企業志向、安定志向

インターンシップに関する後輩へのアドバイス等

今回のインターンシップに参加したことで、以前に参加した他の自動車部品メーカーとの比較ができたので非常に良かったです。自動車業界に興味がある人はぜひインターンシップに参加することをお勧めします。また、住友電気工業は自動車以外にも幅広い事業展開をしているので、幅広い分野の視点を技術に取り入れてより良い製品づくりに関わりたいと考えている学生の方にも向いていると思います。このインターンシップは新規事業立案で、正直結構大変な部分もありますが、グループで1つものを作り上げるという貴重な経験ができるので、チャレンジする価値はあると思います。

住友電気工業のインターンシップ(2021卒,1月)体験談

インターン、学生情報

企業名住友電気工業株式会社
インターンシップ名
参加期間1日
参加時期大学院1年生の1月
職種
大学名、学部名大阪大学大学院基礎工学研究科
卒業予定年2021年

インターンシップに参加した理由、きっかけ

1月ということもあり、業界自体は少しずつ絞り始めているという状況でした。そして、就職活動を進めるなかで、先輩に過去に参加したことのあるインターンシップについて尋ねました。その中で、本企業のインターンシップに参加したことがあると聞き、調べたことがきっかけです。すると、本インターンシップでは、企業説明や業務内容に関する説明だけでなく、工場見学をさせてもらえると知り、非常によい機会であると感じたため、参加したいと考えました。

インターンシップ参加のための選考や参加に向けて準備したこと

企業概要に関しては、ホームページで事前に調べました。

ES、面接の内容

事前にインターンシップ参加のためのエントリーシートの提出や面接というようなものは全くなく、

エントリーして日付を指定するのみでした。しかし、一応、応募者多数の場合は抽選がなされるという旨が記載されていました。

インターンシップで体験した仕事内容

まず最初に、プレゼンテーションにより、企業の説明と事業紹介があり、その中では、工場の場所や海外展開についてなどのお話がありました。その後、参加学生全員がいくつかのグループに分けられ、そのそれぞれのグループに若手の技術系社員の方が来られ、質問タイムが設けられました。社員の方は、様々な事業の社員の方が招集されており、あらゆる視点から日々の業務内容や福利厚生に関することや、また、就職活動時のことなど、実際の体験談を沢山語ってくださいました。その後、グループに分かれて、実際のモノづくりの現場である工場見学をさせていただきました。敷地内にある様々な建物内に案内してくださり、実際に製品が作られている工程を見せていただいたり、それぞれの訪問現場において、そこで専門的に働かれている社員の方が詳しい作業内容や苦労ややりがいなどを語って下さり、一日の業務内容やプランについて詳しく知ることのできる時間であったと思います。

インターンシップで得たものや成長できた点

工場見学をさせていただけたことが非常に大きかったと思います。働く規模や社員の方々の雰囲気を知ることができたからです。また、座談会で質問できたことも非常に大きかったです。様々な事業に携わる社員の方が参加してくださったということも非常に大きかったですが、1月ということもあり、業界を既に絞っていたり、第一志望であると言っている学生も非常に多かったので、参加学生の質問のレベルが高く、非常に会社に関して知識を深めることができた時間であったと思います。

インターンシップの報酬

なし

インターンシップ参加後の現在興味のあるor就職予定の仕事、その理由について

やはり現場で研究者として働くことに非常に興味を持ちました。工場見学の中で、実際に社員の方同士で指示を出し合ったり、話し合いをしている様子を見たり、その雰囲気を感じたりする中で、あのような現場で働くイメージを持つことができたことは非常に大きかったと思います。

このインターンはどんな学生にオススメ?

工場見学をしてみたいと考えている学生。

インターンシップに関する後輩へのアドバイス等

会社を実際に見せていただくという機会は限られていると思うので、もしチャンスがあるのであれば、積極的にそのようなインターンシップに応募してみるべきだと思います。また、参加学生はみんな就職活動に関してほとんど同じような悩みや不安を感じている場合が多いため、座談会などは、非常に有意義であると思います。自分がする質問だけでなく、周りの学生がした質問が自分の今後の就活において役に立ったと感じることは必ずあると思います。

住友電気工業株式会社の新卒・インターン関連募集
住友電気工業株式会社に関する情報


メーカー業界のインターン体験談の記事一覧
大学生おすすめコンテンツ