水戸証券のインターンシップ体験談

水戸証券の短期インターンシップ体験談です。
短期インターンシップへの参加を検討している学生は、ぜひ参考にしてみてください!
インターンシップ体験談一覧

インターンシップ体験談
目次
  • 水戸証券のインターンシップ(2019卒,8月)体験談
  • ├インターン、学生情報
  • ├インターンシップに参加した理由、きっかけ
  • ├インターンシップ参加のための選考や参加に向けて準備したこと
  • ├ES、面接の内容
  • ├インターンシップで体験した仕事内容
  • ├インターンシップで得たものや成長できた点
  • ├インターンシップの報酬
  • ├インターンシップ参加後の現在興味のあるor就職予定の仕事、その理由について
  • ├このインターンはどんな学生にオススメ?
  • └インターンシップに関する後輩へのアドバイス等

水戸証券のインターンシップ(2019卒,8月)体験談

インターン、学生情報

企業名水戸証券株式会社
参加期間5日間
参加時期3年生の夏休み
大学名、学部名日本大学 経済学部
卒業予定年2019年

インターンシップに参加した理由、きっかけ

もともと金融業界に興味があったため参加した。学生時代に株式投資やFX投資、ビットコインなどで資産運用の経験があったため、インターンの実施プログラムの中の東京証券取引所見学や模擬株式投資ゲームなどにとても強く魅かれたこともインターンに参加した理由の一つである。また大学にインターンのお知らせが来ていたため、お知らせが来ると言うことは、私の大学からでも、就職の内定を取ってくれる可能性があるのだとその当時は思い、少しでも人事の方に媚びを売っておこうと思ったから。

インターンシップ参加のための選考や参加に向けて準備したこと

インターンに行く会社のホームページを読んだり、その業界のことについての予備知識をつけるため、業界研究をした。

ES、面接の内容

『ESの内容』
私の最大の強みは心の強さ、

鉄の心を持っていることです!
以前の私は、好奇心旺盛だったものの、消極的で引っ込み思案な性格から、嫌なことから逃げたり、チャンスを逃したりと、後悔の連続をするタイプの人間でした。

そんな自分を変えるために、現在まで約2年間ボイトレスクールに通っております!大学生活では、かつての自分では絶対やらない(またはやれない)ようなことにチャレンジしていきたいと大学入学前に決意しました。これはその1つです。自分の大好きな音楽を通じて人前に立ち、懸命に緊張や不安を飼い慣らしながら、何度もライブやMCをしてきた経験はいつしか自分への信頼と自信、心の強さに変わっていました!

現代社会で生きていくために私が最も必要だと考えている『心の強さ』を身につけた今の私であれば、あらゆる困難、障害に逃げることなく立ち向かい、それを乗り越えられる自信と強さがあります!

インターンシップで体験した仕事内容

某証券会社 5DAYS

1日目
講義形式で基礎的な金融の知識や証券会社での仕事内容、会社の概要についてなどを学ぶ。座学中心

2日目
・日経新聞の読み合わせ
・東京証券取引所見学
・株式模擬売買ゲーム
・社内見学

3日目
・日経新聞読み合わせ
・株式模擬売買ゲーム
・内定者と座談会

4日目
・日経新聞読み合わせ
・株式模擬売買ゲーム
・営業業務の模擬体験

5日目
・日経新聞読み合わせ
・株式模擬売買ゲーム
・就活をする上で必要なもの、得られるもの、就活の本当の意義についてのグループプレゼン

『1日目』
学生さんであれば誰もが経験するであろう座学授業の形式で、金融業界の仕事内容について勉強しました。経済学部の学生さんで、真面目に勉強している人には少し退屈な学習内容となります。主に銀行、証券会社の仕組みについてです。
『2日目』
日経新聞を各自で持参し、グループごとに気になったニュースをみんなの前で発表した。株式模擬売買ゲームでは実際の株式市場の株を仮想のお金を使って、株式投資の経験をします。
『3日目』
内定者との座談会ではみんなで企業さんが出してくれた、ピザやポテトなどの食事や飲み物を飲みながら、情報を共有しあった。

『4日目』
営業業務の模擬体験では、2人組のチームを何組か作り、お客さん役と企業さん役の2つに分かれて、実際にお客さんから契約を取るといったゲームをした。

『5日目』
グループプレゼンでは、5人のグループを作り、即興で就活をする上で必要なもの、得られるもの、就活の本当の意義について考え、人事や部長の前で発表した。

インターンシップで得たものや成長できた点

経済学部在籍の私は普段から金融系の勉強をしていた故、知識には自信があったが、大学で勉強するものなど一部にすぎず、自分がいかに金融業界について無知だったかを知る。株式模擬売買ゲームにて社会情勢と株の密接な関係を知り、それを知っていて理解していたとしても、株式売買の難しさを知る。営業業務の模擬体験ではコミュニケーション能力大事さを学ぶ。自分の提案を押し付けるのではなく、むしろ相手の話を聞く力の重要性を知る。最終日のプレゼンでは限られた時間の中で素早く自分の考えをまとめ、チームで意見を出し合いそれをさらにまとめることが大変だった。チームワークの重要性やとっさの対応力、プレゼン能力の向上につながる。

インターンシップの報酬

無し

インターンシップ参加後の現在興味のあるor就職予定の仕事、その理由について

インターンシップ自体は金融業界であったが、インターンシップの実施プログラムを遂行していく過程の中で、パソコンやインターネットを使用する場面が何度もあった。現代社会においてパソコンが使えない人間は、生き残れないなと確信し、IT業界に興味を持った。

このインターンはどんな学生にオススメ?

金融業界に興味がある人、金融業界に就職を考えている人、プレゼンの能力を向上させたい人、証券会社の職場環境について知りたい人、営業職に興味がある人、グループワークの練習をしたい人、実際に模擬営業体験をしてみたい人にオススメ。

インターンシップに関する後輩へのアドバイス等

この先、現代社会においては、機械のAI化や物のIOT化が進んでいき、ますます情報化社会が進んで行きます。
私個人の考えでは金融業界はAI化による人員削減が始まり、昔ほど、安定した職種ではなくなると考えております。現代社会で生き残るためには、どんな職種がこれから生き残るのか、そのためには自分にはどんなスキルが必要なのかを明確に自分なりに考え、勉強しておく必要があります。でも、そんなことわからないよって言う学生さん、是非インターンシップに参加してみてください。インターンシップは自分自身の将来に対する迷いを取り除くことのできる一つのツールです!


facebookでシェアtwitterでシェアこのエントリーをはてなブックマークに追加


金融業界のインターン体験談の記事一覧
大学生おすすめコンテンツ