メリルリンチ証券のインターンシップ体験談

メリルリンチ日本証券の短期インターンシップ体験談です。
短期インターンシップへの参加を検討している学生は、ぜひ参考にしてみてください!

インターンシップ体験談一覧

メリルリンチ日本証券
目次
  • メリルリンチ日本証券のインターンシップ(2020卒,8月①)体験談
  • ├インターン、学生情報
  • ├インターンシップに参加した理由、きっかけ
  • ├インターンシップ参加のための選考や参加に向けて準備したこと
  • ├ES、面接の内容
  • ├インターンシップで体験した仕事内容
  • ├インターンシップで得たものや成長できた点
  • ├インターンシップの報酬
  • ├インターンシップ参加後の現在興味のあるor就職予定の仕事、その理由について
  • ├このインターンはどんな学生にオススメ?
  • └インターンシップに関する後輩へのアドバイス等
  • メリルリンチ日本証券株式会社のインターンシップ(2020卒,8月②)体験談
  • ├インターン、学生情報
  • ├インターンシップに参加した理由、きっかけ
  • ├インターンシップ参加のための選考や参加に向けて準備したこと
  • ├ES、面接の内容
  • ├インターンシップで体験した仕事内容
  • ├インターンシップで得たものや成長できた点
  • ├インターンシップの報酬
  • ├インターンシップ参加後の現在興味のあるor就職予定の仕事、その理由について
  • ├このインターンはどんな学生にオススメ?
  • └インターンシップに関する後輩へのアドバイス等

メリルリンチ日本証券のインターンシップ(2020卒,8月①)体験談

インターン、学生情報

企業名メリルリンチ日本証券
参加期間3日間
参加時期2018年8月
卒業予定年2020年

インターンシップに参加した理由、きっかけ

外資系金融に関して特に強い興味を持っていたので、日程が被らない範囲で外資系金融会社のインターンシップ選考を受けました。その中でここのインターンシップに応募した理由は大きく2つあります。一つ目が選考に関係しうるという点です。そして2つ目が短い日数の中で証券業務に関して理解することができるという点です。この2つのことを、就活サイトなどを見てここのインターンシップは満たすと把握したので選考に応募しようと決意しました。

インターンシップ参加のための選考や参加に向けて準備したこと

英語面接があると聞いていたため、英語を話す準備も行いました。

ES、面接の内容

ES:インターンの志望動機、就職先に期待すること、

学生時代に力を入れたこと・アピールポイント(日本語・英語両方)、面接:集団面接+グループディスカッション(自己紹介から気になったことの深掘り、AIによってなくなる職業は)

インターンシップで体験した仕事内容

主にデスクローテーションがメインのインターンシップでした。実際に社員さんが働かれている現場のデスクに少人数ずつ配属されて30分ほど話を伺い、その後また別のデスクに行くという流れです。ただ、初日はグループワークが中心でした。具体的には、株や債券に関するトレードアイデアについて、5~6人のグループで考えるというものでした。このグループワークに関しては、初日の最後の時間に考えたトレードアイデアを多くの社員さんの前でプレゼンする機会がありました。また、トレーディングゲームというものも行いました。これは、実際のマーケットに対する対応の仕方を仮想的に学べるもので、グループ内でカードなどを用いて取引をしていき、最終的に一番儲かった人の勝ちというものでした。どの社員さんも学生の話を親身に聞いてくださり非常に雰囲気は穏やかでした。そのため、そこまでものすごく評価されている感じはないインターンシップでした。

インターンシップで得たものや成長できた点

外資系金融の仕事内容に関して深く学ぶことができた。まず始めに、トレードアイデアを考えるというグループワークがあったため早くから証券業務に関して理解することができました。また2日目、3日目ではデスクローテーションの時間が長く取られており、ほとんどの部門のほとんどの職種の社員さんとお話をする機会があったため、職場の雰囲気や社員さんの雰囲気を感じ取ることができました。また、思ったよりもコミュニケーションを重視しているということも学ぶことができた。外資系金融というとコミュニケーションというよりも個人個人がひたすら目標に向かって一人で努力し続けるというイメージを持っていましたが、どのようにチームとして成果を出すかということに対しても力を入れていると感じた。

インターンシップの報酬

なし

インターンシップ参加後の現在興味のあるor就職予定の仕事、その理由について

外資系金融会社の志望度が非常に上がりました。まず外資系金融はガツガツしていて個人主義だというイメージを持っていたが、思ったよりもコミュニケーションが大切な職場であるということが感じられました。また、どの社員の方も楽しそうに仕事をしているとともに、学生の話を親身に聞いてくださる優しい方が多いと感じたので企業に対しての印象は大きく変化しました。自分自身一人で何かに対して努力していくというより、チームで働くことを重視していたので、このようなことが分かり志望度は上がりました。

このインターンはどんな学生にオススメ?

外資系証券会社を志望している人

インターンシップに関する後輩へのアドバイス等

外資系金融業界に興味を持っている人はたくさんの外資系金融会社の夏インターンに応募するのが良いです。その中でもこのインターンは参加できる人数がそこまで多くないことから、綿密にインターンシップに励むことができるとともに、優秀な学生から刺激を受けることができます。面接などで、リーダーシップをたくさん発揮するというより、協調性を持ったコミュニケーションをしていれば合格できると思います。ぜひ頑張ってください。

メリルリンチ日本証券株式会社のインターンシップ(2020卒,8月②)体験談

インターン、学生情報

企業名メリルリンチ日本証券株式会社
インターンシップ名
参加期間3日間
参加時期3年生8月
職種投資銀行部門
大学名、学部名早稲田大学法学部
卒業予定年2020年

インターンシップに参加した理由、きっかけ

私は当初から、総合商社を目指して就職活動をしていましたが、商社にはサマーインターンが無いため、ウィンターインターン応募の際にエントリーシートにインターン参加歴を記入することで少しでも箔付けになればなという想いと、 単純にいわゆる選考難易度が高いところを受けて力試しをし、優秀な学生や社員の方々と関わる経験がしたかったので、外資系投資銀行やコンサルティングファームはほぼ全ての企業にエントリーをしました。

インターンシップ参加のための選考や参加に向けて準備したこと

業界研究、企業研究

ES、面接の内容

・エントリーシート
志望理由(300字)
学業やゼミ、

クラブ活動などの経験に基づいて個人またはチームによって成し遂げたこと、得たものなどのセールスポイント(300字)
就職先に期待すること(300字)
・面接
アイスブレイクのあと自己紹介
ESに沿って志望動機、学生時代に力を入れたこと、その深掘り(10分)
その後志望動機などの部分を詰められる質問(5分程)
「就職先に期待すること」という質問で書いたことに対して、「それってコンサルじゃダメなの?」といったオーソドックスな詰め方。
ここで論理が通ってないことを言うと、かなりしつこく詰められていた。

インターンシップで体験した仕事内容

・全部で48名参加。6人グループが8個ある。グループでは男女比は4:2が多かった。
・配布資料→バリュエーション資料、PIB、対象企業の中期経営計画、決算資料、アナリストレポートなど。持ち出しはPIBのみ可。
・1日目の最初にMDから挨拶→IBDの説明→バリュエーション講義。ここでお昼。午後は課題発表→課題企業業界レクチャー→グループワーク。
バリュエーション講義は資料が非常に充実しているが持ち出しは禁止。
スピードが速く用語など、最低限の知識がないとついていけない。
・2日目は午前に資本市場部門の説明がある以外はグループワーク。
・3日目もグループワークで午後から全チーム合同で課題発表→講評→MDからの話→アンケート→懇親会。
・ジョブ中は同じ部屋に常にジュニアの採用チーム8人程がいる。グループ間を回っており、質問があれば随時という形。
積極的にここで質問をすることがアピールに繋がる。
・1日目、2日目ともに夕方にレビューセッションというものがあり、採用チーム3人程に現時点での課題進捗を発表し、突っ込んでもらい一緒に今後の動きを考える。
・ワークの進め方は完全にチームに任せられる。
・発表は、シニアが8人程対象企業の役員という設定できて、そこに向かって各チーム順番にプレゼンをする。
チーム全員が1回は話すようにという指示があり、話す前に名乗る。
質疑応答ではシニアからのみの質問で、かなりバリュエーション周りを詰められる。
懇親会で上位3チームが発表され、ノベルティをもらう。

インターンシップで得たものや成長できた点

IBDについてまず詳しい説明があったので、更に詳しく仕事について理解することができた。
また、社員はやはり皆さん非常に頭の回転が速く優秀だなという印象を受けた。
学生はこのインターンが初めてだという人がほとんどだったため、みんな手探りだったが、ここでワークの進め方を理解できたことが、そのあとの他インターンでも役に立ったので、8月頭に開催されるこのインターンに参加できたことは大きな収穫だった。
社員さんの話を聞いていると、学生時代の専攻とは全然関係なく、今の仕事をしている方が多いことにも驚いた。
また、女性は数少ないものの、しっかり活躍しており、女性の活躍ということが全体で意識されているんだなと知ることができた。

インターンシップの報酬

なし

インターンシップ参加後の現在興味のあるor就職予定の仕事、その理由について

変わらず総合商社を志望し、就活をしており、内定を頂いたため入社を決めました。
特定のやりたいことが無い自分にとっては、
世界中で様々なビジネスを展開している商社の選択肢の広さは魅力でした。
一番の決めてになったのは、出会った社員さんたちです。
かっこつけていないのに、仕事への情熱がにじみ出ていてかっこいい社員さんにあこがれ、商社に決めました。

このインターンはどんな学生にオススメ?

外銀・コンサル志望はもちろん、とにかく優秀な人たちとワークがしたい人

インターンシップに関する後輩へのアドバイス等

外資系投資銀行のインターンというと、非常にハードルが高く感じるかもしれません。実際私も自分が参加できるとは思っていませんでしたが、しっかり準備すれば参加することはそこまで難しくありません。
インターンに参加できるとやはり、頭の回転が速く、優秀な学生ばかりなので、そこで頭1つ抜けて活躍することが最も難しいと思います。
積極的に自分をアピールしていかないと、その先には繋がらないと思うので、恐れず社員と仲良くなってください!
成長できるインターンなのでぜひ参加してください!


facebookでシェアtwitterでシェアこのエントリーをはてなブックマークに追加


金融業界のインターン体験談の記事一覧
大学生おすすめコンテンツ