日本郵政グループのインターンシップ体験談

日本郵政グループの短期インターンシップ体験談です。
短期インターンシップへの参加を検討している学生は、ぜひ参考にしてみてください!
インターンシップ体験談一覧

インターンシップ体験談
目次
  • 日本郵政グループのインターンシップ(2019卒,12月)体験談
  • ├インターン、学生情報
  • ├インターンシップに参加した理由、きっかけ
  • ├インターンシップ参加のための選考や参加に向けて準備したこと
  • ├ES、面接の内容
  • ├インターンシップで体験した仕事内容
  • ├インターンシップで得たものや成長できた点
  • ├インターンシップの報酬
  • ├インターンシップ参加後の現在興味のあるor就職予定の仕事、その理由について
  • ├このインターンはどんな学生にオススメ?
  • └インターンシップに関する後輩へのアドバイス等

日本郵政グループのインターンシップ(2019卒,12月)体験談

インターン、学生情報

企業名日本郵政グループ株式会社
インターンシップ名グループワークを通じて新商品を企画しよう
参加期間1日
参加時期3年生の12月
大学名、学部名立正大学、経営学部
卒業予定年2019年

インターンシップに参加した理由、きっかけ

OB訪問を通じて実際に日本郵政グループに入社した先輩に仕事内容や実際の業務について話を伺ったことで興味を持ったことがきっかけでした。また、インターンシップを通じて実際に働いている社員さんの生の声も聞くことができ会社のイメージや特徴を掴むことができると感じ、もっと日本郵政グループについての情報を得たいと思い参加を決めました。他の企業の先輩のOB訪問を行った際にはインターンシップを通じてグループワークで目に留まった学生は本選考に有利という話も聞いていたので積極的にインターンシップに参加するようにしていました。

インターンシップ参加のための選考や参加に向けて準備したこと

グループワークを通じて最終的に班ごとに発表を行うことを知っていたので1つ上の兄にグループワークのコツやしてはいけないこと、したほうがいい役割など細かく質問をするようにしました。また、大学でもグループワークの練習を定期的に開催していたので積極的に参加するようにし、同じサークルの先輩にもコツを伝授していただきました。

ES、面接の内容

自己PR、大学生時代に一番力を入れたこと、志望理由についてのESを記入し通った人がwebテストを行いました。その後面接を行い自分の長所や短所、ESの深掘りを中心に質問されました。圧迫感はあまりなく比較的に穏やかな面接といった印象を受けました。

インターンシップで体験した仕事内容

初めにグループごとに自己紹介を1分ずつ行いその後グループワークに取りかかりました。制限時間は1時間30分でお客様の特徴にあった商品を企画していきます。とにかく時間が足りなかったため、真剣にメンバーと協力しながら取りかかりました。企画案が出ずに困っているときは人事の方が毎回助けて下さり何とか進めていくことができました。私たちのグループは家族構成が父・母・子供・祖母・祖父だったのですが一人一人の悩みやニーズに合う最適な商品を提案しなくてはならなかったので実際にその人と同じ気持ちに立って考えるように努力しました。時間が足りないときにどういった行動をとるのか、メンバーとの協調性などを見られているように感じました。グループワークのあとは発表を行いました。1班3分の発表のため、いかに簡潔に分かりやすく伝えることができるのかを意識してメンバーと相談し発表しました。最後に実際に働いている社員さんへの質問コーナーが用意されており、大変なこと、やりがいや将来の目標などを沢山質問することができました。インターンシップのあとも質問がある人に対して時間を延長していただき、不安が残らないようにと丁寧に対応して頂きました。

会員登録してインターンシップ体験談を見よう!
これより先をお読みになる場合には会員登録/ログインが必要です。★★
ログイン会員登録
ログインbox背景

facebookでシェアtwitterでシェアこのエントリーをはてなブックマークに追加
大学生おすすめコンテンツ