サイバーエージェントのインターンシップ体験談

サイバーエージェントの短期インターンシップ体験談です。
短期インターンシップへの参加を検討している学生は、ぜひ参考にしてみてください!
インターンシップ体験談一覧

サイバーエージェント

サイバーエージェントのインターンシップ(2021卒,9月)体験談

インターン、学生情報

企業名サイバーエージェント
インターンシップ名ドラフト&イタダキ選考インターン
参加期間3日間
参加時期大学3年の9月
職種総合職
大学名、学部名同志社大学
卒業予定年2021年

インターンシップに参加した理由、きっかけ

・エンカレッジの担当メンターにCA主催のイベントへの参加を勧められたため。
・交通費が出るため。
・インターン中に評価されると聞いたため。
・本選考で有利になると聞いたため。
・業界について理解を深められると思ったため。
・知り合いの先輩などで内定者の方がいてこの会社に興味を持ったため。
・IT業界を志望していたため。
・電通や博報堂に比べてインターネット広告という伸びる市場で同業他社に比べてシェアを取っているため。

インターンシップ参加のための選考や参加に向けて準備したこと

特になし。むしろ即戦力や応用力をみられているように感じる。

ES、面接の内容

【ES】
Q「ビジネスコースオンライン会社説明会動画」を視聴し、その感想を教えてください。(200文字以上300字以内)
A「営業職がどのような戦略と階層構造でセールスをおこない消費者まで広告を届けているか」、

「プロジェクトをどのような役職の人々が何の役割を担いながら進めているか」といった説明が詳細に語られていたため他企業の事業説明でとどまってしまう企業説明会とは一線を画しており、御社について詳しく知ることができた。そのため、ほかのどの企業よりも自分が働いている姿をより明確にすることができ、下記に示したビジョンの実現に必要な具体的なプロレスを描くことができた。また内定者時代から子会社の社長を任される例もあるとわかり、ベンチャー企業でボードメンバーとして事業を創った経験があるのでそれを活かすことができるのではと期待に胸が膨らんだ。

インターンシップで体験した仕事内容

【インターンで取り組んだ課題・業務の具体的な内容】
サイバーエージェントのとある子会社の新規事業をその子会社の強みを活かして立案するワーク。
中期経営計画ほどたいそうなものは作らなくてもいいが、その会社のメイン事業として走らせることができる前提のクオリティのものを目標とする。
【ワークの具体的な手順】
・チームでアイスブレーキング
・アイデア出し
・FBを社員の方からいただく
・ブラッシュアップ
・パワポ作成
・発表
※注意
基本的に夜は徹夜が前提です(社員さんもつきます)。漠然としたお題ということもありタイムスケジュールを立てようにも立てれませんし案が思いついて審査員に提案すると大体却下されます。強い根気でどこまで粘れるのかをみているような気がしました。インターンでいい評価を得たいと思う学生やサイバーエージェントの内定を取りたいと思う学生は参加予定の人は体調を万全にして参加することをお勧めします。

インターンシップで得たものや成長できた点

全体的にビジョンと当事者意識をとにかく大事にしている。
新規事業のアイデアをメンバー同士で話し合っているときから最後に立案発表するときまでこの二つがとにかく重要視されていた。
発言の節々に「他人事感」を意識させるような言葉を使っていないか気にするとよい。
インターン中の学生同士は非常に密接にかかわる。メンバー同士はもちろんのことほかのチームの学生とも交流できる時間が懇親会以外にある。
社員の方も本当にまっすぐ向き合ってくださる方ばかりで非常に親切に相談に乗ってくれる。

インターンシップの報酬

なし

インターンシップ参加後の現在興味のあるor就職予定の仕事、その理由について

IT企業(外資、日系大手、メガ、ミドル、スタートアップ)
コンサルティング会社
ハウスメーカー
自動車メーカー
化粧品メーカー
化学メーカー
消費財メーカー
⇒多くの人に価値提供ができる業務を行っているから。

このインターンはどんな学生にオススメ?

キラキラして働きたい学生。
メガベンチャー志望の学生。

インターンシップに関する後輩へのアドバイス等

・チームワークやその中での立ち位置をみられる。
・やる気やアントレプレナーシップがあるか。
・話す内容に原体験とのつながりがあるか。
・ファーストインプレッションやコミュニケーションが円滑か。
↑このあたりが面接などの選考やインターンの最中に人事や社員の方が重要視している項目です。内定を取りたい、と考えている学生は上記の点を意識してインターンシップに参加するとよいと思います。
また、参加することで社風がわかるのでおススメです。

サイバーエージェントのインターンシップ(2021卒,10月)体験談

インターン、学生情報

企業名サイバーエージェント
インターンシップ名
参加期間2日間
参加時期大学三年生の10月
職種ビジネス職
大学名、学部名早稲田大学商学部
卒業予定年2021年

インターンシップに参加した理由、きっかけ

このころは、広告業界の中でも特にweb広告業界に興味がありました。そのため、サイバーエージェントはweb広告業界で最大手だったため受けました。さらに知名度ならびに、選考もトライアウトと呼ばれる変わったものがあるなど難易度も高いです。そのため、他社の選考を受ける中で、「他にどのような会社のインターンに行ったの?」と聞かれた際に、「サイバーエージェントです」と答えることにより、この子すごいなと思わせる効果もあります。

インターンシップ参加のための選考や参加に向けて準備したこと

トライアウトなど、サイバーエージェントならではの特殊な選考があるので、先輩に聞いたり、過去の体験談を読んだりしてイメージをつけてから行きました。

ES、面接の内容

トライアウト(1次選考)
個人面接(2次選考) 自己紹介を簡単にしてください。それに対しての

深掘りを少し
自分の長所と短所をそれぞれ教えてください。
挫折経験はあるか、それをどうやって乗り越えたのか。

インターンシップで体験した仕事内容

テーマ:某ブランドの特定の期間の売り上げを伸ばす施策を考えましょう

1日目
全体に向けてそれぞれ自己紹介(インパクトがあるとよい)、モチベージョングラフを使ったグループでの自己開示ワーク、マーケティングフレームワークを用いた分析、自社の調査、ボトルネック探し、メンターとの面談

2日目
アイデア出し、パワポ作成、発表練習、コンペ形式でのプレゼンテーション、お酒や軽食が出る懇親会
人事やメンターとの面談

全体的に、優勝するぞ!という気迫があったように感じられます。実際、オールでワークしたグループも少なくありません。そもそもサイバーエージェントの選考をかいくぐってきた人はそのようなタイプの人が多いです。オールになる班も少なくないと思うので、前日はしっかり寝ましょう。
各チームには、メンターとなる社員さんが2人程度つくので、その社員さんをいかにワークに巻き込めるかが勝敗のカギになっていると言っても過言ではないと思いました。

インターンシップで得たものや成長できた点

課題の本質を見つけることの難しさと大切さを学びました。表面的な課題は出てきやすいですが、いかに深掘りをし、課題の本質を見つけられるかが大切だと感じたからです。
また、チームでの共通認識の重要さも学びました。抽象的な言葉が出てきたときに定義を怠り認識齟齬ができたり、今誰が何をやっているのか把握できず無駄な時間ができてしまったりしたからです。 サイバーエージェントのインターンは熱く、やり切る力はつきます。

インターンシップの報酬

なし

インターンシップ参加後の現在興味のあるor就職予定の仕事、その理由について

現在は、web広告業界というよりも、デジタルマーケティング全体ができる会社を見るようになりました。というのも、web広告はあくまでもマーケティングの中の1つの手段でしかなく、他にも様々なことができるのにweb広告だけに絞ったらクライアントのためにならないと思ったからです。

このインターンはどんな学生にオススメ?

アツい環境が好きな人

インターンシップに関する後輩へのアドバイス等

サイバーエージェントのインターンは、メンターが親身になって指導してくださいます。また、面談がインターン中に多くあり、一人一人をしっかりとみて適切なアドバイスをしてくれることを実感しました。ここまで個人を見てくれるインターンはなかなかないので、いい経験になりました。交通費やお昼なども出たので、お金の心配もいりませんでした。選考は珍しい形式ですし、なかなか受けるのにハードルが高いと思いますが、頑張ってください。

サイバーエージェントのインターンシップ(2019卒,8月)体験談

インターン、学生情報

企業名株式会社サイバーエージェント
参加期間1週間
参加時期大学3年生の夏休み
大学名、学部名慶應義塾大学文学部
卒業予定年2019年

インターンシップに参加した理由、きっかけ

小さいころからパソコンに触れることがとにかく好きで大学入学時には将来はIT業界で仕事をしたいと思っていました。そんな中で出会ったのがサイバーエージェントの藤田社長です。著書の「渋谷で働く社長」を読ませていただき、当時の藤田社長は自分とそう年が変わらないのにも関わらず圧倒的な行動力でIT業界を改革していく姿に感動しました。自分もいずれはそんな風に社会に貢献できるような人材になりたく、この会社ならそれが叶えられると思って応募させていただきました。

インターンシップ参加のための選考や参加に向けて準備したこと

私自身、サイバーエージェントのインターンが初めてのインターン体験となるので、何をすればいいのかわからない、どうやってみんなの意見をまとめればいいのだろうか等ずっと悩んでおりました。なので大学のサークルの友達に手伝ってもらったり、家族にもプレゼンの発表を見てもらったりしてもらいました。

ES、面接の内容

まず最初に気をつけてほしいのが、企業によって振る舞い方は変わるということです。決まった解答はなく、

それを踏まえた上でお話させていただきます。ESと面接はセットです。面接で自信を持って話せることだけをESで書きましょう。人事が最も惹かれる点というのはその人が最も生き生きとしている時なのです。また、一貫性のないことを伝えるのは致命的ですので、自分という人間が伝わりやすいように準備し、相手に分かりやすい言い回しやフレーズもこだわりました。

インターンシップで体験した仕事内容

まず、驚いたのが想像以上に上下関係がフラットだったことです。これは自分にとっては本当に嬉しい発見でした。ベンチャーにはしっかりとした評価制度があると良く言われます。風通しが良くて肩書きに左右される事無く、実力がしっかり評価される体制があるという解釈でしたが、サイバーエージェントに関しては正にそうだと思います。アルバイトといえども本当に一人の社員として見てもらっています。正社員じゃないからといって下手な案を提出したら怒られる。逆にいいモノを出したらホントに実現しようとしてくれる。ぬるい仕事ばかり与えるのではなく責任感のある仕事を振ってくれ、ちゃんと評価してくれる。その中でしっかりフィードバックを与えて成長を促してくれるのがこの会社の魅力だと思います。
またインターンシップではチーム毎のコンペがあって、そこで優秀賞を受賞しました。チームメンバーに恵まれ、また社員さんともたくさん交流できたことで、会社の雰囲気と自分が合うのではないかと感じていました。その後、秋に行われた数日間のインターンシップへの参加を経て、3年の年末に面接を受けました。それが最期の面接なのかどうかが分からない状態で臨みましたが、その場で「一緒に頑張りましょう。」と言われ、胸にジーンときたことを今でも覚えています。僕は当初からこの会社にに行くと決めていたので、ここで僕の就活は終了しました。

インターンシップで得たものや成長できた点

自分たちのチームはメディア事業案をプレゼンしました。インターネットのメディアで、いわゆるお一般層に向けたキュレーションのメディアです。。また、周りがすごく積極的だったので、自分は俯瞰的にチームをみていました。アイディアは多く出るのですが、まとまらなくなることが多かったので、そこをまとめる役割をしていました。自分としては、「僕がリーダーだ!」という意識はなかったのですが、後ほどのメンターの方からのフィードバックでは、「メンバーからも信頼されていたし、もっと強気でいなよ」と言われ、リーダーとしての意識を持つことが出来るようになしました。

インターンシップの報酬

無し

インターンシップ参加後の現在興味のあるor就職予定の仕事、その理由について

元々オタク気質なところがあり、幼いころからよくゲームをしていました。サイバーエージェントは、ブログサービスなどを運営するメディア事業や、インターネット広告事業のイメージが強いと思いますがゲーム事業も近年では手掛けて売り上げを伸ばしています。ゲーム事業は、市場規模も大きく、ヒットサービスをつくれれば市場に対して大きなインパクトが出せるのでいずれは自分でもそういう事業を担っていけるような人材になりたいと思っています

このインターンはどんな学生にオススメ?

サイバーエージェントのインターンシップでは、役職者など活躍している方々がメンターについてくださります。実際に私のチームのメンターは子会社社長と役員の方々でした。そういった方々のフィードバックを受けることができます。私自身はなんどもそのフィードバックで精神がすり減りました。そういった意味でも、短期間でめちゃめちゃ成長できるインターンシップだと思います。なのでこれからの日本を変えていきたいと思っている意識の高い学生はぜひ来てみてください。

インターンシップに関する後輩へのアドバイス等

私はこのインターンシップに参加するまで将来何がしたいかということを深くは考えていませんでした。ですから、インターンシップは本当に行きたいと思った企業に行くことにしました。これからの皆さんも、実際に仕事をすることによって何が自分に合っているかが分かるため、気になるところに是非行ってください。もしエントリーしたい企業があり、インターンシップに行かず浅い知識のままでエントリーするか、インターンシップに行き知識を得てからエントリーするのでは雲泥の差があります。インターンシップはただ知識を得るだけでなく、働くことの楽しさも同時に味わえると思います。これからの自分の人生のキャリアを考えるうえでもインターンシップはとても良い機会だと思います。

サイバーエージェントのインターンシップ(2016卒)体験談

インターン、学生情報

企業名株式会社サイバーエージェント
インターンシップ名DRAFT
参加期間1週間
参加時期大学院1年生の4月
大学名、学部名上智大学文学部
卒業予定年2016年

インターンシップに参加した理由、きっかけ

何か夢中になるものを見つけたいと思い、数あるインターンシップの中でも非常にレベルが高いとされているサイバーエージェントのインターンシップに参加しました。サイバーエージェントのインターンシップを知ったのは、友人がきっかけです。私の友人はサイバーエージェントのインターンシップに1年早く参加し、表彰を受けたりしていたので、私も自分の実力を試してみたいと思い、サイバーエージェントのDRAFTインターンシップに応募しました。

インターンシップ参加のための選考や参加に向けて準備したこと

インターンシップに関する情報誌を読み漁りました。サイバーエージェントのインターンシップはほかの企業が行っているインターンシップとは違って、企業を紹介するという側面はほとんどなく、自分のビジネスマインドを発掘することに注目しています。なので、これまであまり読んだことのなかったビジネス情報誌もたくさん読みこみました。特に著名な経営者の経歴や改革などをたくさん勉強しました。

ES、面接の内容

サイバーエージェントのインターンシップのエントリーシートの項目は多岐に渡っており、

まずは志望動機を書かされました。なぜ、当社 (株式会社サイバーエージェント) のインターンシップに参加しようと思ったのかについてかなりの字数書きました。また、過去の経験についても書きました。

インターンシップで体験した仕事内容

インターンシップではグループワークがたくさんありました。初日のグループワークは「日本の政治」に関するトピックで、このようなビジネスとは違ったトピックも扱うことに驚きました。また、東京オリンピックとアプリケーションの関係性などにも触れ、アプリ開発のグループディスカッションもありました。トピックはたくさんあり、全部で10個くらいのテーマについてディスカッションした覚えがあります。二日目にはサイバーエージェントで実際にはたらいている社員の方の一日の流れについていろいろうかがうことができました。ここで学んだのは、サイバーエージェントではさまざまな部署間のつながりがたくさんあるということです。サイバーエージェントでは境界線を意識しないような働き方がなされていることを実感しました。また、三日目には社員の方がこれまでどのような変遷をたどりながら今に至っているかについての話がありました。初めは希望の職場に配属されずいろいろ苦労した経験や、いきなり海外勤務でさまざまな経験をした社員の方の話など、まったく異なる経歴をたくさん聞くことができ、自分のキャリアプランニングに活かせる話題がたくさんあり非常に有意義でした。

インターンシップで得たものや成長できた点

サイバーエージェントのインターンシップに参加したことで得たものの中で一番大きなものはやはり人脈です。サイバーエージェントのインターンシップに参加する学生は本当にレベルが高く、みんな何かしら特別なものを持っていました。それは留学経験だったり、非営利組織とのつながりだったり、5か国語を話せる能力だったり、本当に多種多様でした。この経験から私も誰にも負けない何かしらの能力を磨いていきたいと思うようになりました。

インターンシップの報酬

交通費全額支給

インターンシップ参加後の現在興味のあるor就職予定の仕事、その理由について

自分で新しい仕事を生み出してみたいと思うようになりました。このインターンシップの経験からこれまで意識しなかった企画系の職種にも興味を持つようになり、自分の就職活動の選択肢の幅が一気に広がり可能性も広がりました。

このインターンはどんな学生にオススメ?

将来的に自分で起業したいと考えている方、経営企画などといった経営の最先端を担いたいと考えている方にはピッタリのインターンシップだと実感しました。同じように起業家を目指している学生も多数参加していました。

インターンシップに関する後輩へのアドバイス等

サイバーエージェントのインターンシップは応募数も大変多いので、参加できない可能性も結構あります。なので、絶対に参加したいと考えている学生さんはサイバーエージェントの社員に知り合いがいるのであれば、エントリーシートを見てもらった方が確実だと思います。サイバーエージェントの社員の方々は独特で先鋭的な考え方を持っている人が少なくないので、その思考回路をお借りして志望動機などを練り直したりした方が通過する確率も上がると思います。


facebookでシェアtwitterでシェアこのエントリーをはてなブックマークに追加


IT・通信業界のインターン体験談の記事一覧
大学生おすすめコンテンツ