伊藤忠テクノソリューションズのインターンシップ体験談

伊藤忠テクノソリューションズの短期インターンシップ体験談です。
短期インターンシップへの参加を検討している学生は、ぜひ参考にしてみてください!
インターンシップ体験談一覧

伊藤忠テクノソリューションズ
目次
  • 伊藤忠テクノソリューションズのインターンシップ(2019卒,1月)体験談
  • ├インターン、学生情報
  • ├インターンシップに参加した理由、きっかけ
  • ├インターンシップ参加のための選考や参加に向けて準備したこと
  • ├ES、面接の内容
  • ├インターンシップで体験した仕事内容
  • ├インターンシップで得たものや成長できた点
  • ├インターンシップの報酬
  • ├インターンシップ参加後の現在興味のあるor就職予定の仕事、その理由について
  • ├このインターンはどんな学生にオススメ?
  • └インターンシップに関する後輩へのアドバイス等
  • 伊藤忠テクノソリューションズのインターンシップ体験談
  • ├インターン、学生情報
  • ├インターンシップに参加した理由、きっかけ
  • ├インターンシップ参加のための選考や参加に向けて準備したこと
  • ├ES、面接の内容
  • ├インターンシップで体験した仕事内容
  • ├インターンシップで得たものや成長できた点
  • ├インターンシップの報酬
  • ├インターンシップ参加後の現在興味のあるor就職予定の仕事、その理由について
  • ├このインターンはどんな学生にオススメ?
  • └インターンシップに関する後輩へのアドバイス等

伊藤忠テクノソリューションズのインターンシップ(2019卒,1月)体験談

インターン、学生情報

企業名伊藤忠テクノソリューションズ株式会社
参加期間1日
参加時期大学院修士1年の1月
卒業予定年2019年

インターンシップに参加した理由、きっかけ

伊藤忠テクノソリューションズという会社そのものと、会社での仕事内容に興味があり、参加しました。
なぜ伊藤忠テクノソリューションズのインターンシップに参加したかというと、伊藤忠のネームバリューに惹かれたこともありますが(笑)、リクナビで会社を知り情報を得ていくにつれて、会社の仕事内容などを知りたいな、という気持ちが強くなったからです。
くわえて、IT業界のこと、システムエンジニアのことを、知りたいなと思ったことも参加した理由です。

インターンシップ参加のための選考や参加に向けて準備したこと

特にありません。
強いて言えば日程の調整です。

ES、面接の内容

インターン選考にあたってはESのようなものがあります。
インターンで学びたいこと、伊藤忠テクノソリューションズに興味を持ったきっかけの2つをそれぞれ200字で書く必要があります。
インターン選考の面接はありません。

インターンシップで体験した仕事内容

1日使って、伊藤忠テクノソリューションズの仕事内容を学ぶこととグループワークをしました。
受付の際に、「〇番テーブルに座ってください」と会社の人から指示があります。
同じ番号のテーブルに座っている人とグループワークを行います。
グループの人数は、7,8人です。
人数はテーブルに依ります。
私のグループは私含め8人おり、学部生5人院生3人いました。
まず最初に、伊藤忠テクノソリューションズはどんな会社かを座学形式で聴きます。
いわゆる会社説明です。
次に、グループワーク開始です。
「会社と会社が合併します。合併してできる新しい会社の特徴を踏まえて、どんなITソリューションを提供するか」をグループで話し合います。
3つのステップに分けられます。
1つ目のステップは、資料の読み込みです。
資料が配られます。
合併前の会社の情報、合併後どんな会社にするか、世の中の消費者の意見などが書かれています。
間に昼休みを挟みます。
グループの人と話すなりTwitter見るなり好きに時間使ってください。
あと、昼食は事前に買っておいた方が楽です。
近隣のコンビニやお店で買って食べるのも良いですが、事前に買っておくほうが楽です。
2つ目のステップは、話し合いです。
1つ目のステップで配られた資料の情報を、グループ全体で共有し、どんなITソリューションを提供するか話し合います。
3つ目のステップは、まとめ&発表です。
どんなソリューションを提供するかを模造紙に書き、全体に向けて発表します。
スタッフの人から、感想とフィードバックがもらえます。

インターンシップで得たものや成長できた点

得たものは、伊藤忠テクノソリューションズの情報です。
会社内部の制度や社風などを知ることができました。
インターンシップの数日前に台風が来て電車が止まっており、その日は早く帰ってくださいという指示があったそうです。
成長できた点は、コミュニケーション力です。
グループ全体で話し合い、意見を出したり話を聴く力が伸びたなあと思っています。
また、昼休みなどの休憩時間にグループの人と雑談することで、知り合いが増えたりコミュニケーション力が鍛えられたなーと思っています。

インターンシップの報酬

インターンシップに参加すると、選考でグループワークが免除されます。

インターンシップ参加後の現在興味のあるor就職予定の仕事、その理由について

参加前と参加後で、伊藤忠テクノソリューションズの興味、志望度が深まりました。
IT業界の仕事をしよう、という意志は変わりませんでした。
というのも、自分の力を活かしたいことと、自分に合っていると思ったからです。

このインターンはどんな学生にオススメ?

・伊藤忠テクノソリューションズを詳しく知りたい!
・SEの仕事に興味がある、どんな仕事か知りたい
・とりあえず就活っぽいことをやって就活した気分を味わいたい
・グループで仕事をしたい
という人にオススメです。

インターンシップに関する後輩へのアドバイス等

特にありません。
強いて言うならば、グループの人と仲良くなって連絡先を交換して、就活仲間を増やすといいかもしれません。
就活の情報を共有したり、就活の愚痴や不満、モヤモヤした気持ちを共有するのもいいと思います。
異性の参加者と連絡先を交換して恋愛に発展するかもしれません(笑)
あと、強いて言うならば、日程調整です。
何日か選択肢はありますが、平日に行く場合は講義やゼミ、サークル、アルバイトなどと被る可能性もあるので、そのあたりは個人の都合とうまく調整してください。

伊藤忠テクノソリューションズのインターンシップ体験談

インターン、学生情報

企業名伊藤忠テクノソリューションズ株式会社
参加期間1日
参加時期大学3年生の1月
職種総合職
大学名、学部名鹿児島大学 理学部
卒業予定年2019年

インターンシップに参加した理由、きっかけ

IT技術を用いた仕事に就きたいと、漠然に考えており、そういった職種を調べていくうちに一番想像がつきにくい職種であったためです。SIerは多数あり、その中でも当社はマルチベンダーであり、海外のベンダーとも取引をしている点から、海外業務についても他社よりも詳しく知ることができるのではないかと考え、興味を持ちました。さらに伊藤忠商事の子会社的ポジションということを加味して、どういった仕事に取り組んでいるのかを肌で感じたいという興味にもそそられた。

インターンシップ参加のための選考や参加に向けて準備したこと

軽い企業研究

ES、面接の内容

ESの質問内容は1、なぜインターンシップに参加したいか。2、インターンシップに参加してどういったことを学びたいかという設問だった。それほど詳しく企業研究している必要性は感じられなかったが、インターンシップに参加したいという熱意はアピールする必要があったかと思う。

インターンシップで体験した仕事内容

3社合併を成功に導くための提案というテーマでした。はじめに会社説明を軽く行なって、そのあとに9人1グループで課題に取り組みました。セクションとしては3つに分かれていて、まずは1時間程度を使い、資料の読み込み・ブレスト・グループで意見をまとめ上げるという流れでした。それぞれのセクション終了ごとに10分程度の休憩があり、参加者がそれぞれ会話をする時間がありました。3セクションを終えると、それまでの点を踏まえ、CTCのシステムやソリューションを提案して課題を解決するという時間が始まりました。現状分析から課題を発見し、CTCの技術力を用いて課題を解決するための提案を模造紙にまとめあげ、グループごとに発表しました。ただ、私が参加した回では時間がおしていたため、全グループが発表することができず、私のグループは結局発表することができませんでした。そして発表後には実際の伊藤忠テクノソリューションが誇る強みであるマルチベンダーの仕組みやソリューションの豊富さを学ぶことができました。

会員登録してインターンシップ体験談を見よう!
これより先をお読みになる場合には会員登録/ログインが必要です。★★
ログイン会員登録
ログインbox背景

facebookでシェアtwitterでシェアこのエントリーをはてなブックマークに追加
大学生おすすめコンテンツ