インターンでOKな髪型とNGな髪型を男女別に紹介

インターン中の服装や髪型は、普段通りでいいのか、それとも就活スタイルにするのか、迷ってしまう方も多いでしょう。ここではインターン中の髪型について解説します。男女別のおすすめスタイルやNGスタイル、気をつけるべきポイントなども参考にしてください。

【男女別】インターンではどんな髪型ならOK?
目次

インターン中の髪型はどうすべき?

意識すべきは清潔感

インターン中の髪型で大切なのは「清潔感」です。どんな長さや髪色でも、清潔感がある髪型でなければ、悪い印象を持たれてしまうことがあります。

身だしなみを整えることはビジネスマナーの一環でもあるので、清潔感のない髪型だとそれだけで低評価となることもあります。インターン中は周囲の人に不快感を与えない髪型を意識しましょう。

許容範囲は企業により異なる

どんな髪型で行くべきかは企業により異なります。自由な社風の企業であれば、就活の面接のような髪型で行く必要はありません。普段通りの髪型で参加してもマイナスの評価をされることは滅多にないでしょう。

【髪型の許容範囲が広い業界】
ファッション・アパレル関連、マスコミ業界、IT・web業界

しかし伝統を重んじる企業、古い文化や価値観が残っている企業、身だしなみについて厳しい判断をする企業であれば、就活を意識した髪型で行くのが望ましいです。

【髪型に注意が必要な業界】
交官庁、金融業界、保険業界、医療業界

髪型で迷った時は、服装についての記載からある程度判断できます。「スーツ着用」なら髪型もスーツに合わせた髪型にし、私服での参加が推奨されているなら髪型も自由だと考えて差し支えないでしょう。

リサーチして臨機応変な対応を

どんな企業でもガチガチの就活ヘアであればいいというわけでもありません。自由な文化を大切にしていたり、華やかさ・個性・クリエイティビティなどを重視している企業の場合は、見栄えの良さを意識する必要があるでしょう。

企業の雰囲気を知るには、公式ホームページにある社内風景の写真や社員インタビューなども参考になります。インターン中の髪型は、企業の文化や雰囲気に合わせて臨機応変に対応しましょう。

インターン中の男子学生の髪型

おすすめの髪型

インターン中の男子学生におすすめの髪型は、黒髪ショートです。ショートよりさらに短いベリーショートもいいでしょう。

前髪は眉にかからないように、ワックスやムースなどで上げるか、センター分けにします。もみあげが長すぎるのもビジネスシーンにはふさわしくないので、耳たぶより長くならないよう注意してください。

襟足の長さは、ワイシャツを着た時にえりにかからない長さにします。それより長いと清潔感がなくなるので要注意です。

企業によってはOKな髪型

自然な印象の茶髪ならOKな企業も多いので、暗めやナチュラルなブラウンなら問題ないでしょう。明るすぎる茶髪は避けた方がいいですが、地毛が明るめの人がわざわざ黒く染める必要はありません。

パーマはあまりおすすめできませんが、ゆるいパーマであれば問題ない企業もあります。 強めのパーマだと明らかにヘアスタイルで遊んでいる感じが出てしまうので、インターン中はゆるめのパーマか自毛にしておくのがいいでしょう。

NGな髪型

金髪は避けた方がいいですし、青、赤、緑などの奇抜な髪色もNGです。ロン毛、ウルフカット、マッシュ、ツーブロック、坊主もやめておくのが無難です。

とくにロン毛は清潔感やフレッシュさを損なう髪型です。ウルフカットやマッシュヘアも就活を意識しているインターン中は避けた方がいいでしょう。髪の長さはできるだけ短くしておくのに越したことはありません。

インターン中の女子学生の髪型

おすすめの髪型

女子大学生は、ショート、ボブ、セミロング、ロングなど、長さはどれでもかまいません。ただしセミロング~ロングなら、まとめるようにしましょう。黒・紺・茶色のシンプルなゴムで、耳の位置あたりでポニーテールにします。

ハーフアップやシニョンもいいですが、ヘアアクセサリーはつけずヘアゴムとヘアピンだけを使います。ヘアゴムとヘアピンの色は、黒やこげ茶がおすすめです。

企業によってはOKな髪型

パーマやヘアアレンジは派手すぎるものはNGですが、自然なパーマや簡単なアレンジならOKの企業も多いです。顔周りから細めのコテでしっかり巻いてしまうとビジネスシーンにふさわしくありませんが、毛先に動きをつけるくらいであれば問題ないでしょう。

NGな髪型

髪が長い人はまとめた方がいいですが、奇抜なヘアアクセサリーや過度なヘアアレンジはよくありません。夜会巻きなど一見シンプルそうに見えるものでも、企業では華やかすぎてしまいます。ポニーテールも位置が高くなりすぎないよう注意してください。

ぱっつん前髪はNGです。仕事の時は、男子も女子もおでこを出す方が明るい印象になるので、短くても左右に分けておでこが見えるようにしましょう。

インターン中の髪型と合わせて意識して欲しいこと

髪のお手入れもしておくとベター

伸ばしっぱなしの髪はボサボサで清潔感がなくなってしまうので、定期的にカットすることをおすすめします。髪が過度に傷んでいると清潔感を損ない、セットも難しくなってしまいます。髪が傷んでいるなら傷んでいる部分をカットしたり、トリートメントなどで髪のお手入れをしましょう。

整髪料は無香料がおすすめ

身だしなみに気を使ってヘアセットをしているつもりでも、整髪料の香りがきついと周囲の人に不快感を与える可能性が高いです。インターン中の整髪料は無香もしくは微香のものを選ぶのがいいでしょう。

髪や頭皮を清潔にしていないと、匂いがしてしまうこともあります。髪型・髪色だけでなく香りにも注意しましょう。

自分に合う髪型を見つけよう

髪型は印象を決める大切なポイントです。なるべく好印象を持ってもらうために、自分にあった髪型を見つけておきましょう。

丸顔男子はサイドを刈り上げ、トップはベリーショートにすると縦のラインが活きて丸みが緩和されます。丸顔女子は前髪をわけるとき短めに作り、幅を狭くみせましょう。ハの字型を意識するときれいに見えます。

面長男子は前髪を全て上げるオールバックスタイルにせず、横に流すようにするといいでしょう。おでこが全て見えると、顔の長さが際立ってしまいます。面長女子はショートがおすすめ。襟足を少し短めにして、全体的に丸みを帯びたシルエットにしてください。

エラの張ったベース顔男子は、おでこ全体を綺麗にみせることでシュッとした印象に。トップの束感を出すとバランスが取れます。ベース顔女子は前髪の幅を狭くし、顔周りに毛束を残したハーフアップがおすすめ。少し髪をたらすことで、エラを隠せます。

最後に

せっかくやる気とスキルがあるのに、見た目でマイナスの判断をされたらもったいないですよね。そうならないためにも、インターンには清潔感のあるフレッシュな髪型で臨みましょう。



インターンシップ参加のマナーの記事一覧
大学生おすすめコンテンツ