就活の業界研究の方法まとめ

就職活動において、業界研究は自分にとって合う企業を探すためには避けては通れないものでしょう。しかし、「業界研究と言われても数多くの業界を分析するのにそんなに時間を掛けていられない。」や「何か大層なことをやらねばならないのか。」といった不安があって中々取り組めない人も多いでしょう。今回はそんなあなたのために業界研究のコツと手法を紹介します。
業界研究

目次

業界研究の心構え

就活では、自分の志向ややりたいことに合わせて会社を選び、どんな仕事が自分に合っているか探す必要があります。ここで注意が必要なのは、企業のCMや広告の受け売りになってしまってはいけないということです。なぜなら、表面的なイメージだけでは志望理由や具体的な仕事内容について分析することができず、面接でも薄っぺらい表現になってしまうからです。
従って、就活での業界分析では、どんな業界があるのかそもそもの部分から把握して、各業界にはどんな会社が存在しどんなビジネスを展開して利益を出しているかを理解しましょう。そこから見ていくことによって、あなたの今までの経験と会社のやっていることが重なってくるのです。従って、最初から業界を絞り込み過ぎないで視野を広く持ち、CM等で埋め込まれてしまった先入観を持たないように情報収集をしていきましょう。

業界研究の具体的な手法

業界研究の心構えを紹介したところで具体的な業界研究の方法を紹介します。限られた時間の中で分析をしなければなりませんので、効率よく多くの情報をまとめつつ、自己分析と照らし合わせる必要があります。

インターネット

就職情報サイトでは就活生向けの業界知識や業界セミナーの概要が紹介されています。就活始めたての人にとっては、業界それぞれの全体像を理解するのに便利なツールとなっています。

新聞・ニュース

日経新聞を筆頭に新聞やニュースでは業界関連のニュースをリアルタイムに入手可能です。ロイターなどのサイトではレポート形式で業界や個別企業の情報も掲載されているので、マクロ経済の動向と合わせて業界の動向を把握可能です。就活の面接では新聞についても「どの記事が気になったか。」を問われることが多いので一石二鳥と言えるでしょう。

業界地図

いわゆる業界本や就活情報雑誌は業界分析が事細かに記載されているので、業界の構造や今後の動きを分析するのに便利です。大学の生協の業界分析特別ブースや書店での就活フェアコーナーに多数取り揃えられているので、自分に合った1冊を選ぶとよいでしょう。

【書籍の例】
・業界地図:
日経新聞、東洋経済を筆頭に複数の出版社が発行しています。1冊に様々な業界が網羅され、業界のシェアや構造、ビジネスモデルの変遷を2ページ内でコンパクトに理解できます。
・就活四季報:
株式情報の四季報の就職版です。東洋経済によって発行されています。数千社の企業の情報が業界別に整理されて紹介されているので、業界地図よりも情報量が多めです。同業の会社比較にも適しており、メジャー企業以外にも分析を行うことが可能です。

企業の決算説明会資料

そして、業界地図で第三者的な観点から分析したあとは、気になる企業の決算報告説明会のPowerPointスライドを見てみましょう。決算報告書でもいいですが、決算報告の際にはこれまでの業績の振り返りと今後の戦略について述べられていく中で、企業が業界に対してどんな分析をしており、マーケットをどのようにして捉えているかを見ることができます。PowerPointスライドの場合、かなりコンパクトに記載されているため、複数社を比較しつつ業界の今後を把握するのに便利でしょう。

OBOG訪問

OB・OG訪問では上記で集めた分析や情報を元に、実際に働いている先輩に対して情報収集をすることができ、どうしてその業界で働いていきたいかを正確に理解することができます。しかし、事前準備をしっかりしていかないと訪問自体が味気ないものとなってしまうため、注意が必要です。OB・OGのツテがない場合は大学のキャリアセンターに行けばリストがあるのでそれらを参照しながらOB・OG訪問を実施していきましょう。

セミナー

セミナーでは実際に人事や現場の社員から話を聞くことができ、キャリアデザインや志望業界の整理に活用できます。
【セミナーの例】
・業界セミナー:
就活サービスを実施する会社が行う業界研究のためのセミナーです。幅広い企業の情報を一気にインプットできるので時間の節約におすすめです。
・会社セミナー
個社ベースでの実施となりますが、実際に各社がどんな業界の分析をやっているかの実態や個社別でどのような考えの元で事業を展開しているかが分かりやすいので、おすすめです。特に就活の初期の段階では業界紹介も兼ねたセミナーも多数存在します。

大学のキャリアセンター(就職課)

大学のキャリアセンターでは大学のキャリア専任職員が学生向けの就活相談に乗っています。大学での専攻がどんな業界で活きるのかの相談会や、就活生向けのセミナーを実施しているので、他の方法と合わせて活用するのが便利です。また、先輩がキャリアアドバイザーとしてボランティアになっていることも多いので、身近な点で特に就職率に力を入れている大学ではキャリア相談が徹底しているので自分の大学はどうか見てみるのも一つでしょう。

新卒向け就職エージェント

時間の短縮という意味ではエージェントを使ってみるのも一つの手段と考えられます。プロのキャリアアドバイザーがいるので、企業の情報を的確にまとめて必要な情報をアドバイス付でデリバリーするので時間節約に便利でしょう。

効率よく業界分析を行うために

さて、ここまで8つの業界分析手法を紹介してきましたが、実際にどの手法をとるかはあなたの方針次第でしょう。全てに時間を割いていたらとてもじゃないですが、時間が足りなくなってしまいます。重要なのは、限られた時間の中で自己分析結果と業界の情報を照らし合わせて自分なりの合っている業界の仮説を作っていくことです。そのために最適な業界分析の方法を選んでいきましょう。そうすれば、納得できる形で業界分析ができるでしょう。


facebookでシェア twitterでシェア このエントリーをはてなブックマークに追加
このコラムを読んだ人はこんなコラムも読んでいます
日本にはどのくらいの電柱があると思いますか?【フェルミ推定入門】

もしあなたが面接中に、「日本にはどのくらいの電柱があると思いますか?」といきなり試験官に聞かれたらどう答えますか? 正直に言うのがいちばん!「わかりません!」 もしかして圧迫面接?「...

続きを読む
【サイバーエージェント最終面接②−2】藤田社長の質問!AKBはどうなる!?

藤田社長の話はAKBへ… 藤田社長はアイドルについてどこまで質問をするのか!?何が聞きたいのか。 アイドルが目に見えるものだけでなく、裏側まで迫る鋭い質問が...

続きを読む
就活の適性検査にはどんな種類がある?Webテストや筆記試験など

就活の採用選考では「適性検査」がよく行われます。適性検査は、就活生の能力や性格を客観的に把握できるツールとして、多くの会社で採用されています。今回は、就活生にとって避けて通れないこの適性検査...

続きを読む