就活を楽しいと思えるようになるにはどうすれば良い?

就活は初めてのことや緊張することの連続で、辛いと感じている人、早く終わらせたいと感じている人が多くいます。でも反対に、就活は楽しい!、ずっと続けたいと考えている人もいます。どうせするのなら、楽しんで取り組めたほうがいいはずなので、ここでは就活を辛いと感じている人向けに、就活を楽しいと感じるための考え方を紹介します。

目次

就活=苦行と感じている人は多い

就活は初めてのことや慣れないこと連続です。着慣れないリクルートスーツを着て、訪れたことのない会社で初対面の大人と話をして、したことのない自己アピールをして…。苦手なことでも避けて通れないうえ、失敗することも多く、辛い、早く終わらせたいと感じている人も多いと思います。

やりたいこと、目標を明確にしよう

就活を辛いと感じる一番の原因は、やりたいことや目標が明確になっていないことにある場合が多いです。この仕事がしたい、この会社に行きたいという確固たる希望があれば、就活に対するやりがいが生まれます。

ところが、特にやりたい仕事も見つからず、はっきりとした志望企業もなければ、就活に対するモチベーションが生まれず、結局やっていることが全て苦痛になってしまいます。
そのため初めに、自分が何をやりたいのかしっかり探り、目標を掲げてみましょう。

辛い、苦しいと感じたら逆転の発想をしてみよう

目標が明確であっても、「面接でうまく回答できなかった」、「グループワークで力を発揮できなかった」などの失敗をして、落ち込むこともあると思います。

うまくいかなかったときは、もちろん落ち込んでも構いませんが、すぐに気持ちを切り替えて、できるだけプラスに捉えるようにしてみましょう。そんな急にプラス思考に転換することはできないかもしれませんが、自分に言い聞かせたり、プラスな考えをノートなどに書き込んだりするだけでも効果はあるようです。

自己分析が苦手→新しい自分を知ることができる

最初につまづく人が意外と多いのが、自己分析です。自信がないと自分のことを掘り下げるのは辛い作業です。「考えれば考えるほど悪いところが見つかってしまい、アピールするところなんてない」と自己嫌悪に陥ってしまうこともあるかもしれません。

でも、自分についてじっくりと考える機会はなかなかありませんから、新しい自分を知るチャンスでもあります。悪いところを改めて感じられるだけでも、改善のきっかけになります。家族や親しい友人に、自分のよいところはどこか聞いてみるものいいと思います。客観的に見た自分がどんな人間なのか知ることもでき、自己分析も悪くないと感じられるかもしれません。

面接で失敗した→次に成功するためのチャンス

緊張して思った通りに話せなかったなど、失敗する人が多い面接。面接は、場数を踏むことで慣れてくるので数をこなすようにするとよいと思います。スケジュール的に大変になるかも知れませんが、志望度の高い企業の面接の前に、いくつか面接にあたれるようにしましょう。今回の面接で失敗したことを、次の面接で克服すれば、失敗は一つ一つ確実になくなっていきます。

やることが山積み→マルチタスクの能力が磨かれている!

スケジュールがバラバラの複数社の就活が同時進行するので、スケジュール管理、筆記試験や面接の準備など、やることが山積みで大変に感じることもあると思います。でも仕事を始めると、こういう局面にしょっちゅうぶつかります。一度に同時進行する事柄を処理するマルチタスク能力は、今後ずっと必要となる能力なので、就活時には「今まさに磨かれて、今後の糧になっている」とプラスに捉えましょう。

初対面の人とは話すのが苦手→就活の場でしか話せない人と話せるチャンス

社交的な人にとって就活はまさに出会いの場で、数多くのよい出会いに恵まれる場合もあると思いますが、初対面の人とコミュニケーションを取るのが苦手、苦痛と感じてしまうタイプの人には、就活は苦手な局面にあたります。

でも、面接でやりとりする企業の担当者、グループワークや面接で同席する学生も、就活を通じてしか話す機会がなかった相手です。無理に上手く話す必要もないし、仲良くなる必要もないですが、ただ接点を持てたことをありがたいと感じましょう。面接や会話を通じて何か感じたり学んだり、今後に活かせるヒントを得られることもあるはずです。

就活は通過点!人生が決まるわけではない

就活を辛いと感じるのは、今後の人生を左右する大事な局面と感じているからこそです。もちろん、どの企業に就職するかで人生は大きく変わる可能性がありますが、そこですべてが決まるわけではありません。

本命企業ではなかったけれど、やりがいを持って楽しく働ける企業に出会えたという人もいるし、新卒入社の会社で経験を積み、業界トップの大企業に転職する人もいます。就活で人生のすべてが決まるわけではないし、仕事だけが自分の幸せを決めるわけではありません。就活でうまく行かなくても、今後いくらでも挽回できるので、肩の力を抜いて取り組めるといいかもしれません。

最後に

就活は今後の進路を決める大事な局面ですが、重大に捉えすぎると苦痛に感じてしまいます。あくまでも通過点と考えて、楽しく前向きに取り組む努力をしましょう。明るさや前向きさが採用担当者に伝われば、選考結果にもよい影響を与えそうです。


facebookでシェアtwitterでシェアこのエントリーをはてなブックマークに追加
大学生おすすめコンテンツ