大学院生こそインターンシップに行くべき!参加のメリットや選び方を解説

大学院に進学すると、日々の勉強はもちろん、研究室などでの研究がとても忙しくなりますよね。しかし、大学院生活は2年間しかないこともあり、2年生になると就職活動もしなければなりません。しかし、2年生になれば大学院での研究を総括した研究論文の提出もあるため、その両立に悩む方も多いのではないでしょうか。
そんな中、多くの学部生は就職活動時にインターンシップに参加するのが常識ではありますが、「大学院生にはインターンシップは無理だ」と決めつけていませんか?むしろ大学院生のほうがインターンシップに参加すべきだということをご存じでしたか?その理由について解説していきます。

大学院生こそインターンシップに行くべき!参加のメリットや選び方を解説
目次

大学院生がインターンシップに参加すべき理由とは

就職活動もしなければならないにも関わらず、研究や勉強もしなければならないなど大学院生はスケジュールに余裕がありません。しかし、時間に余裕がない大学院生だからこそ、インターンシップを有効活用することで就職活動を有利に進めることができるのです。

学部生よりも厳しい就活スケジュールの負担を軽減してくれる

大学院生は学部生の就職活動よりも、就活のスケジュールが厳しくなります。学部生には4年間も時間があり、1~2年生からインターンシップに参加することが可能なのに比べ、大学院生には2年間しかありません。その2年間の中で授業・勉強、そして研究室での研究、就職活動、さらに研究論文の準備など数多くのことをこなしていくのはなかなか大変です。さらに、アルバイトなどで生活費や学費を稼いでいるという人も多く、これらを全てこなそうとすると時間が足りません。

夏休みなどの長期休暇にも研究室に通う必要があることもありインターンに参加することは難しいかもしれませんが、授業と両立が可能で給与も出るインターンシップを選択し、研究の深堀りとアルバイトをインターンシップでまかなうのはとても有益です。さらに、インターンシップでよりアピールすることができれば就職活動を有利に進めることができます。インターン先の企業は内部を良く知ることができるため、業界研究にもそこまで時間を割く必要がなく、インターンに参加した感想とともに志望動機を伝えることができるためより説得力もあります。

自分の研究をアウトプットする場で実務的な経験が積める

インターンシップに参加することで、自分の研究内容を実務としてアウトプットしより学びを深めることができます。研究だけではどうしても研究論文の説得力が弱い場合もありますが、実際の企業での業務で実務としてアウトプットできていれば、より論文での説得力も増しますし、有益なデータを得ることもできます。さらに、自分自身の学びのためにも研究室の仲間や教授以外の意見を聞くことができる場があるというのは発見につながるのではないでしょうか。

特におすすめは長期インターンシップ

それでは、大学院生が参加するのであればどのようなインターンシップを選ぶのが良いのでしょうか。おすすめは長期のインターンシップです。どうしても、短期のものは夏休みなどの長期休暇に行われることも多く、またそうでなかったとしても研究室や授業とのスケジュールを合わせることが難しい場合が多いです。しかし、長期のインターンシップであれば、ある程度は融通を聞かせてもらえることもありますし、授業との両立がしやすいのが特徴です。

アルバイトに行くよりも経験+就活にプラスになる

また、長期のインターンシップは時給が支払われるものも多いため、アルバイトとしても有効です。ただのアルバイトよりも、自身の研究内容を深めるための経験に役立つだけでなく、インターンシップに参加することでその企業はもちろん、他の企業へのアピールにもつながります。実際に自分の大学院での研究や学んできたことがどのように実務で役に立つのかを面接で話すときにも説得力が増します。

自分の研究にも役に立つ

短期のインターンシップでは自分の研究や学んできたことがどのように実務に役立つのか、の結論が出る前に終了してしまうこともありますが、長期のインターンシップであれば長い目でその貢献度合いを計ることができます。インターンシップ先から許可が出れば、実際に実務で得たデータを研究論文に使用できることもメリットと言えるでしょう。

大学院生が参加するインターンシップの選び方

それでは、さらに具体的に大学院生におすすめのインターンシップの選び方をご紹介します。

曜日・時間・頻度が研究と両立できるものを

まず前提として、授業や研究に支障をきたしては本末転倒です。曜日や時間、頻度などに融通が利き、研究との両立が可能なインターンシップを選びましょう。長期のアルバイトタイプのものを選ぶことで、「週2回以上なら何曜日でもOK」や、「原則は月曜日と水曜日だけど、試験前などはお休みしてもOK」など、融通が利くこともあります。

自分の専門分野をより深めてくれる業務内容が経験できるものを

ただでさえ時間に余裕のないにも関わらず、インターンシップのために覚えることがあったり、勉強しなければならないことがあっては余計な時間を割くことになります。できるだけ自分の専門分野をより深めてくれるものや、研究内容を実践できる業務内容のインターンシップを選ぶようにしましょう。

最後に

大学院生は2年生の後半になると忙しくなります。そのため、大学院に入ってはやめのタイミングでインターンシップを決めておき、可能であれば早めにインターンシップに参加することをおすすめします。大学院1年からでも参加できるものはたくさんあります。研究との相乗効果を得るためにも積極的に探してみましょう!

インターンシップを探す

facebookでシェアtwitterでシェアこのエントリーをはてなブックマークに追加
大学生おすすめコンテンツ