中国語って就職で有利なスキル?アピールの仕方や履歴書に書ける資格を紹介!

日本国内だけでなく海外への市場拡大を目指す企業は少なくありません。そんな時に英語はもちろん、「中国語」のスキルが求められることがあります。「中国語は就職で有利になる」という噂を耳にしたことのある就活生もいるのではないでしょうか。
そこで今回は、本当に中国語が就職に有利なスキルなのかを解説。また、就職活動で中国語をアピールする方法や履歴書に書ける中国語に関する資格についてもご紹介します。

中国語は就職で有利になる
目次

中国語は就職に有利なスキル?

中国語は英語の次に多くの人が使う言語

実は中国語は英語の次に多くの人が使用している言語です。
中国語は中国国内だけで使用されていると思われがちです。しかし、実際にはシンガポールやマレーシアなど、東アジアを中心に多くの国で話されており、世界で4人に1人は中国語を話せるとも言われています。
英語に次ぐ世界共通語である中国語は、世界の多くの人とコミュニケーションを交わせる魅力的なスキルなのです。

中国との取引は多い!

中国のビジネス市場は拡大傾向にあり、日本企業だけでなく海外企業の多くが参入を狙っています。また、日本への進出を目指す中国企業と協力してプロジェクトに取り組む可能性もあります。
しかし、英語に比べて中国語を話せる人材は多くありません。そのため、中国語のスキルを持っている人材は企業にとって大きな戦力となりうるのです。

中国語を就職活動でアピールできる資格とは?

英語力を示す資格に「英語検定」や「TOEIC」があるように、履歴書に書ける中国語の能力を示す資格もあります。

中国語検定

中国語の能力を示す資格の1つが「中国語検定」です。
難易度は準4級・4級・3級・2級・準1級・1級の順に上がっていきます。準4級・4級は中国語初学者向けの簡単な問題がメインとなっており、3級では簡単な日常会話レベルの能力が求められる試験となっています。
ビジネスシーンで使えるレベルは2級以上と言われているため、就職を有利に進めるならまずは2級合格を目指すのがおすすめです。

HSK

中国語の能力を示す資格の2つ目は「HSK」です。
HSKは中国政府が公認している資格であるため、日本や中国だけでなく、世界中で公的証明として活用することができます。日本国内では中国語検定を受験する方が多いですが、世界的に見るとこのHSKが最も多くの人に受検されている中国語資格試験となります。
1~6級に分かれており、数字が大きい級ほど難易度は高くなります。ビジネスシーンで使える中国語力としては5級以上の合格が目安となります。

TOCFL

中国語の能力を示す資格の3つ目は「TOCFL」です。
TOCFLは台湾の公式中国語検定です。中国語検定やHSKは、主に中国大陸で使用される「簡体字」で書かれています。その一方で、TOCFLは台湾・香港・マカオなどで使用される「繁体字」で表現されているのが特徴です。そのため、台湾での就職や台湾との取引がメインとなる企業に対しては、これまでご紹介した中国語検定やHSKよりもTOCFLの方が実用的なものとなります。
A1・A2・B1・B2・C1・C2の順に難易度が高くなっていき、仕事で使用する際にはB1以上のレベルを取得しておくことが望ましいと言えます。

中国語を就職でアピールするには?

中国語でやり取りできることをアピール

企業が求めているのは「中国語の資格を持っている人」ではなく、「中国語でコミュニケーションが取れる人」です。そのため、単に資格を取得しただけでなく、実際にその語学力を生かした経験を伝えるようにしましょう。中国への留学や旅行、あるいは中国語を活用したアルバイト経験など、実際に使えるスキルだというアピールをすることが大切です。

中国文化への理解もあるとなお良し!

コミュニケーションに必要なのは語学力だけではありません。中国人の価値観や考え方を理解しておかなければ、スムーズに交渉することが出来ません。
中国文化についてもできるだけ勉強しておくと、「中国人とも対等な目線で話せる人材」として、企業にも魅力を感じてもらうことができるでしょう。

英語も身に着けておこう

多くの人が中国語を話していると言っても、世界共通語として有力なのは英語です。英語と中国語を合わせて身に着けておけば、海外企業とのコミュニケーションの多くの部分をカバーできます。
また、中国人を相手にコミュニケーションを取る際にも、中国語でうまく説明できない時に英語を使って補うことも可能です。

まとめ

中国市場が拡大する中で、中国語は企業からの高い関心を得ています。そのため、中国語の能力をうまくアピールできれば、就職を有利に進めることもできるのです。
中国語の能力を示す資格としては「中国語検定」「HSK」「TOCFL」などが挙げられます。それぞれ特徴があるため、自分に合った試験を選んで受検してみましょう。
また、さらに戦力となれる人材であることをアピールするために「中国文化への理解」や「英語力」なども併せて身に着けておくのがおすすめです。


facebookでシェアtwitterでシェアこのエントリーをはてなブックマークに追加
大学生おすすめコンテンツ