【大学生が取るべき資格】日商簿記編

大学生が取るべき資格といえば、学部に関わらず日商簿記をおすすめされることが多いと思います。日商簿記を取ることで就活や社会人になってから役に立つというのは本当なのでしょうか。また取得はどれくらい難しいのでしょうか。日商簿記を大学生が取るべき理由について解説します。

簿記
目次

日商簿記とは

日商簿記とは商工会議所が実施している、会計や経理に関する検定です。取得することで企業の経営状況を財務諸表などを通じ理解できるようになります。1級~3級までがあり、1級は年2回・2~3級は年3回受験のチャンスがあります。

取得は難しい?取るなら何級?

気になる日商簿記の難易度ですが、3級であれば取得はそこまで難しくありません。経営学部や商学部などでは授業で必須科目になっている大学もあるほどです。数字というよりはパターンを覚えるといったイメージで、計算は電卓を使用するので、数学への苦手意識がある方でもそこまで苦労せずに理解することができます。
一般企業の就職活動で保有資格のひとつとしてアピールするのであれば、3級を取得していれば、「簡単な簿記や会計資料を読む力はあるんだな」と好意的なアピールポイントになることでしょう。

もしコンサルティング会社への就職や、経理の部署への配属を希望している場合には、2級の取得を目指してみることをおすすめします。2級になると3級で学んだ商業簿記に加え、工業簿記の要素も加わるため、少し難易度が上がります。まずは3級を取得してから2級にチャレンジすることをおすすめします。

就職活動で日商簿記がアピールポイントになる理由

それでは、なぜ就職活動で日商簿記を持っているとアピールポイントになるのでしょうか。どのような職種であっても、企業では売り上げや利益、財務諸表などは全く無関係ということはありえません。入社してから勉強するよりも、大学生のうちにその意識があるということは大きな強みとなります。具体的に見ていきましょう。

社会人になるための準備をしたというアピールになる

大学生といえばサークル活動やアルバイトなど、勉強以外の誘惑も多くあります。そんな中でも日商簿記を取得したことは、社会人になることを見据え、社会人になったときのための準備をしっかりをしてきたという証にもなります。その姿勢は面接でも人間性や事前準備力などとして高く評価されることになります。

即戦力として期待できる人材だと他の就活生よりリードできる

企業ではどのような職種でもその会社の売り上げや、経営的な数字を意識しながら日々過ごさなくてはなりません。しかし、多くの新入社員は入社してから必要に駆られて経営的な数字の勉強を始めます。しかし、日商簿記を取得していることで、すぐにでも即戦力として数値を理解できる人材だとみなされ、他の就活生よりもリードすることができます。

社会人になってからも役に立つ理由

もちろん、日商簿記は就職活動だけでなく社会人になってからも、その学んだ知識は役に立ちます。どのような職種や、どのような部署に配属されても役に立つ資格というのはあまりありません。その理由について、具体的に解説していきます。

経理部じゃなくても必須!会社の数字の仕組みが理解できるようになる

日商簿記で学ぶことは、会社の経理で処理している「会社の数字の仕組み」です。たとえ経理部門の所属でなかったとしても、会社の経費精算や売り上げ計上など、どのような職種についた人であっても、会社の数字の仕組みを理解しておく必要があります。会社ごとに微妙に勘定科目などが異なることはありますが、社会人になる前から日商簿記の勉強を通じて会社の数字の仕組みを理解しておくことは、どの会社にも共通する「会社の数字」のベースを理解することになります。

財務諸表などを理解するのにも役に立つ

将来的に経営者を目指している人や、会社の幹部などを目指している方、そうでなくとも部長や課長クラスまでは行きたいな、と思っているのであれば、自分の会社の財務諸表を理解する必要があります。会社の財務諸表にはその会社の経営状態が如実に現れています。財務諸表を理解する力があれば、会社の今の状態や、今後打つべき戦略などもスムーズに考えることができます。日商簿記を取得していれば、この財務諸表を理解するための基礎的な知識が身についているので、会社の経営状態の確認や戦略立案を自信を持って行うことが可能となり、出世にも役に立ちます。

最後に

日商簿記を大学生が取るべき理由について見てきました。そこまで難しくはないにも関わらず、就職活動や社会人になってからも役に立つポイントがたくさんありましたね。むしろ取らない理由がないほどにメリットだらけの資格です。試験日を目指して毎日コツコツと勉強しても良いですし、長期休暇など時間が取れるタイミングに一気に勉強して資格取得を目指すのもおすすめです!


facebookでシェア twitterでシェア このエントリーをはてなブックマークに追加
大学生おすすめコンテンツ