新卒の就職浪人(就職留年)は不利?してしまったらどう過ごすか

就職浪人とは、就職活動で満足のいく結果が出せなかった学生がもう一度やり直すために留年することを指し、毎年多くの学生が就職浪人しています。
一般的に、就職浪人をすると選考では不利になることが多いです。しかし、就職先が決まらないまま大学を卒業してしまうとその後の就職は(企業によりますが)さらに不利になると言われており、ときには就職浪人するのが賢明な判断であるような場合もあります。
もし就活1年目で就職先が決まらなかったのであれば仕方がありません。今までの就職活動をしっかり振り返り、気分を切り替えつつ、今持っている自分の資源を最大限に活用するべきです。今回は、就職浪人が決まったら次の就職活動に向けてどう動くべきかを解説します。

就職浪人

自分の就職活動を振り返る

まず、内定が取れなかったことを、自分自身の中で素直に認めて、何がいけなかったのかを振り返りましょう。行動するのが遅すぎたのかもしれませんし、エントリーシートや面接の「自己PR」に問題があったのかもしれません。

就職浪人をすると、面接の際、企業の人事担当者から「なぜ就職浪人をしたのか?」とか、「なぜ内定できなかったのか?」とか、「就職浪人中は何をしていたか?」などと、浪人の身にはきつい質問が飛んできます。

そういった質問への回答は念入りに準備しておきましょう。単に能力不足で決まらなかった、と自分で思ったとしてもそのようなネガティブな伝え方をしてしまうと面接官は採用したいと思いませんよね。なんらかの問題があって昨年は決まらなかったけど現在はその問題は解消している、というニュアンスが伝わるようにすること、また昨年の失敗を自分なりに受け止めて対策を行なっていることをアピールすることが大事です。

再度方向性を慎重に考える期間にする

失敗を振り返ったところで、就職活動の方向性を考え直しましょう。まず、自己分析をしっかりやり直すことをお勧めします。就活のやり方自体は一通りやってきたわけですから、焦って行動する前に戦略を練り直しましょう。
そもそも、自分の好きなことは何なのか?嫌いなことは何なのか?出来ることは?苦手なことは何なのか?じっくり自分のことを棚卸してみる良い機会です。落ち着いて、希望業種、希望職種、労働条件等を考えていきましょう。

情報ルートの再整備

まず、新しい年度での就活ナビサイトへの登録を行います。その際、一度適職診断を受けてみるのも良いでしょう。そして新たに考えた希望業種、職種、勤務地等を設定していきます。

なお、前年度に受験した企業は受験できない場合が多いです。多くの企業は受験生の氏名・生年月日を登録しており、再受験をチェックしています。知らぬふりをして受験しようとしても徒労に終わります。もし、どうしてもリベンジしたい企業があれば、堂々とその企業の人事部に連絡し、再チャレンジしたい旨を告げましょう。企業によっては、「それだけ熱意があればもう一度会ってみよう」と言ってくれる担当者もいるかもしれません。

インターンやアルバイトで就業体験して職業観を養成

せっかくある程度の時間ができたわけですから、もっと「働く」ということについて深く考える時間を持ちましょう。自分が知っている業界や職種というのは限られています。ということは、限られた思考回路の中で職業選択をしているわけです。

自分の職業観を広げるためにも、やったことのないアルバイトをしてみるのも良い経験です。就活には費用も掛かりますし、お金が稼げれば一石二鳥です。これまで接客のアルバイトをしていたら、工場で勤務してみるなど、パターンを全く変えてみるのも良いでしょう。

また、長期のインターンシップに参加してみるのも一つの方法です。多くの企業はインターンシップを推進していますが、その多くはワンデイインターンシップといわれる短期間のインターンシップです。ワンデイインターンシップは企業説明会の解禁前に企業側が学生に接触したいために行う、いわば形だけのインターンシップで、企業と早めに接点を持つためには役立ちますが、就活でのアピールにはなりにくいでしょう。長期インターンシップでは実務を行うので、実際の仕事で成果を出したという経験が作れて、就活でアピールしやすいという利点があります。

また、希望企業が決まっていれば、その企業のアルバイトに就くことも大いにメリットがあります。その企業の現場の苦労や楽しさ、企業風土がリアルに体験できれば、志望動機は確固たるものになりますし、入社後のミスマッチも少なくなります。企業によっては経験者を優遇する制度もあります。具体的には何段階かある試験をカットして最終面接のみにしたりすることも多くあります。企業側も、自社の現場で頑張っている人は、採用対象として有望と考えています。

まとめ

就職浪人することは、目の前の内定を取るという事では圧倒的な不利に働くといわれています。しかし、長い人生で見ればそれはさしたるハンディにはなりません。それどころか立ち止まって、じっくり仕事や人生について考える時間が出来るわけです。要は就職浪人をチャンスと捉えられるかどうかが分かれ目になります。ぜひこの貴重な時間を有意義に過ごして、その後の人生を実り多いものにしていきましょう。


facebookでシェア twitterでシェア このエントリーをはてなブックマークに追加
大学生おすすめコンテンツ
19卒必見!厳選インターンシップ締切カレンダー2017年版

厳選された人気企業のインターンシップ募集締切日をカレンダーにまとめました。2019卒の大学3年生対象の短期インターンや内定直結の外資系企業サマーインターン、学年不問のおすすめ...

続きを読む
内定者のES(エントリーシート)&選考レポート一覧

内定者のエントリーシートと選考レポートの一覧です! 金融、マスコミ、総合商社、メーカー、外資コンサル、通信やITなど各業界の人気大手企業や急成長中のベンチャー企業など、100社以上の内...

続きを読む
【18卒、19卒】就活イベントまとめ

全国の就活イベントを日付順でまとめました。 全国で色々な就活イベント、合説が行われているけれど、いつどこで何のイベントが行われているのかわからない方、調べるのが面倒という方...

続きを読む
就活エントリー締切カレンダー

人気企業の応募・エントリーシート(ES)提出等の締切日を日付順にまとめています。 4月〜5月は各業界の大企業のエントリー締切が多数! 就活の採用選考への最初のステップには、WEBでの...

続きを読む
インターンシップ体験談一覧

インターンシップに実際に参加した学生の体験談を掲載しています! 参加した理由やきっかけ、参加に向けて準備したことや選考内容、そして実際に体験した内容とそこから得たものなど、気になる情報をま...

続きを読む