広報とはどんな仕事?-文系学生の職業研究

「広報」という言葉は耳にしたことがあるかもしれませんが、どんなことをしている仕事なのか、説明するとなると難しいですよね。広報部門を置いている会社は大手が多く、中小企業だと設けていないことも珍しくないので、馴染みが薄いかもしれません。
しかし広報って実は会社にとって重要で、やりがいのある面白い仕事だったんです!
今回はそんな広報のお仕事についてご紹介します。

広報の仕事

目次

広報の仕事内容とは

広報の仕事は、「社外広報」と「社内広報」に分けることができます。社外広報では自社のサービスや製品、CSRなどの活動を知ってもらうために情報を発信します。
社外広報には次のような仕事があります。

・プレスリリースの作成、発信
・自社ブランドのブログの更新
・TwitterやFacebook、Instagramの更新
・メルマガの配信
・イベントの企画
・取材対応

自ら積極的に情報を発信していくことも大切ですが、メディアからの取材対応なども広報では欠かせません。

広報と聞くと自社を積極的にアピールするようなものがイメージされますが、必ずしもそういうわけではありません。自社のサービスや製品を積極的に広報することを攻めの広報とすると、「社内の不祥事」「製品の欠陥」などに関するネガティブな取材対応のような守りの広報も必要になります。


企業の名前を広めるためのキャンペーンや他社とのコラボを企画したりするのも広報の仕事。
抽選で賞品プレゼントや無料参加できるイベントの企画など、その手段は多岐にわたります。

近年では、インターネット上での広報活動に力を入れている企業が増えています。企業のTwitterやFacebookを運用したり、企業HPに載せることを考えたり、Googleからの企業サイトへの流入を増やすべくWebコンテンツを作成したり…。などと、ITを駆使した広報の仕事は急激に需要が高まっています。

このように自社と社会を繋げる窓口となるのが広報になります。

「社内広報」は社外広報とは異なり、会社内の出来事を社員と共有し会社一丸となるための取り組みです。。社内広報を行うことで次のような効果が期待されます。

・社員の意識・一体感・コンプライアンスを高める
・交流の少ない部署同士を繋げる
・社内における出来事の共有

社内広報では社内報の作成・配布や、社内イベントの実施などが行われます。
社内報を作成するにあたっても、各部署の飲み会へ参加し、情報の共有を行ったりネタを探したりするなど、会社や担当者によって方法は異なりますが、工夫の仕方などは個人の色を出しやすいといえるでしょう。

中小企業では広報部門を配置していないこともありますが、やはり広報部門がある会社の方が、メディア露出に力を入れており、知名度は高まりやすくなります。

宣伝やIRとの違い

IRとは

広報はPR(Public Relations)と呼ばれています。会社がPRと同じように力を入れているものにIR(Investor Relations)があります。IRは投資家向けに情報を発信することになります。例えば、投資家向けのリリースを作成したり、ホームページの投資家向け情報の更新を行ったりします。広報部の中にIRが置かれていることもあります。

宣伝とは

宣伝も広報と同じように自社のサービスや製品、CSRなどの活動を知ってもらうために情報を発信します。広報はプレスリリースの作成や自社のブログの更新など自社で完結した活動です。しかし宣伝では、テレビや新聞、ウェブメディアなど他社のサービスを利用して情報を発信します。広告代理店や制作会社などとも協力しながら行っていくことになります。
企業によっては宣伝と広報を同じ事業部で行われていることもあります。

広報の特徴、やりがい、向いている人

「世の中での認知度を高めるにはどうすれば良いのか」すべてはここに通じるのが広報の仕事。
他社がやったことを真似すれば必ず成功するというものでもなく、自身で考え工夫しなくてはなりません。
流行りのものがあればいち早く情報を取り入れ、企業アピールに用いるなど、日々新しい情報をキャッチするアンテナを張り巡らせておくことが求められます。

広報の仕事のやりがい

やりがいとは様々ですが、「こうしたい」という目標に向けて頑張ってきたことが目に見えて分かることは大変嬉しいものです。
例えば以下のようなものが挙げられます。

・知名度の低かった自社ブランドが、メディアに露出する機会が増えて知名度が上がっていく
・社内広報により社員たちの交流が増えたり、仕事に対する熱意が盛り上がったりする

またそれらが企業の価値を高めることにもグッと近づいたとき、広報として活動してきたことに喜びを感じられるはず。
自分自身の考えや工夫を表現しやすい、という点も、やっていることが顕著に表れて面白いですね。

広報に向いている人

広報とは、会社の顔としても見られがちです。
人当たりが良く、消費者や社員、メディアなど様々な人とコミュニケーションを上手に取れる人が望ましいですね。
人により求められることは多様ですので、それを汲み取り相手に合わせる必要があります。
また資料の作成や取材の対応、メールや電話などで連絡を取ることも多くあります。

どうすれば自社をよりアピールできるのか、より考え、より工夫し、企画することが好きな人に向いています。
考えたことを形にしていく実行力とフットワークの軽さなど、求められることは多くありますが、諦めずに努力し学んでいきましょう。
面接では、ぜひ広報に対する熱意を伝えてください。

広報職に就職するには

大手企業では広報部門を設けているところも多くありますが、初めは別の部署へ配属されてから広報部門に異動というケースが多くなっています。中小企業では広報部門を設けていないところもありますが、その場合は広報にあたる仕事を社内の誰かが分担して行っています。いずれにせよ、広報の仕事に興味があるということを面接でアピールしてみると良いでしょう。

情報を広めるということに対する熱意や、学生時代にサークルの広報活動などで自分なりに強みを発揮したエピソードを話すと選考でのアピールになります。小さなことでも良いので、広報の仕事で再現できそうな自分の過去の経験について振り返ってみましょう。

広報はどの企業においても必要とされる職種であるため、業界問わず活躍できます。
近年では中小企業であってもインターネット等を利用した広報活動に重きを置き始めている企業も増えているため、今後更に求められてくる職種のひとつでしょう。

まとめ

どんなに良いものを作っていても、それを広めることがなければ世の中に影響を与えることはできませんし売上もあがりません。広報とは、自社をアピールする、自社ブランドを高めるためになくてはならない大切な仕事なんですね。
自社の認知度を上げるためには何をすれば良いのか、考えや工夫次第で結果に大きく反映してくるという面では、大きなやりがいに繋がりますよね。
これまで広報について知らなかったという方も、ぜひ就職先として視野に入れてみてはいかがでしょうか。


facebookでシェア twitterでシェア このエントリーをはてなブックマークに追加
大学生おすすめコンテンツ