外資系企業への就職-日系企業との違いとは

新卒就活で外資系企業を受ける学生は昔は少数派でしたが、近年では外資系企業を受けることが当たり前となっています。「英語が全然できないので受からない。」、「外資系ってなんとなく難しそう。」という声もよく聞きますが、実際は入社時にそれほど英語力が問われない外資系企業もあり、入社難易度や入社後の環境も企業ごとに様々です。今回はそんな外資系企業の就活について解説します。
外資

目次

そもそも外資系企業とは何か?

まず、外資系企業について理解しましょう。
定義としては、外資系企業とは資本の1/3以上が外国資本で占められている企業を指します。創業した国や上場しているマーケットが日本であったとしても資本金の割合において外資系資本が多数入っている場合は外資系企業として定義されるのです。
経済産業省の調べでは、日本国内に存在している外資系企業は約3000社となっています。外資系企業の代表例として挙げられるのはコンサルティングファームや金融機関ですが、実際は卸売りやメーカー、サービス業、情報通信といった多様な業種の外資系企業が日本国内には存在しています。ジャパンデスクとして拠点をおいて、日本法人としている企業が多く、マクロ経済の動向によって拠点撤退も無きにしもあらずですが、業績好調だと採用も拡大傾向になります。

【主な外資系企業の例】
・金融機関:ゴールドマンサックス、バークレイズ銀行、シティ・グループ、バンクオブアメリカメリルリンチ、モルガン・スタンレー

・コンサルティングファーム:ボストンコンサルティンググループ、マッキンゼー、アクセンチュア

・メーカー:GE、アップル、デュポン、BASF、P&G、ネスレ

・IT企業:Google、オラクル、SAP、日本アイ・ビー・エム、日本ヒューレットパッカード

外資系企業の一般的な特徴

外資系企業にも様々な企業風土があり一概には言えませんが、多くの外資系企業に共通する、日系企業と異なる特徴について解説します。

専門性重視のキャリアパス

外資系企業では専門性が求められています。
日系企業ではジョブローテーションを通じて様々な職種を経験し、ゼネラリストないし適性を見極めた上で専門性を高めていくケースもありますが、外資系企業では最初から専門性を見極めてスペシャリストになるようにキャリアパスを設計しています。それゆえに、外資系企業では最初の研修が終わったら、後はOJTという形式で現場にて結果を出しながら短期間で専門性を高めていくのです。
外資系企業では一人一人の裁量と業務範囲が明確になっており、誰がどこまで仕事をしなければならないのかが明示されているので、自分に割り振られた仕事を的確にかつ結果が出るように従事しなければなりません。それゆえ短期間で専門性を身につけることが可能となっているのです。

また、外資系企業においては即戦力が好まれる傾向があるため、職種別採用が原則となっています。日本での新卒採用の場合は未経験でもOKとなっていますが、その分、なぜその職種が良いのか明示しなければならず、しかも未経験なのになぜ志望する職種がよいかも今までの経験の中で述べなければなりません。その分、専門性を高めることができるキャリアパスになっているのは魅力的であると言えるでしょう。

合理的な就労風土

外資系企業においては、管理職が日本国籍でない場合も多く、働き方も本国に従う働き方になることが多いです。欧米系企業出身の場合、働き方としてはオンとオフをはっきりと分けており、無駄な残業はせずに自分に割り振られた仕事が完了したらすぐに帰るというタイプが多いです。
契約上定められている休みや条件に対しても、サービス残業といった日本的風習に対してはっきりとNOを言っているので、ある種、成果に対して合理的なアプローチをしようとしています。それゆえ、仕事は仕事、プライベートはプライベートとして分けているため、ウェットな人間関係を重視する日本的な風習は排除される傾向にあります。加えて、1社に長く働こうとする人も少ない傾向にあり、キャリアを積み上げるためならば転職も辞さないのです。

また、レイオフ(解雇)も躊躇なく行われます。特にリーマンショック時には容赦なく大規模なレイオフや部門丸ごとの売却を実施していました。ただ、そうなることは外資系企業で働いている人にとっては突飛なことではなく、常にどんな環境になっても働けるようにしなければならないマインドがあるので、受け入れられているのです。

高めの初任給

日系企業の、特に伝統的な企業では、長期雇用が前提であるため初任給は安めで、10年、20年と勤め続けることで給料が上がっていくような傾向があります。それに対し外資系企業では、初任給が高めに設定されている場合が多いと言えます。
その代わり、成果を出し続けないと昇級や長期間働き続けることが難しいため、長い目で見ると日系企業とどちらが稼げるかは人それぞれです。

外資系企業で英語は必須?

外資系企業は、親会社が海外にあるなどの理由で多国籍の人達と仕事をしなければならない場合が多く、社内の情報も英語で共有される場合が多くなっています。ただし、規模の大きな企業では海外拠点とほとんど交流せずに日本国内での事業に終始する場合もありますので、外資系企業で英語が必須とは一概には言えません。むしろ、海外企業が日本でビジネスを行うために日本法人があるのですから、労働の拠点は日本国内である場合が大半です。

多様性を尊重

多国籍企業であることから、外資系企業ではダイバーシティ経営が重視されています。「日本人」感覚が抜けないと適応するのが難しくなります。例えば、育休は男女共に取れますし、意見をはっきり言い合うことでコミュニケーションコストを下げています。日本流のあうんの呼吸や忖度、過度な謙譲の精神は存在しえないと言えます。

外資系就活で注意する点

最後に、外資系就活で注意する点を紹介します。受けたいと思った時にもう遅いというような展開にはならないようにしましょう。

サマーインターンで選考がある

3年生の夏休みに長期ないし短期間のサマーインターンプログラムが存在します。5~6月のタイミングで募集が始まるので、早い段階から自己分析等の準備を進めるべきでしょう。インターンが選考の中に含まれているパターンとインターンに参加しなくても本選考に進めるパターンがあります。

英語はできるに越したことはない

海外拠点とのコミュニケーションが必要になる場面も多いため、英語はできたほうがよい場合が多いです。企業によっては、英語面接や英語でのグループディスカッションがあります。

なぜ日本で外資系企業に勤めたいのかを明確に

最後に、なぜ外資系企業で働きたいのかを明確にしましょう。外資系の社員はロジカルさを求めることが多いので、なぜ日本で敢えて外資系企業で働きたいのかを明示すべきでしょう。

理想の就活に向けて

さて、ここまで外資系企業の特徴を述べてきましたが、具体的なイメージは湧きましたでしょうか?重要なのは自分の志向性に合っているかどうかを判断して選考に臨むことです。合っていないのに受けて入社しても不幸になるだけです。本記事を外資系就活の参考にしてもらえれば幸いです。


facebookでシェア twitterでシェア このエントリーをはてなブックマークに追加
大学生おすすめコンテンツ
19卒必見!厳選インターンシップ締切カレンダー2017年版

厳選された人気企業のインターンシップ募集締切日をカレンダーにまとめました。2019卒の大学3年生対象の短期インターンや内定直結の外資系企業サマーインターン、学年不問のおすすめ...

続きを読む
内定者のES(エントリーシート)&選考レポート一覧

内定者のエントリーシートと選考レポートの一覧です! 金融、マスコミ、総合商社、メーカー、外資コンサル、通信やITなど各業界の人気大手企業や急成長中のベンチャー企業など、100社以上の内...

続きを読む
【18卒、19卒】就活イベントまとめ

全国の就活イベントを日付順でまとめました。 全国で色々な就活イベント、合説が行われているけれど、いつどこで何のイベントが行われているのかわからない方、調べるのが面倒という方...

続きを読む
就活エントリー締切カレンダー

人気企業の応募・エントリーシート(ES)提出等の締切日を日付順にまとめています。 4月〜5月は各業界の大企業のエントリー締切が多数! 就活の採用選考への最初のステップには、WEBでの...

続きを読む
インターンシップ体験談一覧

インターンシップに実際に参加した学生の体験談を掲載しています! 参加した理由やきっかけ、参加に向けて準備したことや選考内容、そして実際に体験した内容とそこから得たものなど、気になる情報をま...

続きを読む