キリンホールディングス【内定者のES(エントリーシート)&本選考レポート】

内定者のエントリーシート&選考レポートを参考に、内定を勝ち取りましょう!
ESに加え選考フロー、選考アドバイスも見ることができます!

キリンホールディングス株式会社はアサヒグループに次いでビール業界2位(2016年現在)の大手総合飲料メーカーです。
日本の4大ビールメーカー(キリン、アサヒ、サントリー、サッポロ)のひとつです。また、飲料事業ではグループ会社のキリンビバレッジが販売数国内5位(2016年現在)となっています。「一番搾り」や「のどごし<生>」など発泡酒・新ジャンルの売り上げは1位(2016年現在)となっています。
設立は1907年で、従業員数は28,569名(2017年6月30日現在)です。

内定者のES一覧

キリン

内定者エントリーシート

■現在取り組んでいる研究内容、及びそこで特に力を入れて取り組んでいることをご記入ください。※学部生で研究内容が決まっていない方は、これから取り組みたい卒論のテーマ(500字以内)

私の研究テーマは「革新的新規電極材料の開発」だ。リチウムイオン電池は、電気自動車やスマートグリッドなど持続可能な社会実現の中核技術であるが、大型化に向けて課題は山積している。リチウムイオン電池の構成要素は二十年以上もほぼ同一組成のものが用いられており、近年の性能向上は添加剤による寄与が大きい。既存の材料設計軸にない革新的な電極材料を開発することができれば飛躍的な性能向上も現実性を帯びる。そこで、ナノ材料に着目し、セラミック材料を応用し完全に新規なナノ材料を合成することに成功した。この材料は広い組成選択性を持ち、簡易な合成手法にもかかわらず負極性能は既存の黒鉛負極の2倍以上と優れた性能を示すことが判明した。私の研究ではこの材料と似た組成の新規相を探索し、より高性能と低コストを両立した負極材料を探索することを目指し、系統的に新規相を合成し、材料設計指針を立てることを試みている。本研究で開発している材料は車載搭載用二次電池材料最有力候補の一つであり、その特性から自動車会社と共同研究をしており、綿密な議論を様々な分野の専門家と数多く行うことに力を入れている。

■学業以外で取り組み、仕事をするに当たってこれだけは人に負けないと思っていることがあれば、自身の経験を踏まえてご記入ください。(400字以内)

私の負けない部分は、「目標に向かい俯瞰的な視点からチームを率いていく能力」だ。この強みの理由は、所属していたアカペラサークルでの経験が元となっている。その経験とは、音楽経験未経験者のみで構成されたチームのリーダーとして全体をとりまとめ、全国大会に出場したことだ。全国大会出場するには、必要なステップを細分化し、


facebookでシェアtwitterでシェアこのエントリーをはてなブックマークに追加
大学生おすすめコンテンツ