NTTドコモ【内定者のES(エントリーシート)&本選考レポート】

NTTドコモの内定者のエントリーシート&選考レポートを参考に、内定を勝ち取りましょう!
ESに加え選考フロー、選考アドバイスも見ることができます!

株式会社NTTドコモは国内最大手の携帯電話事業を行っている企業です。国内シェアは4割強(2017年現在)でその他に2位のKDDI、3位のソフトバンクが位置しています。
dTVという動画配信サービスの提供もしており、会員数は450万人を越えており(2017年現在)国内勢では最大手です。
営業を始めたのは1992年で、従業員数は7,609名(グループ全体では26,734名)です。

内定者のES一覧

NTTドコモ

NTTドコモ 2020卒,技術職内定者エントリーシート

・「学生時代にチャレンジしたエピソードを語ってください(成功・失敗問わず)」(400文字以内)

私はパン屋でのアルバイトの中で、お客様満足度の向上に挑戦した。勤務店では月に数回「食パンの表面が乾いている」などのクレームが入るという問題があり、私はカットした後の食パンの保存方法は最善なのかという点に着目し、まず原因を考えた。従来の方法はカット面を空気に晒していたため、粗熱をとっている間に表面が乾いていた。そこで私は細かい穴の開いた鉄板の上に、カット面を下に向けて食パンを置くことで空気に晒される面積を減らした。これにより、粗熱が取れた後も本来の食感を保ったままお客様に提供可能となり、

NTTドコモ 2020卒,技術系総合職内定者エントリーシート

「学生時代にチャレンジしたエピソードを語ってください(成功・失敗問わず)」(400文字以内)

○○で広報サービスを提供する日系企業で10人のメンバーと広報WEBメディアを創り上げ、30社以上の企業を巻き込んだ。初めはプレスリリース配信サービスの営業をしていたが、全く売れず、自身の価値を出せず歯がゆさを感じていた。そこで顧客のニーズを掴むことに重きを置き、営業を続け、2つの課題を見つけた。(1)メディアに配信する程のニュースがないこと(2)利用効果が不透明なことである。マスメディアより小規模かつ、自社で訪問数等のデータを保有可能なメディアを提案した。その際、

NTTドコモ 2019卒,総合職内定者エントリーシート

◆「学生時代にチャレンジしたエピソードを語ってください(成功・失敗問わず)」(400文字以内)

大学3年生時の学部ゼミナール大会で予選突破にチャレンジしたことである。大会2ヶ月前に行った他学部とのゼミ交流合宿で、指揮を執った私は作業の進捗のみを考えてメンバーがどういうものにしたいのか、どの仕事をやりたいか、という視点が欠けていた。その結果、メンバーのモチベーションを下げてしまい成果物の質は低かった。そのため、後のゼミナール大会でこの悔いを晴らすと意気込んだ。大会までの私の行動は2点ある。1点目に参加メンバー全員と個別の時間を設けた上で面談をし、

NTTドコモ 2019卒,総合職内定者エントリーシート2

① 「学生時代にチャレンジしたエピソードを語ってください(成功・失敗問わず)」(400文字以内)

4~12歳対象のタブレット教材を販売するイベントで、インターン生60人のリーダーとして活動し、売上を3.5倍にしました。売上が伸び悩んでる際に、チームで話し合った結果【モチベーションの欠如】・【イベント効率が悪い】という結論になりました。課題解決の為、給与制度の変更、客層調査の強化を実行しました。固定給与制からチーム制の完全歩合制に変更し、ターゲット層を絞り込み、ターゲット層の母数・特徴・ニーズを調査しました。当初は、周囲は非協力的でしたが、売上に貢献したい気持ち、自ら積極的に行動する事で、

NTTドコモ 2019卒,事務系総合職内定者エントリーシート

「学生時代にチャレンジしたエピソードを語ってください(成功・失敗問わず)」(400文字以内)

私の挑戦は、大学3年生時に部活動に励みながらゼミで研究論文を作成したことだ。私は部活動に力を入れる一方で、学業においても一切手を抜きたくないという想いがあった。そのため部活動と平行しながらゼミで研究論文を作成することに挑戦した。 この挑戦には、「先進的な研究テーマのため、多くの研究範囲を一から構築する必要がある」、「部活動の練習が多く、研究に割ける時間が少ない」という2つの困難が存在した。 私は2つの行動によってこれを解決した。1つ目は、多くの人の協力を得たことだ。他大学の教授や学者の方に自ら連絡を取り協力を得ることで、

NTTドコモ 2016卒,技術系内定者エントリーシート

■あなたが大学または大学院在学中に一番力を入れて取り組んだことは何ですか?(50字以内)

大学進学予定者を対象とした、グローバル人材育成を支援する英語学習塾の入学募集活動

■「ドコモはまだまだつまらない」――あなたならどうオモシロくしますか。またあなたはどう貢献しますか。(300文字以内)

携帯端末に縛られない世の中を創造したい。現在の世界におけるITツールは、端末ありきでの通信が主流であり、携帯端末を肌身離さず持ち歩かなければならない、という状況にあると感じている。そこで、「五感情報」によるコミュニケーション文化を創造することで 、常にモノを持ち歩くという生活を変化させることができると考えている。例えば、五感から得られた情報を元にした通信が可能となれば、


facebookでシェアtwitterでシェアこのエントリーをはてなブックマークに追加
大学生おすすめコンテンツ