日本精工【内定者のES(エントリーシート)&本選考レポート】

日本精工の内定者のエントリーシート&選考レポートを参考に、内定を勝ち取りましょう!
ESに加え選考フロー、選考アドバイスも見ることができます!

日本精工株式会社は自動車の部品である「軸受け(ベアリング)」で国内最大手で、世界でも上位に食い込んでいる独立系自動車部品会社です。
自動車事業と産業機械事業を行っており、2006年、2008年には世界経済フォーラムの年次総会で発表された、「世界の持続可能な企業トップ100」に選ばれています。
設立は1916年で、従業員数は31,501名(2017年3月31日現在)です。

内定者のES一覧

日本精工

日本精工 2016卒,技術職内定者エントリーシート

■学生時代でがんばったこと

学生時代には、特にサークル活動に力を入れていました。私はテニスサークルに所属しており、そのサークルの中では周囲を盛り上げるムードメーカーとしての役割を担っていました。大学2年の文化祭ではサークルの出し物としてたこ焼きの販売を行いました。私はそのとき自ら率先して行事に取り組み、文化祭イベントのリーダーとして活躍しました。在庫管理や前日までの手続きなど困難な問題は多くありましたが、周囲と協力することですべて乗り越え、当日には歴代売り上げのトップを更新することができました。私はこの経験からリーダーとして最も必要なことは周囲の意見を聞き、強調してプロジェクトを行うことだと強く感じ、今後の人生でもこの経験をうまく役立てていこうと感じました。

■研究テーマとその内容

私の研究室は計算力学研究室という名称で、主にプログラミングを駆使した材料の解析を行っています。その中でも私は破壊力学に焦点を当てた内容に取り組んでいます。現在はAnsysという解析ソフトを利用し、

日本精工 2016卒,海外営業職内定者エントリーシート

■これまでにあなたがもっとも探究心をもって自ら学んだことについて

・学んだこと(50字)
日本のテレビ産業が海外でどのような位置づけにあるのかということを学びました。

・取り組んだ時期・期間(50字)
大学1年生から大学3年生の夏まで継続的に学んできました。

・興味・関心をもったきっかけ(150字)
大学1年生のときのゼミがきっかけでした。ゼミで初めて研究したテーマが「ソニーとパナソニックの企業提携について」というもので、このとき初めて実学の面白さに触れた私は日本のテレビ産業の海外展開について関心を持つようになりました。

・どのように、どこまで学べたか(150~160字)

大学1年生のゼミの研究以降、実際にアジアの国々に行き「公共の場で使用される大型ビジョンやテレビはどこの会社のものか」、「店先では各国企業のテレビがどのように陳列されているのか」を見ました。結果として日本のテレビは外国のものに比べ高価格であるため、


facebookでシェアtwitterでシェアこのエントリーをはてなブックマークに追加
大学生おすすめコンテンツ