ADEKA【内定者のES(エントリーシート)&本選考レポート】

内定者のエントリーシート&選考レポートを参考に、内定を勝ち取りましょう!
ESに加え選考フロー、選考アドバイスも見ることができます!
内定者のES一覧

ADEKA内定者のエントリーシート

ADEKA 2020卒,研究開発職内定者エントリーシート

学業・ゼミで取り組んだ内容(200)

高齢者や生活習慣病患者の増加から消化性を制御した食品開発が求められており、摂食後の食品の消化挙動に関する知見が必要である。本研究では「タンパク質」に着目し、人の胃の消化機能を模擬した装置を用いて消化試験を行っている。これまでの検討から胃のぜん動運動による固形食品の微細化により、固形食品から消化液中へのタンパク質の放出及び固形食品内部におけるタンパク質の化学的分解が促進する事を明らかにした。

ADEKAを志望した理由(400)

志望理由は2点ある。1点目は素材メーカーとして幅広い事業を展開し、高い技術力を有している点だ。私はこれから働く上で自身の培った経験・知識を活かして「社会貢献」したいと考えている。貴社は最終製品の質を左右する素材を開発し、技術力を活かして付加価値をつけた製品を幅広く提供している。そのため、多分野で研究に注力している貴社で、研究開発に取り組む事で、素材を通じた社会貢献ができると考えている。2点目は仕事に関する社風だ。

ADEKA 2020卒,総合職内定者エントリーシート

研究テーマ 学業・ゼミで取り組んだ内容(200文字以内)

三次元培養老化皮膚モデルの作製
三次元培養皮膚モデルとは、皮膚研究において動物実験の代替法として用いられている、皮膚細胞を用いてヒト皮膚構造を人工的に再現したモデルです。現行のモデルは「コラーゲン濃度が極めて低い」「老化皮膚の状態を反映しない」という生体再現性の低さが問題になっています。私は高濃度コラーゲンゲルを用いて、シワなどの老化の要因を有する新たなモデル確立を目指しており、将来人々の美や健やかさに貢献できると考えています。

ADEKAを志望した理由(400文字以内)

私が貴社を志望する理由は二つあります。第一に、貴社の食品事業は、世界を舞台にあらゆるニーズを形にした商品を通して、多くの人の笑顔を支えているからです。私は「食の力で世界中の人々の笑顔を作りたい」と考えています。私の研究室は留学生の受け入れを頻繁に行っており、各国から学生が来る度、食の話題で盛り上がり親睦が深まる為、「食は言葉の壁を超え笑顔を生む」と感じています。特に中間素材を扱う貴社でなら、様々な形で世界中の人の生活に融け込み笑顔を生み出せると考えています。第二に、貴社は食品と化学品の両事業に注力しており、分野の垣根を超えた新たな価値創造に取り組める環境に、魅力を感じるからです。私は修士論文研究で、自身の携わる生物領域とは異なる工学系の研究機関と協同で、前代未聞の研究器材作成に取り組んでいます。貴社でなら、既存の価値観に捉われない商品開発を通して人々の生活をより豊かにできると考えています。

当社の2つの経営理念のうち、より共感するものはどちらですか。また、あなたはそれについてどのように貢献していきたいと考えていますか。(400文字以内)

『世界とともに生きる』に、より共感します。私はインドネシアの大学で開かれた食料安全保障に関するワークショップで、「食品衛生」と「環境負荷低減」の両立の難しさを学びました。日本の食品は、世界でトップクラスの品質を誇る反面、

ADEKA 2019卒,総合職内定者エントリーシート

ADEKAを志望された理由を教えてください。あなたが会社選びにおいて重視している点と併せてご記入ください。400字以内

私は会社選びにおいて、「間接的に人の生活に関われる」という点と「自己成長出来るフィールド」という点を重視している。前者において貴社が扱う化学製品や食品製品はあらゆる産業を下支えし、人々の生活に必要不可欠である。取り扱う製品の社会的重要性と、貢献可能な分野の広さは数多ある化学メーカーの中でもトップクラスだと私は考える。基礎化学品から界面活性剤等手掛ける製品が多岐に渡る点も大変魅力的だと感じた。後者において、営業は顧客に一番近い立場として一歩先のニーズを読み取り、提案を通して最適な物を届けるという一連のプロセスで自己の成長に繋がると考えている。中でも貴社は、需要が伸びている中国、東南アジアでも積極的に事業を拡大しており会社と共に自己が大きく成長出来るフィールドがあると考えた。この2点から私は貴社を志望している。

現在あなたが所属している学科(専攻)を選んだ理由と、そこで学んだことをどのように当社で生かしていきたいか教えてください。400字以内

私が社会学の中でも現代社会専攻を選択した理由としては、「一つの事象を分析する際に多角的な視点を養える」と考えたからである。一つに特化した専攻よりも幅広く学問領域を超えたアプローチが出来、多角的に物事を考えられると感じ、今の専攻を選んだ。例えば、「家族」というテーマであれば、現代社会における家族の形をまず洗い出す。そして現代家族はどのような問題を抱えているのか、


facebookでシェア twitterでシェア このエントリーをはてなブックマークに追加


メーカー業界のES(エントリーシート)の記事一覧
大学生おすすめコンテンツ