Web面接ってどうすればいいの? 服装やマナー注意すべきポイントを解説!

今年の就職活動は新型コロナウィルス感染症の影響もあり、Web上で会社説明会や面接を実施する企業が増えてきています。

Web面接とはどのように行われているのでしょうか。またどのようなことに注意して受けるべきなのでしょうか。Web面接を受けるときのポイントや注意点、よくある失敗例などについて解説します。

WEB面接ってどうすればいいの? 服装やマナー注意すべきポイントを解説!
目次

Web面接(オンライン面接)についての基本知識

Web面接とは?

Web面接とは、直接面接官と対面するのではなく、インターネット回線を利用してWeb上で行う面接です。SNSのテレビ通話のようなもので、企業から面接の日時に送信されたURLからWeb会場にログインすることで面接官と話すことができます。

Web面接に必要なものは?

Web面接は、パソコンやタブレット、スマートフォンなどを使って行います。使用するソフトやアプリはその企業が持っている専用のシステムであったり、一般的には次のようなサービスが利用されることが多いです。

・Googleハングアウト
・Skype
・Chatwork
・zoom
・Whereby
・appearin

Web面接のメリット・デメリットは?

Web面接には直接企業や会場に足を運ばずに自宅や離れた地域からも面接することができるメリットがあります。最近では人同士の接触を避け、感染リスクを下げることができるという点で多くの企業が選考に用いています。

会話に多少のタイムラグが生じるのが、Web面接のデメリットです。使うソフトの性能や通信状態が悪いと、画像や音声が乱れてしまうこともあります。対面での面接よりも音声が聞き取りづらい、表情がわかりづらい、というデメリットもあります。

Web面接で用意するものと面接の流れ

Web面接で用意するもの

Web面接で用意しておくべきものは以下です。

【必須アイテム】
・パソコン(スマホまたはタブレットでも可)
・インターネット回線

必須のアイテムはビデオ通話ができる機器です。パソコンが望ましいですが、スマートフォンやタブレット端末でも可能です。マイクとカメラが内蔵されていないパソコンの場合、パソコン用のマイクとカメラを用意する必要があります。

ビデオ通話はインターネット回線を使って利用するので、インターネットがつながる環境も必要です。できれば有線LANケーブル、使い慣れたWi-Fi環境であると安心です。

【あるといいアイテム】
・イヤホン
・筆記用具
・予備のデバイス

Web面接では音声が聞き取りづらい場合がありますが、イヤホンを装着して話すと相手が音声を聞き取りやすくなることがあります。音声が聞こえづらい場合に備えてイヤホンを用意しておきましょう。

メモが取れるよう筆記用具を手元に置いておきましょう。パソコンの調子が悪くなった時のために、スマホなど予備のデバイスがあると安心です。

Web面接の流れ

企業により多少異なりますが、一般的なWeb面接の流れは次のようになります。

1 企業からWeb面接の詳細が伝えられる
2 学生がアカウントやIDを用意する
3 当日指定された時間にログインする
4 面接がスタート

Web面接の場合は事前に企業からどんなソフトやサービスを使うのか連絡があるので、アカウントやIDの取得が必要な場合は事前に準備しておきましょう。指定された時間にログインして通話状態にすればすぐに面接が開始となります。

Web面接で気をつけるべきマナー

服装はスーツで

自宅で行うとはいえ普段の面接と変わらないので、当然リクルートスーツで面接を受けましょう。面接では第一印象が重要です。自宅で受けるとなると気が抜けて服装や髪型などを疎かにしがちですが、身支度の時間をしっかりとりましょう。

ジャケットとシャツだけを切るなどカメラに映っている範囲で整えたとしても、ふとした時に映ってしまう場合があるのでしっかり着替えておくことをお勧めします。

周りの雑音などが入らないようにする

周囲の音環境も注意がすべき点です。パソコンなどのマイクは自分の声だけでなく家外や周囲の音なども拾われてしまいます。自宅で受ける場合は面接の時間を事前に家族に知らせておくなど、音環境を整えておきましょう。

ネット回線が整った場所で受ける

WEB面接の最も注意すべきポイントはネット環境です。ネット環境が整わず回線がつながらないと面接を始めることができません。また面接中も繋がりが悪く途切れてしまったりすると面接であまりいい印象を持たれない可能性があります。事前にWi-Fi設定やネット環境を整えておきましょう。

話し方や表情はハッキリとわかるように気を付ける

WEB面接だと対面で話すときより表情や声の調子が伝わりにくくなります。相手に要点がしっかり伝わるように結論から始めるなどの他にハキハキとした声で話すことが重要です。対面の面接でもいえることですが、特に画面越しだとぼそぼそと話していては余計に伝わりにくいです。

声の他にも表情や目線にも気を付けましょう。明るい印象を抱いてもらえるようにいつもより意識して笑顔やリアクションをしましょう。

画面に映っている面接官を見ていると目線が下がってしまいます。話しているときは面接官と目が合うように目線はカメラに向けるようにしましょう。

Web面接を受けるときに注意すべきポイント

Web面接は自宅で受けられるなどのメリットがありますが、対面ではなくWeb面接だからこその注意すべきポイントが多くあります。

自分の背景に注意する

音だけでなく自分が映っている画面の背景にも気を配る必要があります。面接が始まる前にカメラが映す範囲を確認しておきましょう。

思っているより広い範囲が映っていて片付けられていない部分などが見えてしまうかもしません。事前に部屋を片付けたり、カメラの角度を調整して背景に余計なものが映らないようにしましょう。

トラブルには焦らず冷静に対処する

ネット環境を整えるなどトラブルを未然に防ぐことが第一ですが、慣れていないWEB面接ではトラブルが起きてしまうこともあります。そのような時は慌てず冷静なることが重要です。ネット回線が切れてしまったり、相手方や自部の声が聞こえないなど様々なトラブルが想定されます。どうしても繋がらない場合は企業の連絡先に電話をかけて対応しましょう。

また企業側も通信が切れてしまうなどのトラブルは想定していると思います。もしトラブルが起きてしまっても「回線が悪く、途中で切れてしまいました。お手数をおかけして申し訳ありません」など一言入れて面接に臨みましょう。トラブルが起きてしまうことを見込んで、すぐに対応できるように必要なものは準備しておくようにします。

Web面接をスマホで受けるときの注意点

WEB面接はネット環境が整っていれば受けられるので、もちろんスマートフォンでも受けることができます。しかし音や画面・画質がより安定しているのはパソコンです。スマートフォンで面接を受ける際は画面の固定が重要です。

スマホの場合は、カメラで映る範囲やアングルが下からになりすぎないように注意しましょう。またSNSの通知のバイブレーションの音が入ることがあります。通知を切るなど事前に対処しましょう。

Web面接でよくある失敗例

サービスの使い方がわからなくてうまく繋がらない

Web面接に慣れていないと、使い方がわからなくて面接がスムーズにいかないことがあります。できれば前日までに、家族や友人に協力してもらうなどして、テレビ通話の操作に慣れておきましょう。アカウントの作成が必要な場合は事前に作成しておきます。

カンペを見ながら話していたのがバレてしまった

テレビ電話だからバレないと思ってカンペを見ながら話す人もいますが、目線が下がるので面接官にはすぐにバレてしまいます。Web面接だからと安心せずに、対面の面接と同じように緊張感を持って臨みましょう。

Web面接中に通知などが出てしまう

Web面接中に他のソフトが作動して音などが出てしまう失敗も多いです。他のソフトはすべて終了しておくのがいいでしょう。

通知やタイマーなどが作動して音が出てしまうこともあるので通知などはオフにしておきます。途中で電源がなくならないように、十分に充電しておくか、電源に繋いでおくと安心です。

最後に

就活生の皆さんはこれからWeb面接を受ける機会が増えてくると思います。基本的には対面での面接と変わりないですが、音や背景など周囲の環境を整えることが必要です。事前に準備・調整しておくなどして面接に臨みましょう。


facebookでシェアtwitterでシェアこのエントリーをはてなブックマークに追加


大学生おすすめコンテンツ