最近増えている動画面接とは?見られるポイントと録画するときの注意点を解説!

最近では、就活生に動画を撮影・提出させる「動画面接」を導入する企業が増加しています。
しかし、多くの就活生にとって動画撮影はなかなかハードルが高いもの。
そこで今回は「動画なんて撮ったことない」と不安を感じている就活生に向けて、
・動画面接で企業に見られるポイント
・うまく録画するために注意すべきポイント
の2つを分かりやすくご紹介します。

目次

動画面接とは?

動画面接とは、就活生によって撮影・提出された動画をもとに選考を行うことを指します。 動画面接には大きく分けて、
・用意された質問に順番に答えていくタイプ
・自由に自己PRさせるタイプ
という2種類があります。
何度も撮り直しができる動画面接は、「急に質問されると頭が真っ白になる」という就活生でも、自分の魅力を伝えやすいというメリットがあります。
また、企業もエントリーシートによる文字情報よりも、動画で実際に動いている就活生を見る方が、その人柄や魅力を感じ取りやすくなります。

企業が動画面接で見ているポイント

伝えたい内容をしっかりまとめられているか

対面の面接にも通じることですが、動画面接でも伝えたい内容を簡潔にまとめる必要があります。
採用担当者はたくさんの動画を見なければなりませんから、動画を1回見て「何が言いたいのか分からない」と感じても、もう1度見て理解しようとすることはほぼありません。
1回見れば言いたいことがしっかり伝わる動画づくりを心掛けましょう。

自分を魅力的に見せられるか

動画面接では、あらゆる角度から「自分」をアピールすることになります。
例えば、
・身だしなみ(髪型や服装など)
・表情(笑顔や視線など)
・話し方(言葉遣いや声の大きさ、トーンなど)
といった部分は、自分の印象を左右するポイントです。
対面の面接と異なり、動画面接では「自分の魅力が伝わっているかどうか」をチェックできますから、最も自分が魅力的に映るよう工夫して、動画撮影に臨むことが求められます。

丁寧に仕事ができるか

動画面接は、「企業に与えられた仕事に適切に応えた成果を出す能力があるか」もチェックされます。
そのため、
・暗くて見えづらい
・音声が小さすぎる
・周りがうるさい
など、ぱっと見ただけでも分かる問題点があるのに、そのまま提出された動画の評価は、当然ながら低くなってしまいます。

録画するときの注意点

撮影場所の音・背景・明るさに注意

あなた自身を目立たせるためにも、撮影場所は余計な刺激がないところを選びましょう。
撮影場所で注意したいのは次の3点です。
■音
自宅や大学の教室など、できるだけ静かな場所を選びましょう。どうしても静かな場所が確保できない場合には、デイユースのホテルの一室などを借りると良いでしょう。

■背景
背景に時計やカレンダーなどつい注意が逸れてしまうようなものが映り込んでいたり、逆光で動画が見づらくなったりすると、あなたがどれだけ魅力的なアピールをしても、その効果は半減してしまいます。できるだけ無地の背景の前で撮影するようにしましょう。

■明るさ
暗い場所で撮影すると、見づらい動画になってしまいますし。あなたの顔色も暗くなり、ネガティブな性格の印象を与えてしまいます。ぜひ明るい場所で撮影しましょう。

目線をカメラに固定して話す

対面の面接では、相手の目を見て話しますよね。それと同じように動画を撮影するときには、カメラを相手の目だと思って話すようにしましょう。
証明写真と同じように、胸から上が映るようにカメラを設置し、カメラに目線を固定することで、動画を見る人に語り掛けるように映すことができます。

身だしなみ・表情・姿勢にも気を配る

あなたをアピールするのは、言葉だけではありません。身だしなみ・表情・姿勢などの非言語的な情報も、あなたの人となりを伝える要素になります。
それぞれ次のポイントに注意してみましょう。
・身だしなみ:髪型は寝ぐせを直し、男性は無精ひげをしっかり剃ります。女性もメイクを忘れずに。また、服装は特別な指定がない限り、スーツで撮るのが無難でしょう。
・表情:基本的に笑顔でハキハキと話すようにしましょう。
・姿勢:上半身しか映らないとはいえ、姿勢も意外とあなたの印象を左右します。猫背にならないよう、背筋を伸ばして話すようにしましょう。

録画の最初や終わりに油断しない

撮影中は笑顔でハキハキと話していたのに、録画を切る時に無表情になっている様子が映り込むと、「裏表がある人だ」など、ネガティブな印象を与えてしまうことも。
録画スイッチを押してから切るまでは、見られていることを意識し、油断しないようにしましょう。

最後に

動画面接は「慣れていないから」と、苦手意識を持つ人も多いでしょう。
しかし、多くの就活生がまだ慣れていない面接方法だからこそ、いち早くポイントを押さえて動画面接に臨むことができれば、他の就活生に差をつけることもできるのです。
ぜひ、今回ご紹介した「動画面接で企業に見られるポイント」と「うまく録画するために注意すべきポイント」を参考にして、動画面接を有利に進めていってくださいね。


facebookでシェア twitterでシェア このエントリーをはてなブックマークに追加


オンライン・Web就活の記事一覧
大学生おすすめコンテンツ