新卒ユニコーン!!日本で新卒を募集しているユニコーンを調べました。

こんにちは。今回の記事では、日本で新卒者のエントリーを受け付けているユニコーンについてまとめました。

ユニコーンとは?

皆さんはユニコーンという言葉をご存知でしょうか。
基本的には額に一本の角を持った伝説上の生き物を指す言葉ですが、その”噂は聞くが誰も見たことがない”という性質にになぞらえて、創業後まもないが高い企業価値を持つ企業を指す言葉として使われています。
近年登場した表現なだけに明確な定義は内容に思えますが、下記の要件を持つ企業に対して使われる傾向があります。
・設立10年以内
・未上場
・評価額10億ドル以上
それでは早速、新卒で、日本にいながらチャレンジできるユニコーンについてご紹介していきます。

WeWork

一社目はグローバルでオフィス事業を営むこの会社。
評価額が発表された当初は、その業態から「高すぎるのでは?」との声も見られましたが、現在ではユニコーンといえばすぐに想起される企業の一つなのではないでしょうか。
日本でもオフィスを展開しており、採用サイト情報によると、主にコミニュティーマネージャー職で新卒者にも門戸を開いているようです。

UBER

もはやおなじみの配車アプリを運営する同社も米企業の同社も日本で新卒を受け入れています。 記事を書いている約二週間後の2019年5月中に上場予定ということで、滑り込みセーフと考えてご紹介します。
本来は基本的には低価格でタクシーを利用したいユーザーと空き時間に自分の車を使ってドライバーとしてお金を稼ぎたいユーザーをマッチングするサービスです。
日本では法規制の面から本来のポテンシャルを十分には発揮できていない感がありますが、それだけに今後の環境の変化によっては一気に普及する可能性も。
業界自体に変革を促していく、まさに世の中を大きく変える挑戦ができる環境なのではないでしょうか。

airbnb

動画広告の伸びしろだけをみてもまだまだ成長余地があり、市場とともに引き続き成長を続けていくことが予想されます。
こちらも同じく法規制の面からアメリカで拡大したほどの広がりは見せていませんが、東京オリンピックに向けても顕在化しているインバウンド戦略の中で宿不足は課題となっており、政府としても許容寄りの判断を下していくのではと予想されています。
筆者も初めて知りましたが、採用サイトによると日本でもコミュニティサポートのポジションを中心に新卒者も選考の対象にしているようです。
大々的に新卒採用を行っているわけではありませんが、2020年に向けて激動するであろう同社での挑戦は、個人の成長や”楽しさ”の面から見ても非常に魅力的に思えます。

Preferred Networks

IoT×ディープラーニングを中心に研究・開発を手がけるテクノロジーカンパニーです。同社はなんと日本のユニコーン!
ちょっと前まではメルカリもユニコーンの定義に当てはまっていましたが2018年に上場。
2019年5月現在では日本唯一のユニコーンとなっています。*俺も俺も!というユニコーンは問い合わせフォームまで。
トヨタやファナック、日立製作所など日本を代表する企業から資金調達を実施しています。2017年の資金調達時点で評価額はなんと2326億円。

IoT×ディープラーニングという大きな潮流を両方押さえている点、また確かな技術レベルの高さが評価されています。
インターンも開催するなど、新卒者にも採用の門戸を開いているようです。採用ハードル、求められる技術要件は相当高いと予想しますがこれから世の中を大きく変えうる同社という環境はそれに見合う魅力があるのではないでしょうか。

最後に

これから超特大の成長が見込まれるユニコーンという選択肢。
会社とともに自信を大きく成長させたい方はぜひ選択肢の一つに入れてみてくださいね。


この記事を書いた人
意識高い学生画像
意識高い学生 都内某所
意識高い系の学生です。学生の学生による学生のための記事を書いていきます!
facebookでシェアtwitterでシェアこのエントリーをはてなブックマークに追加
大学生おすすめコンテンツ