レディース向けリクルートスーツの選び方コツ

就活に必要不可欠な「リクルートスーツ」。就活が始まってから終わるまで、ずっと身につけるものですから、失敗したくありませんよね。ここでは、女子就活生のための、レディース向けリクルートスーツ選びのポイントをお伝えしていきます!

レディース向けリクルートスーツの選び方コツ
目次

リクルートスーツを選ぶ前に

リクルートスーツを選ぶ前に、社会人が知っておくべき、服装の基本的な考え方を知っておきましょう。

身だしなみとオシャレの違い

みなさんは、「身だしなみ」と「オシャレ」の違いは何だと思いますか? 「オシャレ」は、自分が好きな格好を、自分が好きなときにすればいいものです。髪型だって服装だって、派手でも地味でも構いませんし、人の目を気にする必要もありません。
これに対して「身だしなみ」は、接する相手がどう思うか、を意識した格好をする必要があるものです。就活の場では、選考を受ける企業の方がみなさんを「感じの良い学生だな」と思ってもらうことが必要になります。ファッション業界などを除き、おしゃれ感よりも、身だしなみを重視した格好で面接に臨むことが大事です。

大切にしたい「清潔感」

「身だしなみ」には「清潔感」が非常に大切です。リクルートスーツ選びのポイントをこれからお伝えしていきますが、シワシワ・ヨレヨレのスーツを着ていたり、汚れがあったり、髪型がボサボサだったり、ストッキングに伝線があったりしては、まったく好印象を与えられません。
こまめにクリーニングに出したり、アイロンをかけるなど、スーツやシャツのメンテナンスをしっかりおこないましょう。また、企業訪問前には自分の姿が問題ないか、鏡でチェックしてから企業訪問をおこないましょう。

リクルートスーツを選ぶ際のポイント

では、女子就活生のみなさんがリクルートスーツを選ぶ際には、どのようなことを意識すれば良いのでしょうか。ベストなスーツを選べるように、ポイントをまとめました。

スーツ売り場に行くと、黒、紺、グレー、ベージュなど、たくさんの色のスーツがあります。その中でも一番無難なのが、黒色のスーツです。紺やグレーもNGではありませんが、銀行や行政など、ちょっと堅いイメージの業界では、黒の方が好まれる傾向にあります。実際に就活をし始めると、ほとんどの就活生が黒色のスーツで活動していることに気づきます。「私だけ、グレーのスーツ着てる…」などと、人と違うことに心配をしてしまうような方は、黒を選んでおけば問題ないでしょう。
逆に、「私はちょっと人と違うものを選びたい」という方は、グレーや紺をあえて選ぶのも良いかもしれませんね。しかし、個性を意識しすぎるがあまり、ストライプのスーツを選ぶのは堅い業界だとNGです。企業側にカジュアルな印象を与えてしまいますので、避けましょう。

スーツ売り場に行くと、形も様々なスーツが置かれています。最近は、オーソドックスな襟のスーツ以外にも、ノーカラージャケットや襟が変わった形のものもありますし、スカートも、タイトスカート以外にフレアタイプや台形スカートなど、組み合わせを考えればかなりのパターンが考えられます。
しかし、ここでも一番「無難」なものを選ぶと後で困りません。オーソドックスな襟で、タイトスカートを選んでおけば、どの業界にも対応できます。

サイズ・丈

リクルートスーツにおいて、一番重要なのが「サイズ感」です。ジャストサイズのものを選びます。肩幅が合っていないと、必要以上に疲れる原因になってしまいます。就活が終わるまでずっと着続けるリクルートスーツですから、サイズ選びは妥協しないようにしましょう。
また、スカート丈にも気をつけましょう。立っているときに膝が見える丈だと、座ったときに足が見えすぎてしまい、印象が良くありません。立った状態で、膝がギリギリ隠れるか隠れないかくらいのスカート丈が良いでしょう。

ボタン

スーツのボタンは1つ、2つ、3つのものがあります。現在の女性用リクルートスーツは2つボタンが主流となっており、2つボタンを選んでおけば問題ないでしょう。
ボタンの数は、シャツが見える分量に比例します。3つボタンは、シャツの襟ぐらいしか見えないので、かなり堅くきっちりした印象を相手に与えます。それに対して、1つボタンはかなりシャツが見えるので、人によっては「カジュアルだな」と感じられる可能性もあります。両者の中間である2つボタンは、堅い雰囲気の企業でも、自由な雰囲気の企業でも、どちらでも対応できるのが魅力ですね。

リクルートスーツに関するギモン

ここまで、女子就活生のリクルートスーツ選びの基本についてお伝えしてきました。ここからは、女子就活生のみなさんの疑問にお答えしていきたいと思います。

スカートとパンツ、どちらがいいの?

就活スーツはスカートでもパンツでもかまいません。しかし、相手に与える印象は異なりますので、それを知った上で選択すると良いでしょう。
スカートスーツは柔らかさや華やかさがあり、どの業種でも無難に使えます。年配の方の印象は、スカートの方が良い傾向にありますし、堅い業種の場合は、スカートの方が良いでしょう。それに対してパンツスーツは、活発、しっかりした印象を与えます。フットワークの軽さなどをアピールしたい場合には良いと言えるでしょう。

合わせるシャツはどうすればいいの?

スーツとともに、シャツ選びも気になるところですね。女性用のシャツは、襟の形によって大まかに2つのタイプに分けることができます。
1つめは、「シャツカラータイプ」です。一番上までボタンが留まるタイプのシャツで、きちんとした印象を与えることができます。2つめは、「スキッパーカラータイプ」です。第1ボタンにあたる部分がなく、首回りが少し開くので、すっきりした印象を与えます。どちらを選んでもかまいませんが、今はスキッパーカラーを選ぶ女子就活生が多いです。
また、色つきのシャツを着てもいいかどうかも、気になるポイントですよね。筆者自身も就活の際、パステルカラーのシャツを着ることがありましたが、かなり少数派でした。人によってはカジュアルな印象を与えてしまう場合もあるので、筆者は説明会や一次面接などで着ていました。心配な方は、一番無難な白を選んでおけば、間違いありません。

寒い時期のコートは何でもいいの?

寒い時期に活動する場合、コートも必要になってきますよね。企業側は、意外とコートも見ていて、あまりにビジネスシーンにふさわしくないコート(ダッフルコートや色が派手なコート、柄物など)だと、悪印象を与えてしまうこともあります。
一番ふさわしいのは、トレンチコートです。色は、黒、グレー、ベージュ、紺のような地味な色であれば、問題ありません。スーツと同じく、無難なものを選ぶのが良いでしょう。

最後に

ここまでレディース向けリクルートスーツの選び方についてお話ししてきました。スーツ選びのポイントはおわかりいただけましたか?
企業側は、服装よりもその人自身の内面を見て、自社に合う人を選びたいと思っているものです。受ける企業の雰囲気に合わせて多少変えても良いとは思いますが、迷ったら無難なものを選べば問題ありません。おしゃれさよりも、清潔感や信頼感を出せるような服装を意識し、就活に臨んでいけるといいですね!



就活での服装・身だしなみの記事一覧
大学生おすすめコンテンツ