お役立ち情報 > インターンシップ関連情報 > インターンシップとは何か

インターンシップとアルバイトの違いとは?

学生が仕事をして職場での経験を積んだり、お金を稼いだりする方法として一般的なものにインターンシップとアルバイトがあります。両者は求人の時点において明確に区別されていますが、これらの違いはいったい何なのでしょうか。

インターンシップとアルバイトの違い

アルバイトの位置づけと仕事の特徴

アルバイトは正規雇用の人とは区別された労働者の1つであり、通常は学生に限らず、正社員とは異なる労働時間や契約期間で採用されます。
福利厚生等についても別の措置をとられることがほとんどであり、一時的に仕事を担ってもらうために雇った人員という意味合いが強いという特徴があります。
そのため、雇用者によって必要とされている業務を与えられ、それを実行することが仕事になります。

インターンシップの位置づけと仕事の特徴

インターンシップは学生が一定期間の間、仕事に就いて実際に職務を行う体験をすることを目的として、研修生や実習生として企業に迎え入れるものです。
正社員と同様の職務を与えられる分、生産性が低くなると考えられるため、アルバイトに比べると低い賃金で働くことになるのが日本においては一般的です。
その分、 実際に仕事に就いたときと同様に社員の1人として扱われて仕事を体験することができるため、自発的な意見や取り組みをもって経験を積むことができます。

インターンシップの労働としての位置づけ

アルバイトは労働、インターンシップは学生の就業体験であって労働ではないというのが一般的な認識に基づく両者の違いです。アルバイトと違い雇用契約を結んでいない場合も多いです。
しかし、実際にはインターンシップの活動も使用従属関係が認められる場合は労働性があることも言われており、仕事内容が両者の違いと考えるのが適切と言えます。

アルバイトのメリット

アルバイトのメリットは何と言っても、「時給がもらえる」点だと考えます。
言われたことを行えば、決まった時給が毎日ちゃんともらえる。大学生活を過ごすなかで決まったお金がもらえるのがアルバイトを選ぶ最大の理由でしょう。
まだ大学生が多く行う塾講師のアルバイト、家庭教師のアルバイト、コンビニのアルバイト、飲食店のアルバイなど人と直接かかわる接客の仕事が多くなっているので、接客業などが好きな方はアルバイトをおすすめします。

インターンシップのメリット

インターンシップのメリットは「スキルアップ」が出来る点だと考えます。
近年のインターンシップでは交通費や日給などアルバイト同様にお金ももらえる会社が多くなってきました。しかし多くの会社では単純労働をする学生はアルバイトで良いと考えており、インターンシップでは求めておりません。お金を主な目的であればアルバイトをお勧めします。 インターンシップでは社会に出て行う仕事に触れられることで、自らのスキル向上につながり、また知らなかった仕事の世界を見ることで、将来のキャリアアップにつながることがインターンシップをやる意義だと考えられます。

インターンシップは就活にも役立つ!?

人材サービス会社のアイデム(東京・新宿)がまとめた「2016年就職(採用)活動に関する調査」(中間報告)では、インターンシップの参加学生に内定を出した企業は、90.7%に上ったとの調査結果がでました。
インターンシップに参加することで、自身のスキルアップの他にも、学生も企業もお互いのことがよく知れるので、相性の良かった学生には内定を出す企業も多くございます。就職活動を意識して、大学生の早い段階から興味のある企業、業界にインターンシップにいくことをお勧めします。

インターンシップの対象は?

日本の多くの企業では大学生を対象としている場合が多いです。ですが海外では年齢での隔たりはないのが当たりませです。日本の企業でも専門学校生や既卒の方の受け入れもしている場合もありますので、応募条件に大学生と書いてあってもどうしても行きたい企業があった場合は直接問い合わせをしてみるのも一つの手です。

インターンシップの種類は?

インターンシップは主に長期インターンシップと短期インターンシップの2種類があります。
長期インターンシップは実際の職場の中で事務作業、営業、プログラミングをしたり本来の就業体験と近い形です。アルバイトの代わりにやる人が多く、大学1年生からやる人も最近増えています。主にITベンチャーなど若い学生と一緒に会社をつくってきた企業が実施しているケースが多いです。 短期インターンシップは主に1日~数日の職業体験がメインでして、夏休みや春休みの長期休みに実施が多く、大企業が自社の認知度向上のために行うことが多いです。〇〇ナビなどの就活ナビサイトに掲載が多くありますが、近年では学年不問のインターンシップが多く、就活生に関わらず応募することができます。

このように、アルバイトとインターンシップの違いは労働性の有無という観点もありますが、実質上はお互いの目的や、仕事の内容が正社員の指示によるものか、正社員が実際に行う業務内容かという点が大きな差異となります。
自身がアルバイトをしたいのか、インターンシップをしたいのか、お金が欲しいのか、仕事を通してどういった体験をしたいかでどちらを選択するかを決めるのが良い方法でしょう。
アルバイトでは体験できない大きな体験をしたい方はぜひインターンシップに行こう!


facebookでシェア twitterでシェア このエントリーをはてなブックマークに追加
このコラムを読んだ人はこんなコラムも読んでいます

お役立ち情報

やらなきゃ損!?OB/OG訪問をやるべき3つの理由

就活生ならば誰しも一度は、「OB/OG訪問をしたほうがいい」というアドバイスを受けることがあります。 とはいうものの、ただでさえ忙しい就職...続きを読む>>

お役立ち情報

学生に伝授したい、読書する意味

多くの学校に図書館があると思います。しかし、そこに行ってみると多くの人が仮眠室として図書館を使用している現実を目の当たりにしたことがある人は...続きを読む>>

お役立ち情報

就活やインターンシップで注意したい身だしなみ

インターンシップや就活で身だしなみを注意した方が良いということはよく聞く話です。しかし、実際にどのようなことを注意した方が良いのか教えてくれ...続きを読む>>

まだ会員登録していない方
長期インターンエントリー相談会
NewsPicksプレミアム会員が30日間無料
インターンシップお役立ち情報
内定者のES
インターンシップ締切カレンダー
インターンシップ締切カレンダー