広告代理店の業界研究、就職活動対策

広告

希望の就職先として選ぶ人も多い広告代理店は、人気が高く就職するのも難しいとされています。華やかでおしゃれなイメージが強く、初任給は平均より高いため、憧れを抱いている人も多いのではないでしょうか?

しかし、イメージだけで決めてしまうと、せっかく就職が決まっても「こんなはずではなかった」と後悔する結果になる可能性もあります。就職活動を成功させるためにも、業界についての事前の情報収集は不可欠です。

ここでは、広告業界についてよく知り、就職活動をどのように進めていけば良いかを考えてみましょう。

目次

広告代理店について知ろう!

広告2

広告代理店と聞くと、真っ先にテレビコマーシャルなどを思い浮かべる人が多いかもしれません。誰もが目にする機会も多く、華やかさの象徴とも言えます。ですが、広告代理店の仕事は何もテレビ関連だけではありません。

時代の流れとともに、インターネットや交通機関を利用した広告など、広告代理店が活躍できる場も多様化しています。このように多種多様な広告を扱う広告代理店は、大まかに4種類に分けられますので、簡単にご紹介していきます。

総合広告会社

得意先のマーケティングを全般的に請け負う企業で、あらゆる広告媒体を使用して消費者へ企業広告を届けます。大手の広告代理店は総合広告会社であることが多く、テレビやインターネットなど様々な媒体を使用して同時に広告を打つことができるのが特徴です。総合広告会社として有名な企業は電通や博報堂があります。

専門広告会社

テレビや新聞、雑誌など、特定の媒体に特化した広告を扱う企業です。ターゲットの範囲がある程度決まっている場合は、専門とする広告代理店へ依頼するほうが効率が良いとされています。近年は専門広告会社も媒体の幅を広げており、総合広告会社とあまり差異がない企業も増えています。

インターネット広告会社

近年、急速な成長を遂げているのがインターネット広告市場です。インターネット広告会社では、スマートフォンやパソコンなどを対象にした広告を扱っています。テレビ離れが取りざたされている現在、インターネット広告業界は引き続き注目されています。 インターネット広告会社で有名なところとしてはサイバーエージェントやDAコンソーシアムホールディングスなどがあります。

ハウスエージェンシー

ある特定の企業の広告を専門的に扱う企業で、大企業内にあった部署から独立したものや子会社などのケースがあります。元々はハウスエージェンシーだった企業が、他社の広告を扱うようになる場合もあります。

広告代理店の現状

これまではテレビや新聞、雑誌などの媒体で不特定多数に向けて広告を出していました。しかし若者のテレビ・新聞離れやスマホの普及に伴って、インターネット広告が台頭し始めました。インターネット広告は従来の広告と異なり、サイト閲覧者の興味関心に基づきアプローチをできるリスティング広告やRTB広告でテレビに比べて安価で効率的に広告配信ができるようになりました。特に動画共有サービスやSNSを利用している人が多いことから、動画広告が売り上げを伸ばしています。
一方で広告代理店の課題は、長時間労働を強いる労働環境が蔓延していることです。メディアにも問題として取り上げられたのでだんだん改善されてはいますが、完全に解決していないのが現状です。

多種多様な広告代理店の職種

広告3

一見華やかに見える広告代理店ですが、実際はどのような職種があるのでしょうか?広告代理店には、事務職からクリエイティブな仕事まで様々な職種がありますが、広告業界特有のものに関して大きく3つに分けることができます。

就職活動では、「実際に就職が決まったらその企業でどのような仕事をしたいのか」を具体的に考えておくことはとても重要です。気になる分野を明確にしたら、さらに細かく職種内容を調べてみてください。

営業

他業種の営業職と異なり、クライアントからの要望を基にコンセプトなどを決めていく役割を持っています。スケジュール調整や、場合によっては製作に関わる場合もあるので、コミュニケーション能力はもちろん、管理能力やクリエイティブなセンスが要求されます。

企画

マーケティングのデータを基に、どのような広告が効果的かを検討し立案していきます。クリエイティブな能力だけでなく、冷静な分析能力なども必要になってきます。

クリエイティブ

実際に広告の製作に携わる仕事です。文章を作成するコピーライターや、映像・画像などビジュアルの部分を製作するデザイナーなど様々な職種があります。クリエイティブな仕事を希望する場合は、広告代理店に限らず制作会社などへの就職も選択肢として挙げることができます。

広告業界で求められる人材とは?

広告4

広告業界では、どのような人材が求められているのでしょうか?

発想力・企画力がある人

広告の仕事では、アイデアが非常に重要となります。柔軟な発想ができる、アイデアを出すことが得意という人は、広告業界に向いているでしょう。また、アイデアを企画として立案し計画する、ロジカルな能力も求められます。

コミュニケーション能力が高い人

たくさんの人が集まって一つの広告をつくりあげる広告業界では、コミュニケーションスキルの高さも重視されます。企業と消費者を結ぶ立場ならば、円滑なコミュニケーションが取れることが大前提となります。チームワークが得意ということもアピールポイントになるでしょう。

広告業界の就活を成功させるには

やりたいことを明確にする

まず、具体的に広告業界で何をやりたいかを明確にします。漠然とした憧れだけではなく、しっかりとした志望動機がなければ就活を成功させるのは難しいでしょう。

「自分はどんな仕事がしたいのか」「そのために自分のどんな素質やスキルをいかせるか」ということを考えてみましょう。

企業側へわかりやすくアピールするためにも、学生時代に達成した具体的な事例をいくつか挙げられるように準備しておき、仕事と結び付けて話すことができれば、面接の際にも安心です。

インターンシップに参加する

広告業界のように人気のある業界を目指す場合、どのようにして他の就活生と差別化を図るかということが重要になってきます。

広告関連の会社でインターンシップに参加した経験があれば、ES(エントリーシート)や面接の自己PRで説得力のあるアピールができるでしょう。

インターンシップは業界のことを知れるだけでなく、自分に合った職種や本当にやりたい仕事を見極めるのにも大変役立ちます。

広告業界に就職するために必要な資格は?

広告業界に就職するために、取得が必須となっているような資格はとくにありません。しかし基本的なパソコンスキルは必要です。

広告業界の仕事は資料作成やプレゼンの機会も多いので、パワーポイントの使い方もマスターしておくといいでしょう。

まとめ

人気が高い広告代理店は、表面的な華やかさだけが全てではありません。広告代理店には、実際にどのような職種があって、自分はその中で具体的に何をしたいのか、ということを明確にしておくことが大切です。

コミュニケーションスキルや創造性に加えて、職種によって必要なスキルも違ってきます。早い段階から情報収集を始めて、広告業界でインターンに参加するなど積極的に動くことがおすすめです。

インターンシップを探す

インターンシップガイド会員登録の特典

  • 検索

    厳選インターン情報

    短期、長期、学年不問などの全国のインターン募集情報を探せる!

  • カレンダー

    締め切りカレンダー

    人気インターン締め切りや就活イベントをカレンダーでチェック!

  • テキスト

    先輩の体験記

    企業毎のインターン体験談や内定者のエントリーシートが読める!

  • メール

    企業からの特別招待

    企業から交通費や選考免除等の嬉しい特典の招待が届くことも!



業界研究の方法の記事一覧
大学生おすすめコンテンツ