ブライダル会社の業界研究、就職活動対策

女性があこがれる業界の筆頭にあげられる「ブライダル業界」。華やかでキラキラしたイメージのため、就活生の人気も集まりやすい業界です。ブライダル業界について、まずはしっかりと知識を得ていきましょう。

結婚式
目次

ブライダル業界の現状

はじめに、ブライダル業界の現状を知りましょう。業界にはどのような企業があるのか、どういった規模の市場なのか、といったことをお伝えしていきます。

売上高ランキング

ブライダル業界といっても、数多くの企業がある中で、「業界大手」と言われる企業はどのような企業なのでしょうか。平成27~28年のデータをもとに、企業の売上高ランキングを見ていきましょう。

1位 テイクアンドギヴ・ニーズ(595億円)
2位 ツカダ・グローバルHD(538億円)
3位 ワタベウェディング(438億円)
4位 AOKIホールディングス(292億円)
5位 エスクリ(262億円)
6位 アイ・ケイ・ケイ(169億円)
7位 ノバレーゼ(164億円)
8位 千趣会(152億円)
9位 クラウディア(123億円)
10位 アイエーグループ(107億円)

みなさんの知っている企業はありましたか?各式場は、企業名を掲げて営業をおこなっているわけではありませんので、みなさんが知っている結婚式場の運営会社が、実は上記企業である、という可能性もありますね。

市場動向

一口に結婚式と言っても、現在は顧客のニーズに応え、様々なサービスや演出が見受けられるようになりました。結婚式は、より、顧客のこだわりを具現化するステージになってきています。これは、「とにかくお金をかけてハデにおこなう」という価値観から、「自分たちらしく、こだわって結婚式をつくっていきたい」という価値観に顧客が変化してきたことが理由になっています。少人数でおこなう「家族挙式」や、3ヶ月後~半年後の会場を安く申し込み結婚式を挙げる「スマ婚」など、結婚式の形態も多様化を見せています。 また、市場規模はここ数年、ほぼ横ばいの状況です。しかしながら、今後は少子化の影響もあり、減っていく顧客を各社が取り合っていくことになるでしょう。

式場の種類と特徴

結婚式場にも種類があり、大まかに4つに分類することができます。
・結婚式専門会場
結婚式をおこなうことに特化した会場です。レストラン営業や、イベント会場、宿泊など、その他の用途に使われることがないので、スタッフは全員結婚式のプロ、という会場です。

・レストラン
平日などはレストランとして営業しており、休日は結婚式場として使われる会場です。本業がレストランなので、料理にこだわりたい方に人気の会場です。

・ホテル
接客のプロとも言える、ホテルマンが対応をしてくれる、ホテルウエディング。宴会やパーティーに使われる部屋を、結婚式場として使います。宿泊施設が併設されていますので、遠方からのゲストが多い場合などに便利です。

・ゲストハウス
一軒家を貸し切っておこなうスタイルの結婚式場です。専門式場では、1日に何組ものカップルが結婚式を挙げますが、ゲストハウスの場合は多くても2組、少なければ1日1組の結婚式がおこなわれる形です。アットホームな結婚式を挙げたい方に選ばれる傾向にあります。

ブライダル会社の業務内容

ブライダル業界で働く、といっても、たくさんの職種があります。一番始めに就活生がイメージするのは、ブライダルプランナーではないでしょうか。ブライダルプランナーとは、新郎新婦と結婚式を作り上げていく仕事です。新郎新婦がイメージしている結婚式を具現化するために、様々な演出やサービスを提案していきます。

その他にも、様々な職種の方が協力し合って、ブライダル企業はサービスを提供しています。以下はその一例です。
・ドレスコーディネーター
・ブライダルカメラマン
・司会者
・フラワーコーディネーター
・テーブルコーディネーター
・ブライダルメイクアップアーティスト
・アテンダー

就活生のみなさんは、ブライダル企業でどのような仕事がしたいのか、様々な職種のことを調べて考えていってください。なお、カメラマンやフラワーコーディネーター、メイクアップアーティストなどは、結婚式場の正社員ではなく、提携企業の社員の場合も多いので、契約形態や、どの企業で採用してもらえるのかも、しっかり調べておきましょう。

どんな人が向いている?

では、ブライダル業界にはどんな人が向いているのでしょうか。ここでは、ブライダル企業に採用されて配属される可能性の高い「ブライダルプランナー」に向いている人ついて、お伝えしていきます。

礼儀が身についており、裏方もできる人

結婚式は、たいていの場合一生に一回の非常に特別なイベントです。そのお手伝いをする存在として、顧客である新郎新婦、ご家族、ゲストの方を不快にするような対応は許されません。そのため、基本的な礼儀や常識、気配りなどが身についている人が求められます。ウエディングプランナーは表舞台に立って仕事をするのではなく、むしろ裏方に回る「プロデューサー」のような役割のため、自分にスポットライトが当たらなくとも、人のサポートができるような方に向いていると言えます。

発想力を持った人

先に述べたように、結婚式の形やサービスが多様化を見せる中で、新郎新婦の希望をどのように叶えるかは、ウエディングプランナーの腕にかかっています。様々な事例の引き出しを持っていることももちろんですが、「新郎新婦の希望を叶えるためにはどうしたらいいか」と考え、提案できる発想力を持つ人が求められています。

どんな人ともコミュニケーションをとれる人

新郎新婦の中にも、たくさん希望を話してくれる方、希望がまとまっていない方、うまく言葉にできない方など、様々な方がいらっしゃいます。また、晩婚化に伴い、以前にまして、様々な年代の方が結婚式を挙げるようになっています。そのため、どんな方ともコミュニケーションをとれる、コミュニケーション能力の高い方が求められているのです。

人の幸せを純粋に祝える人

もしも自分が恋人や家族とうまくいっていないとき、人の幸せを純粋に祝えるでしょうか?ウエディングプランナーは、そんなときでも新郎新婦の幸せのために仕事をするのが役割です。プライベートと仕事の切り替えをしっかりおこない、どんなときでも新郎新婦の幸せを祝えることが、ウエディングプランナーには必要です。

売り上げを意識できる人

「人の幸せを祝う、お手伝いをする仕事」といっても、ブライダル企業は営利企業です。新郎新婦のニーズに応えながら、より質の高いサービスを選んでもらい、売り上げを上げるのはウエディングプランナーの腕の見せどころと言えるでしょう。

最後に

ここまでブライダル業界について、基本的なお話をしてきましたが、いかがでしたでしょうか。「結婚式」という人生の節目に立ち会える仕事って、素敵ですよね。ブライダル業界を志望するみなさんが、これから業界で活躍されることを願っています!


facebookでシェア twitterでシェア このエントリーをはてなブックマークに追加
大学生おすすめコンテンツ