大学生がドライブで行くべきおすすめスポット8選

免許を取ったら、レンタカーなど車でのお出かけも楽しめるようになります。友達と一緒に、またはカップルでも楽しめる、関東近郊のおすすめスポットを紹介します。

大学生がドライブで行くべきおすすめスポット8選

鴨川シーワールド

一つ目に紹介するのは、人気の観光スポット鴨川シーワールドです。海の王者シャチのダイナミックなショーをはじめ、イルカ、ベルーガ、アシカのショーが人気です。展示も凝ったものが多く、2dayチケットもあるほど見どころ満載です。

東京方面からは、アクアライン、房総スカイライン、鴨川有料道路を経由していくルートです。天気の良い日には、アクアラインでは海の上を駆け抜け、房総丘陸を抜ける房総スカイラインでは森林浴を楽しみながら、爽快なドライブを楽しめます。

帰りは、海ほたるPAから東京湾の夜景が見られますし、少し寄り道して浮島町などから川崎の工場夜景も楽しめます。アクアライン周辺には夜景を楽しめるスポットが多いので、帰りのドライブも楽しめるおすすめのコースです。

・名称:鴨川シーワールド
・住所:千葉県鴨川市東町1464-18

ジョンソンタウン

第二次世界大戦終結後、米国軍人の家族が住んでいた米軍ハウスが残る、埼玉県入間市のジョンソンタウン。東京都心からおよそ1時間ほどで行ける気軽さに加え、インスタ映えでも人気があります。

街並みを統一させるために、新しく建てた家もアメリカ風の造りにしており、英語の看板があちこちに立てられています。一歩足を踏み入れると、まるでアメリカにトリップしたような不思議な感覚が味わえます。歩いているだけでも楽しいエリアですが、おしゃれな雑貨屋さんやカフェも多く、観光スポットととして十分楽しめます。

・名称:ジョンソンタウン
・場所:埼玉県入間市東町

小江戸川越

江戸や明治の香りを残したレトロな建造物が数多く立ち並ぶ小江戸川越は、全国から人が集まる人気の観光地です。
メインシンボルである「時の鐘」は、江戸時代初頭から親しまれてきた鐘つき堂です。現存しているものは、明治26年に起きた川越大火直後に再建されたものですが、現在でも、午前6時・正午・午後3時・午後6時の1日4回鐘が鳴り、小江戸川越の街に時を知らせています。

大きな鬼瓦の屋根に、黒しっくいの壁と分厚い観音開きの扉が特徴の「蔵造り」の建物が並ぶ「一番街」は、お土産屋さんや食べ物屋さんが軒を連ねる人出の一番多いメインストリートです。食べ歩きやショッピングを楽しめます。20軒ほどのお菓子屋さんや駄菓子屋さんが集まった「菓子屋横丁」も、子どもから大人まで楽しめる人気のスポットです。

有名な通りだけでなく、ちょっと脇道を入ったり、中心地から少し離れたりしても魅力的なお店があるので、散策しながらお気に入りのお店を見つけるのも楽しそうです。近辺には、無料観光駐車場をはじめ駐車場があちこちにありますので、駐車に困ることはなさそうです。

・名称:小江戸川越
・住所:埼玉県川越市幸町15-7(住所は時の鐘です)

奥多摩

東京都内にいながら、自然を満喫できる奥多摩もドライブにおすすめです。緑豊かな森の中をドライブするのはとても気持ちがいいですよね。車を降りて楽しみたいスポットも数多くあります。

ダム湖100選に選ばれた奥多摩湖は、小河内(おごうち)ダムからの眺めが絶景です。関東最大級の鍾乳洞、日原(にっぱら)鍾乳洞は、鍾乳洞内が幻想的にライトアップされており幻想的な雰囲気が味わえます。ひんやりとした鍾乳洞内は夏の観光にもぴったりです。他にも、川遊び、マス釣り、ラフティングなど遊びのバリエーションが豊富なので、カップルでも、友達同士でも満喫できそうです。

・名称:奥多摩湖「小河内(おごうち)ダム」
・住所:東京都西多摩郡奥多摩町原5

沖ノ島

千葉にいながら、まるでリゾートに来たかのような気分を味わえる沖ノ島。島でありながら、館山市から砂浜を歩いて渡ることができる無人島です。東京都心からは約100㎞、東京湾アクアライン、富津館山道路を経由するルートで、およそ2時間ほどかかります。

釣りやバーベキュー、オートキャンプ、シュノーケリングに磯遊び、海水浴など、いろいろなレジャーが楽しめるスポットです。海は透明度が高く、サンゴや熱帯魚も見られることから、夏場はかなり混雑します。リゾート気分を満喫したい方は、時期をずらして行ったほうがいいかも知れません。

・名称:沖ノ島
・住所:千葉県館山市館山1563

フォレストアドベンチャー ターザニア

友達と出かけて体を動かして思い切り楽しみたいなら、森の中の本格アスレチック「ターザニア」がおすすめです。森にある樹木や自然を活かして作られたアスレチックは、すべて2~3mの高さにありスリル満点!ハーネスを付けて楽しみます。

難易度別に2つのコースと、樹から樹へと空中を移動していく445mのロングジップスライドが体験できるコースがあります。どれも事前予約が必要ですので、計画を立てて出かけましょう。

・名称:フォレストアドベンチャー ターザニア
・住所:千葉県長生郡 長柄町味庄東台1067

羽田空港

ここ数年、観光スポットとしても注目が高まっている羽田空港。羽田空港には、国内線第一・第二、国際線、すべてのターミナルに無料で入場できる展望デッキがあります。飛行機の離発着と湾岸の景色を同時に楽しめることで人気です。

なかでも、国内線第2旅客ターミナル5階の展望デッキ「星屑のステージ」は、星空に見立てたデッキに約4000個ものLEDライトが埋め込まれています。夜にはロマンチックな景色が広がるのでデートにもおすすめです。

国際線旅客ターミナルの5階には、プラネタリウムとカフェを融合した「プラネタリウム スターリーカフェ」があります。ゆっくり星を鑑賞しながら食事ができる貴重なスポットです。他にも、買い物や食事を満喫できる素敵なお店がたくさんあるので、丸一日たっぷり楽しめそうです。

・名称:羽田空港
・住所:東京都大田区羽田空港3

軽井沢

遠いイメージの軽井沢ですが、東京からは関越自動車道と上越自動車道を経由して、およそ2時間半ほどで行くことができます。

軽井沢駅の目の前にある、軽井沢プリンス・ショッピングプラザををはじめ、鬼押し出しや白糸の滝の自然を楽しめるスポットのほか、博物館や美術館なども多く、好みに応じて観光できるのが魅力です。美味しいレストランも多いですが、オフシーズンには営業していないところも多いので、事前に調べてから行きましょう。

・名称:軽井沢
・住所:長野県北佐久郡軽井沢町軽井沢(軽井沢駅の住所です)

最後に

関東近郊だけでも、ドライブで行けるたくさんのよさそうなスポットがあります。週末は渋滞する道も多いので、平日に出かけたほうが快適なドライブができそうです。ドライブの際には安全運転を心がけ、事故やトラブルに巻き込まれないように楽しんでください!

この記事を書いた人
かくすけ画像
かくすけ
上場企業でエンジニアとして働くかたわら、エンタメ系やキャリア関連のライティングも行う。趣味はフットサル。


大学生活の過ごし方の記事一覧
大学生おすすめコンテンツ