不動産業界ってどんな職種があるの?仕事内容や向いている人とは

不動産業界には様々な職種や仕事内容があるため、業界を志望するだけでなく、「どの仕事が合っているのかな」「自分にはどの職種が向いているんだろう?」といった点を検討し、志望する仕事や職種までしっかり絞っておくことが必要です。
そこで今回は、不動産業界の職種や仕事内容をそれぞれ解説します。また、不動産業界に向いている人もご紹介しますので、ぜひご覧ください。

不動産業界ってどんな職種があるの?仕事内容や向いている人とは
目次

不動産業界の仕事内容とは?

不動産管理に携わる

不動産業界の仕事内容は大きく2つに分類されます。その1つが不動産管理に携わる仕事です。不動産管理に関連する仕事としては以下のようなものが挙げられます。
・不動産の賃貸や売買の仲介を行う仲介業者
・不動産の設備点検や修繕を行う管理会社
・不動産投資用物件の管理や運営を担うアセットマネジメント
・不動産オーナーの代わりに経営を行うプロパティマネジメント

建設・建築を担う

不動産業界を支えるもう1つの大切な仕事は、建設・建築に関わるものです。代表的なものとしては、
・都市やリゾート地などの開発計画を立てるデベロッパー
・デベロッパーなどから依頼を受け、実際に建設を担うゼネコン
・住宅の建設を行うハウスメーカー
などが挙げられます。

不動産業界の職種とは?

営業

不動産業界では、賃貸や売買の仲介、個人や法人への販売など様々な場所で「営業」の方が活躍しています。新入社員の多くは最初に営業職へと配属されるため、不動産業界で働くなら一度は経験すると考えておくと良いでしょう。
営業では宅地建物取引士の国家資格を取得していると資格手当がつくなど優遇されることがあります。また、売り上げに伴ってインセンティブが支払われるため、能力に合わせた報酬を得たい方にはぴったりの職種です。

企画・開発

マンションやビル、あるいは都市やリゾート地などの大規模な開発に携わるのが「企画・開発」の仕事です。
土地の仕入れから始まり、その土地の開発計画を立案します。また、その計画をもとにゼネコンなどの外部業者に建設などの依頼を行い、プロジェクトがスムーズに進行するよう、進捗を確認していきます。
プランニングやマネジメント能力が必要とされる職種です。また、人を動かせるリーダーシップや人柄も求められるでしょう。

管理

「管理」はその名の通り、オーナーに代わってマンションやビルなどの不動産を管理する仕事です。
管理する内容は、不動産の外観や設備を保守するための清掃や修繕、トラブルへの対応、テナントの誘致など不動産によって様々です。
不動産の機能面だけでなく、価値も維持する大切な役割ですので、責任感のある方におすすめ。また、細やかで丁寧な仕事が苦にならない人が適している職種です。

人事・総務・財務

ここまで不動産業界ならではの職種をご紹介してきましたが、もちろん他の企業と同じように「人事」や「総務」、「財務」といった職種の方も多く活躍しています。ただし、不動産業界では人事・総務・財務が明確に区分けされない傾向が見受けられます。
営業などの職種とは違い、実力で報酬が変動する仕事ではないため、安定した働き方をしたい方に適しています。

不動産業界に向いている人とは?

実力を成果に反映させたい人

先ほどもご紹介した通り、不動産業界の「営業」では成果に伴った報酬が得られます。また、「企画・開発」では自分の取り組んできた仕事が形として残ります。
そのため、「自分の実力を成果に反映させたい」「自分の努力を形に残したい」と考えている方は不動産業界での就職を検討してみる価値はあります。

人と関わるのが好きな人

不動産業界では職種に関わらず、顧客・取引先・外部業者など様々な人との関わりが求められます。そのため、不動産業界は人と関わることが好きな人に向いています。
また、社内でも普段から上司や同僚と良好な関係を築いておけば、困った時に助けを求めやすくなり、結果として自分の成果を出しやすくなります。

体力やストレス耐性がある人

不動産業界に限らず、実力主義の企業では時に成果を出すために長時間の残業も乗り越えなければならないことがあります。また、大きなお金を動かすプレッシャーに負けずに判断したり、顧客や取引先のクレームにも冷静に対応したりすることも求められます。
体力やストレス耐性に自信がある人なら、不動産業界でも存分に力を発揮できるでしょう。

まとめ

今回は不動産業界の仕事内容や職種について解説しました。
不動産業界には大きく分けて「不動産管理」と「建設・建築」に携わる仕事があり、その中の仕事内容は多岐に渡ります。また、職種も不動産業界ならではの「営業」「企画・開発」「管理」以外に、他の企業で見られる人事・総務・財務など様々です。
そのため、不動産業界の就活をスムーズに進めていくには、「自分はどの職種を目指すのか」を明確にすることが何よりも大事です。また、不動産業界が求めているスキルで不足しているものがあれば、早めに習得のための行動を開始するようにしましょう。


facebookでシェアtwitterでシェアこのエントリーをはてなブックマークに追加


大学生おすすめコンテンツ