公務員は民間企業より良い?就職先としてのメリットとデメリット

就職活動の時期、「民間企業」と「公務員」、どちらがいいのか迷っている就活生の方もいるのではないでしょうか。ここでは、公務員就職のメリット、デメリットをお伝えし、民間企業・公務員それぞれに向いている人について解説していきます。

公務員は民間企業より良い?就職先としてのメリットとデメリット
目次

公務員にも種類がある

一口に「公務員」と言っても、種類があるのをご存じでしょうか。大きく分けると、公務員は「国家公務員」と「地方公務員」に分類されます。国家公務員は国家に関連した業務を、地方公務員は、都道府県や市町村に関連した業務をおこなっています。

公務員就職のメリット

では、公務員として就職すると、どのようなメリットがあるのでしょうか。3つの観点から、公務員として働くメリットをお伝えしていきます。

給与の安定、福利厚生

よく、「公務員は安定している職業だ」と言われますが、どういったことからそう言われているのでしょうか。まずは、民間企業と異なり倒産することがない職場なので、ずっと安心して
働ける環境にあることが挙げられるでしょう。また、年功序列で給与は上がっていきますし、ボーナスも、民間企業のように年によって激しく上下することがないので、ライフプランを立てやすいこともメリットです。育児休暇や有給休暇が取りやすいことなど、女性が働きやすい制度や環境が整備されていますし、各種手当なども手厚く、福利厚生が充実しているのは、公務員の特徴と言えるでしょう。

社会的な信頼度

公務員は、社会的に信用度の高い仕事のため、ローンを契約するのが非常に簡単であると言われています。住宅や車といった、人生の大きな買い物において、民間企業で勤続年数が少ない人や経営状態の悪い企業で働いている人などはローンが通りづらいと言われているのに対し、公務員はよっぽどのことがない限り、その身分は約束されており、リストラなどもないため、お金を貸し出す側も安心して貸し出せるからです。

国や地域に貢献できる

公務員は、国や自治体に勤務するため、業務それ自体、国や自治体に貢献する活動となります。その中で国家公務員は、国家に関わる業務に従事しますので、対象となる範囲や予算のスケールが、非常に大きくなることが特徴です。国を動かしたい、大きな仕組み作りをしたい、といった思いがある人には向いている仕事と言えるでしょう。

一方、地方公務員は、県庁や市役所などの自治体で勤務します。市役所などに行くと、市民課などで窓口対応してくれる人が思い浮かぶと思いますが、自治体の広報に関する部署、道路整備などインフラに関わる部署、健康やスポーツ振興に関わる部署、教育に関わる部署、税金の支払いに関する部署など、多岐にわたる部署のどこにでも配属になる可能性はあります(一部の専門職を除きます)。そのため、職種にこだわる人よりは、地域に貢献したい、という思いがある人に向いていると言えるでしょう。

公務員就職のデメリット

ここまでは、公務員就職のメリットについてお伝えしてきましたが、公務員就職にも、人によってデメリットに感じる部分もあります。こちらもメリットと同様、3つの観点からお伝えをしていきます。

異動がつきものである

公務員は、だいたい2~3年程度をサイクルに、部署異動があります。そのため、「一つの職場でじっくりと働きたい」という思いを持っている人には向かない仕事かも知れません。その反面、気が合わない同僚や上司なども同様に、数年で異動していく可能性が高いので、「数年の我慢で環境が変わる」と割り切ることができるのは、メリットだと捉えることもできるかもしれませんね。

世間の目が厳しい

公務員は、税金から給与を支払われていることから、世間の目が厳しくなる傾向にあります。市役所などに行くと、窓口で住民に怒鳴られている公務員を見ることがあります。公務員という仕事は「公僕(こうぼく)」と言われ、市民、住民のために働く存在、ということから、非常に高圧的な態度で接してくる住民がいることも事実です。市役所で、税金未払いの督促担当をしている筆者の知り合いは、「支払いが滞っている住民の方に電話すると、自分のことを棚に上げて、怒鳴ってきたり、逆ギレされたりするよ」と言っていました。

また、不況の際には、給与が安定している公務員が槍玉にあげられることもありますね。公務員は、意外とストレスの多い仕事であることは間違いないでしょう。

楽な仕事とは限らない

就活生のみなさん、公務員は定時で帰れて、楽な仕事だと思っていませんか。実はそうとは限らないのです。国家公務員は、部署によっては非常に残業が多く、終電で帰れず毎日タクシー帰り、という人もザラにいるそうです。地方公務員に関しても、早く帰れる部署とそうでない部署があるようなので、「楽な仕事だから」という理由で公務員を選ぶと、イメージとのギャップに悩まされるかもしれません。

民間企業に向く人とは?

ここまでの話から、民間企業に向いているひとはどんな人なのか、まとめてみましょう。
・年功序列というよりは、能力や成績によって評価してもらいたい人
・利益を追求したい人
・一つの仕事に長く従事したい人
以上のような人は、民間企業に向いていると言えるでしょう。もちろん民間にも様々な企業がありますのであくまで全体的な傾向での話ですが、民間企業では、自分ががんばっただけ給与や昇級に反映されることが多く、それを仕事に対するモチベーションに変えられる人は、民間企業で働く方がよいのではないでしょうか。

公務員に向く人とは?

では、ここまでの話から、公務員に向く人はどのような人なのでしょうか。
・地元、地域、国のために貢献したいと思う人
・短いサイクルの部署異動にも抵抗がない人
・給与や福利厚生の面で、安定を求める人
以上のような人は、公務員に向いていると言えるでしょう。公務員に対する世間の厳しい目に常にさらされてでも、地域のためにがんばりたいという覚悟を持って公務員就職を選べば、就職後に「こんなはずではなかった…」と後悔することもないでしょう。

最後に

今回は、公務員就職のメリット・デメリットや、民間企業・公務員それぞれに向いている人についてお伝えしてきました。親や先生が「公務員がいいよ」と勧めてくることがあるかもしれませんが、最終的にどんな道を選ぶのかは、自分自身で決めることです。自分の特性や考え方としっかり向き合い、ベストな選択をしてくださいね。


facebookでシェア twitterでシェア このエントリーをはてなブックマークに追加
大学生おすすめコンテンツ