就活で知っておきたい業界研究や絞り方を解説

就職活動でまずやらなければならないのは自己分析と業界研究です。特に、業界研究は自分がどの企業を志望するかを決めるために、とても重要なものです。業界についての理解ができていなければ、その中のどの企業の選考を受けるべきか、志望動機はどのような内容を話すべきかも固まりません。また、業界研究が不十分だと、「なんとなくこんな業界・仕事内容だと思っていたけれど実は違った!」というミスマッチにもつながり、就職活動がムダになってしまうことさえあります。そんな、就職活動の「土台」ともいえる業界研究の方法を解説していきます。

就活で知っておきたい業界研究や絞り方を解説
目次

志望業界の絞り方はどうする?

就職活動では、まずおおまかに志望業界を絞り込むことをおすすめします。製造業のA社、接客業のB社、小売り業のC社、と業界の異なる企業をそれぞれ志望してはいけないわけではありませんが、効率が悪くなってしまったり、自分でも何がしたいのかわからなくなってしまったりすることがあります。ある程度は「こういうことがしたいから●●業界」と絞り込む方が、志望動機も明確になります。

まずはどのような業界があるかを知る

とはいえ、大学生ではまだ知らない業界、職種も数多くあると思います。業界研究を始める際には、まず「世の中にはどのような業界があるのかな」とまんべんなく知ることから始めてみましょう。就活生用の「業界地図」のような書籍を読めば理解しやすいのでおすすめです。

自分の好きなこと、興味のあることから大まかに絞る

存在する業界を知ることができたら、その中から自分が興味を持てる業界や、好きなものから業界を絞り込んでいきましょう。「人と接するのが好きだな」とか、「食べ物に関することに興味がある」などから、「それなら接客業かな」「小売業界も接客が必要そうだ」など、1~2業界に絞り込んでいきましょう。

志望業界は絞らないとだめなのか?

志望業界を絞り込んだ方が良いことをお伝えしました。しかし、絞り込まないといけないものなのでしょうか。たとえば、自分には何が向いているのかわからないから、各業界から1社ずつ受けてみたい、と考える方もいるかもしれませんね。

1~2つに絞らないといけないわけではない

ルールなどで1~2業界に絞らなければいけないと決まっているわけではありません。しかし、絞り込むことで、志望動機を考える際や、業界研究をする際にあまりにも業界が多いとその分だけ調べなければいけない範囲が広がってしまいます。就職活動は無限に時間があるわけではありません。効率を考えると、できるだけ絞り込むことをおすすめします。もちろん、自分が可能な範囲で複数の業界を志望することは問題ありません。

この業界しか見ない!のではなく状況に応じ臨機応変に

ある程度絞り込んだとしても、就職活動をしていく中で状況に応じ臨機応変に業界を変えていく必要があるときもあります。たとえば、ブライダル業界を志望していたけれど、選考を受けていた企業が全滅してしまった場合、似ている業界でかつ自分のやりたいこと・適していることが実現できるホテル業界に志望を変更してエントリーするなどです。業界研究の中でも、類似業界や関連性の高い業界はどこかを調べておくと良いでしょう。

業務内容や企業名ではなく希望の生き方から考える

さらに、業界や実現したいこと、企業名やブランドだけでなく、自分が社会人としてどのような生き方をしたいかも無視できません。業界によっては、忙しい職種だったり、そうではなかったりの差がかなりあります。絶対に土日休みの仕事がいい、お給料はこのくらいがいい、などの希望から業界を絞る方法もあります。

業界研究の方法とは

業界研究といっても何から始めていいのか、なにをするものなのかわからないと感じてしまうことでしょう。ポイントは、おおまかな知識から徐々に細かいところまでを調べていくことです。

広く浅くから深く狭くへ

まずは、その業界の市場規模や代表的な企業を調べます。市場規模は増加してるのか減少しているのかにも注目してみましょう。代表的な企業を調べれば、仕事内容のイメージがしやすいこともあります。その後、企業ごとの特徴や違い、その業界で最近話題やニュースになっていることなどを調べます。イメージがわいたら、どの企業に自分は魅力を感じるかを考えてみましょう。

業界に関する本やホームページは必読

その業界について書かれた本を読むのもおすすめです。志望業界を絞り込んだら、業界について解説した書籍には必ず目を通しておきましょう。さらに、代表的な企業のホームページは志望しない企業のものも必ず目を通すようにします。「うちの業界ではA社がトップシェアなのに、なぜ志望しないのですか」などと聞かれた際に、回答できるようにしましょう。

最後に

業界研究、というとなんだか身構えてしまいますが、自分が志望する企業がどのようなことをしているのかを知るための一環だと考えれば前向きに取り組むことができますよね。まずは書籍やホームページで情報収集をしていきましょう。


facebookでシェアtwitterでシェアこのエントリーをはてなブックマークに追加
大学生おすすめコンテンツ