文系大学生必見!文系の主な職業一覧

「文系の学生は就職先が少ない」「理系よりも就職で不利になる」と思っていませんか?文系の学生の職業を一覧にまとめてみると、意外と多いことが分かるんですよ。

今回は、文系の学生が就職している職業や、文系の専門性をいかせる仕事についてご紹介します。ぜひ文系の職業選択の参考にしてください。

文系職業一覧
目次

一般企業での文系の職業一覧

事務

文系の学生が就職する先として、まず挙げられるのが事務の仕事です。事務の仕事の範囲は非常に広く、所属する部署によって仕事内容は大きく異なります。

1. 総務
企業には様々な部署があります。その中でどの部署にも当てはまらないような仕事を担うなんでも屋としての役割を担っているのが「総務」です。備品や書類の管理や、福利厚生の整備、企業内でのイベントの開催、受付業務や秘書業務など色々な仕事を担当しています。

2.人事
企業に勤めている人、あるいはこれから勤める人に関わる仕事を担当するのが「人事」です。新卒・転職の採用業務や、異動・昇進に関わる評価制度の作成・実施、社員の教育・研修。また、労働環境を整備する労務管理なども行っています。

3.経理
お金に関わる仕事を担当するのが「経理」です。企業の持っている資産の運用、予算や決算の作成・管理、税金関連の処理。扱っている商品・サービスの原価の管理、給与の計算などを行っています。

4.法務
企業を運営していくときには様々な法律が関係してきます。それらの法律に関する仕事を担当するのが「法務」です。法務は契約書に法的な問題がないかチェックしたり、訴訟への対応を行ったり、M&Aの計画・推進などの業務を担当しています。

5.商品企画
商品は顧客のニーズに合わせて新しくすることが求められます。そのため「商品企画」では、どんな商品をどんな顧客層をターゲットとして販売すれば売れるかを市場のデータから分析し、商品を企画・開発していきます。またその商品の良さを社内で共有するために企画書の作成やプレゼンテーションも行います。

6.広報・宣伝
どんなに良い商品やサービスがあっても、顧客にその情報が届いていなければ興味を持ってもらうことさえできません。そのため商品やサービスについての情報を発信するのが「広報・宣伝」の仕事です。また、企業としての認知度や信頼度を高めるために、業績について発表したり、取材に対応したり、メディアでの発信を行ったりといった業務も行います。

7.経営企画
企業には様々な部署があり、その中で多くの社員が働いています。そのためしっかりとした方針がないと1つの組織として動くことが難しくなります。経営の方針やコンセプト、またそれらを達成する戦略を考え出すのが「経営企画」の仕事です。企業全体を見渡しながら活動するため、責任が重く、エリートとして扱われる可能性の高い仕事です。

事務以外の仕事

1.営業
文系の学生が新卒で入社すると、企業としての活動を知るために最初に配属されやすいのが「営業」です。 営業には大きく分けて、店舗で来店した顧客に対応したり、家や企業に電話をかけてセールス活動を行ったりする「内勤」と、企業の外に出て家や企業を訪問してセールスを行う「外勤」とがあります。

2.接客・販売
アパレルや化粧品の販売などは、文系学生に人気の高い職種です。「事務仕事は苦手」 「人と接する仕事がしたい」という方は、販売や接客の仕事がいいかもしれません。

3.サービス業
飲食業や介護など、サービス業につく文系学生も多いです。銀行や証券会社など、金融系の窓口業務もあります。

資格や専門性を生かした文系の職業一覧

教育に関する職業

1.教員
大学で教員免許を取得して、教員採用試験を通過すれば、学校の教員になることができます。特に中学校・高等学校の文系の教員免許を取得するための授業単位は、文系の学生にとっては卒業単位にカウントされることがあり、取得しやすいためおすすめです。

2.保育士
保育士は大学時代に必要な科目を取得し、保育士試験に合格することで得られる国家資格です。保育そのものだけではなく心理学や社会福祉などに関する筆記試験を受けるほか、歌と伴奏・絵本の読み聞かせ・お絵描きといった実技試験にも通過する必要があります。

法律に関する職業

1.弁護士・裁判官・検察官
弁護士・裁判官・検察官になるには司法試験の合格が必須です。そのため法学部、法科大学院でしっかりと法律について学ばなければなりません。司法試験は難易度も最高峰なので、合格するまで数年かかる人もいます。

2.パラリーガル
法律系の事務所に就職し、弁護士などのサポートをします。司法試験に合格する必要はありませんが、法律に関する基礎知識は必要です。

3.弁理士
知的財産に関する専門家で、特許庁に特許を申請する手続きなどを行います。弁理士試験に合格する必要があります。

財務に関する職業

1.税理士
税務申告や税務相談、また税に関する書類や帳簿の作成、税務相談などを行う仕事です。大学で法律学や経済学を1科目以上履修していれば税理士試験を受ける資格が得られます。他のルートでは他の資格試験合格や、実務経験を重ねていることが受験資格となっているため、大学で1科目履修すればいいのはかなりお得なルートと言えるでしょう。

2.公認会計士
企業が作成した財務諸表に問題がないことを確認する監査の仕事を行います。公認会計士は受験資格の制限はありませんが、非常に難易度の高い試験です。公認会計士として働くことを希望している場合は、大学時代からしっかりと勉強しておきましょう。

3.社会保険労務士
労働に関する社会保険に関する手続きや、労務管理・年金の相談への対応などを行っています。

不動産に関する職業

1.宅地建物取引士
不動産取引に関する法律を専門とする仕事です。顧客に対して責任をもって不動産取引の重要事項を説明し、理解を得なければなりません。

2.不動産鑑定士
不動産の鑑定や、価値の評価を行う仕事です。不動産を有利に活用するためのコンサルテーションなどの活動を行うこともあります。

語学力を生かした職業

1.通訳・翻訳
大学時代に培った語学力を生かして仕事をすることができます。英語だけではなかなかニーズがないかもしれませんが、マイナーな外国語にも通じていれば、活躍の場を広げることができるでしょう。

2.海外営業
商社や海外進出している企業での、海外営業では高い外国語能力が求められます。海外に転勤することもありますし、海外出張などで様々な国に行く機会も多くなるでしょう。

3.CA(キャビンアテンダント)・グランドスタッフ
航空会社のグランドスタッフや客室乗務員は、語学力をいかせる仕事です。外国人のお客様と接することも多いので高い語学力を求められます。

文化や知識を守り伝える職業

1.図書館司書
大学で指定された単位をとることで「司書資格」を取得することができます。図書館司書は、図書館の所蔵する資料を管理したり、子どもたちに読み聞かせなどを通して読書の面白さを伝えたりといった活動を行います。

2.学芸員
大学で指定された単位を取れば「学芸員資格」を取得することができます。学芸員は、博物館の貴重な資料を収集したり、保管したりする業務のほか、研究や調査などの仕事も行います。

情報を広く伝える職業

1.記者・編集者
出版業界は、文系の学生が活躍しやすいフィールドです。大学で学んだ文系の知識をいかせる機会も多いです。出版業界を目指しているのであれば出版サークルに参加するなどして経験を積んでおくといいでしょう。

2.コピーライター
広告や商品のキャッチコピーなどを考えます。広告会社や制作会社、メーカーの宣伝・広報で活躍することができるでしょう。

3.校正者
本や雑誌、新聞などの誤字脱字をチェックしたり、内容に間違いがないかを確認する仕事です。出版社や新聞社などの校正の仕事は、文系の知識をいかすことができます。

最後に

文系の主な職業の一覧をご紹介しました。文系の知識を企業内で生かす働き方や、文系の知識のより専門的な部分を生かしたものなど、様々な領域で文系の学生は活躍しています。自分のやりたいこと、性格、得意なことなど総合的に判断して、安定して働くことのできる仕事を見つけてくださいね。



企業選び役立ち情報の記事一覧
大学生おすすめコンテンツ