企業研究ってどこまでやればいいの?企業研究で見るべきものとその理由を解説!

企業研究はどこまでやればいいのでしょうか。調べれば調べるほど企業の情報は出てくるので、企業研究のやり方が分からず困る就活生も少なくありません。ここでは企業研究をどこまでやればいいのか、目的やポイントを徹底解説します!

目次

企業研究は説得力のある志望動機が作れるまでやろう!

企業研究はどれだけやってもやりすぎということはありません。しかし最低限のボーダーラインとして、説得力のある志望動機が作れるくらいの情報をまとめられるまで企業研究を続けましょう。

そもそも企業研究は自分の働きたいと思う企業を見つけることが目的です。興味を持った企業の理解を深めることは、選考では志望度の高さに直結します。表面だけの浅い企業研究では選考で役立てることは難しいです。

企業研究で把握しておくべき情報とは

「説得力のある志望動機をつくれるまで」ということはどのような情報を集めればいいのでしょうか。企業研究は興味を持った企業がどんな事業をしているのか、どんな雰囲気なのかなど、自分が実際に働くとしたら気になる情報から調べていくと上手く企業研究ができます。選考までに把握しておくべき情報をご紹介します。

企業の概要と事業内容

まず本拠地や他の拠点、事業内容や企業理念、従業員数など企業の基本情報を収集しましょう。

基本的な情報がないと企業のことを全く理解できていないと思われてしまうので企業概要は把握しておきましょう。

企業が発信する会社のアピールポイント

企業が発信する企業のアピールポイントはその企業を知るうえで重要なポイントなので必ず見るようにしましょう。

事業内容や企業の成長性、社風など企業によって大きくアピールしていることは様々です。また採用サイトや説明会では明確に発信されているのでとても分かりやすいです。

志望する企業の業界での立ち位置

志望する企業が業界内でどのような立ち位置なのか知るために、企業研究と併せて業界研究も行いましょう。

業界の最近の動向や、どの企業が売り上げがよく人気が高いのかなど業界について知っておくことも企業研究の1つです。

仕事内容とやりがい

事業内容だけでなく、実際にどのような仕事内容なのか把握しておきましょう。志望動機では入社後どのようなことをやりたいのかが見られています。入社後どのような仕事をやっていくのかををしっかり知っておく必要があります。仕事のやりがいや難しいところなどよりリアルな情報がわかるとより良い企業研究になります。

社風や福利厚生面

ミスマッチを防ぐためにも、会社の価値観や雰囲気が自分と合っているのか、どのような環境なのかを把握しておきたいところです。

経営理念や経営者のインタビュー、企業の持つ価値観などに自分が共感できるかが重要です。就職活動の最終的な目的は自分とマッチングする企業に就職することです。選考中にはあまり重視されないかもしれませんが、判断材料として必要になる情報です。

募集要項や選考情報

選考の対象や勤務地、初任給や選考フローなど募集要項は選考を受けるうえで重要な情報です。企業によっては求める人物像なども詳しく掲載している場合もあります。選考スケジュールなど選考情報はよく読んでおきましょう。

内定を得るための就活のポイント

選考や面接でより評価されるポイントや内定への近道のルートの有無など、就活のポイントを押さえておきましょう。

企業の公式採用サイトだけでは知ることができない場合もあるので、OB訪問やインターンシップ、就活情報サイトなどを積極的に活用しましょう。

おすすめの業界・企業研究の仕方

企業研究に必要な情報はどのように入手すればいいのでしょうか。おすすめの業界・企業研究の仕方をご紹介します。

業界研究や就活に関する書籍を読む

『業界地図』や『四季報』など定番の就活書籍を活用することで基本的な情報を得ることができます。就活の企業研究本は業界や企業の傾向や売上高、営業利益、経常利益、純利益などの企業の経営に関わる業績が細かく記載されています。

自分で1からホームページなどを使って調べるよりも効率的にまとめることができます。複数の書籍を比較して欲しい情報を得られるようにしましょう。

企業のコーポレートサイト、採用サイトで調べる

企業について最も正確な情報が書いてあるのは、企業のコーポレートサイトや新卒採用ページです。

コーポレートサイトでは一般消費者や他の企業向けに情報を公開しているので、企業の概要を簡単に知ることができます。

対して採用サイトでは就活生向けに企業の概要だけでなく、社員のインタビューや詳しい仕事内容など企業研究に役立つ情報が豊富に載っています。合わせて確認しましょう。

会社説明会に参加する

企業によっては会社説明会に参加しなくても選考に進める場合もありますが、企業研究の一環としてでも会社説明会に参加する意義があります。

文面だけではイメージしづらかったものでも、実際に説明を聞くことでより理解を深められます。人事や現場で働いている社員と話せる可能性もあるので会社説明会にも参加してみましょう。

OB訪問やインターンシップに参加する

OB訪問では自分が知りたいことをピンポイントで社員に聞くことができるのでおすすめです。人事には聞きにくいことや実際の仕事環境、就活のポイントなどよりリアルな情報を得ることができます。

インターンシップでは仕事を経験できたり、企業の雰囲気を知ることができます。企業研究だけでなく選考のチャンスにつながることもあるので積極的に参加しましょう。

面接など選考中も企業理解を深めよう!

企業研究は選考中でも継続することをお勧めします。面談など選考中に面接官と話すことで企業の雰囲気や現場の話など、たくさんの新しい発見があります。

新しく得た情報をまとめ、次の選考で活かせるようにしましょう。企業理解を深めることで最終的にどの企業が自分に合っているのか判断しやすくなります。

最後に

企業研究は魅力的な志望動機が作れるまで続けることをお勧めします。選考中にも企業研究に役立つさまざまな情報を得ることができるでしょう。企業研究をしすぎて困るということはないので、納得ができるまで企業研究を続けてみましょう。


facebookでシェアtwitterでシェアこのエントリーをはてなブックマークに追加


このコラムを読んだ人はこんなコラムも読んでいます
大学生おすすめコンテンツ